2022年12月07日

タチ同士、ウケ同士はホントにダメか

今までも何度か台湾から来てくれていた
ジェイソン  32歳が先週久しぶりに来てくれた。

コロナがあったから、ずっと来られず、
とにかく日本に来たかった、そう言っていた。

前に来てくれた時に聞いたのが、彼は
スーツを着ている人が好きで、
台湾にはあまりスーツを着ている人が
多くないらしく、それもあって
日本に来るのが大好きだったらしい。

しかし、数ヶ月前に、あちらの地下鉄で
スーツがよく似合う人と目が合って、
出会い系アプリを開くと、彼が出てきた。

なんと彼は日本人だったようだ。

ジェイソンがものすごく好きなタイプだったのだが、
アプリには「タチ」と書いてあった。

ジェイソンもタチ。
日本人はウケが多いと聞いていて、
期待したのに、と、連絡を取るのを
断念したと言っていた。

ここには何度か、タチ、ウケの話を
書いてきたけれど、そんなにポジションって
大切なんだろうかと僕は思う。

僕が若い頃は、出会った際に、
タチとかウケとかを
お互いに聞いたこともなかった。
いざやってみても、お互いに攻めたり、
攻められたりしたものだ。
少なくとも、今で言うバニラが
多かった時代の話だけれど。

挿入行為をしなければセックスじゃない、
という人も多くなった。
男女と同様なのか、それとも
それとは関係なく、挿入したり、
されたりすることが最も興奮する、
という人が多くなったのか。

いずれにしても、ジェイソンの話を聞いて
ちょっと残念な気がした。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:44| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月05日

新たなるフェチ星人、発見!!

最近よく来てくれているセイヤ君、36歳。
一昨日、お客さん同士で、それぞれのフェチを
話していたら、彼は「靴下フェチ」なのだそうだ。

足フェチや、靴フェチも含めて、靴下フェチ
というのは、よく聞く。
大体、何日も履いていたり、その臭いを嗅いだり、
足自体を舐めたり、というのが定番だ。

しかし、セイヤ君は、
できるだけ臭いなどしない、
とにかくエッチをする時に、(仮に新品で
今、履いたばかりのモノでも良いから)、
靴下を履いていて欲しい、そう言う。

最も好きなのは紳士用の
黒いビジネスソックスらしい
(このあたりはよく聞く話)
けれど、自分の体の横、または
すぐそばに、その靴下が
見え隠れするのが、たまらないと言う。

相手の顔より身体(彼も多くの人と同じように
ガチムチがタイプ)、そして身体よりも
靴下を履いてやってくれるか、ということが
必須となると言う。

そう言えば、アメリカ映画などでは
裸で靴下を履いてやっているシーンが
よく登場する。

これは、部屋の中で靴下を履く習慣が
あるせいなのだろうか。
セイヤ君は、そういうシーンが
出てくるだけで、かなりドキドキするのだそうだ。
ホントに人の性癖というのは奥深い。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:02| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月04日

サッカー スペイン戦のあとで

3日前の深夜から結局朝まで起きてしまい、
ワールドカップのサッカーに釘付けになった。

前半戦、ガッツリとスペインにボールを
取られ続けれ、さらに1点を入れられ、
これは無理だなあ、そう思っていた。
しかし、後半戦、まさかの日本、大逆転。

三笘(これ、最初読めなかったけれど、
苫小牧のトマだったんだ!とおっさん恥)が
堂安から受けたボールを戻し、田中が
押し込んだゴールキック。

三笘がゴールラインを超えていたか、
というところでVAR(ビデオ判定)で
何とか2点目が認められた。

このVAR、実はボールの中に
小型センサーが埋め込まれていて、
その動きを見て取れる、など
これまた初めて知った。

そして、その後まだまだ続く長い試合に、
ドキドキハラハラしながら、
試合終了のベルが鳴り、
抱き合って、勝利を分かち合っている
選手たちを見ながら僕も泣いた。

さてさて、昼頃に起きて、テレビを付けてみると
当然のように、全チャンネル、サッカー尽くし。
そりゃそうだろう。これは納得。
しかし、この夜も、そして翌日でさえ、
この話題で全局、引っ張る引っ張る。

なおかつ、翌日の新聞もワールドカップで
持ちきりなのだ。

なおかつ、試合終了後、首相が
すぐに現地にいる監督宛てに激励や
感謝の電話をしたということを
ツイートしている。

サッカーも野球も、柔道やレスリングも
ワールドカップや五輪の時くらいしか
一生懸命見ないニワカな僕が
(ラグビーやフィギュアは、もう少し観るけれど)
ついつい手に汗握ってしまったことも確かだ。

しかし、海外では、ほぼこういうことはないようだ。
ヨーロッパの一部や、南米の国では、
ワールドカップの際はそれがあっても、
五輪や、他の大会を、マスコミが
連日こぞって取り上げることはないと言う。

こんな時に、それなりの大きな事件や
政治の世界でちょっとした問題が起こっても、
こういうビッグイベントにかき消されてしまう。

逆に言えば、こういうことで国民が
ある意味、大きな流れに乗せられてしまうことは
とても怖いことなのかも知れない。
そんなことをふと考えてしまうのだった。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 06:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月02日

今さらのスキンケア

お客さんで若い人たちは、ほぼ全員?
と言って良いくらい、顔のみならず、
身体へのスキンケアを欠かさないと聞く。

24歳のツトムなんて、朝、
シャワーを浴びる時間も含めると
そういうケアにほぼ1時間ほどかかると言う。

そう言えば、前のスタッフでストレートの
ハルキは、水球をやっていながらも、
日焼けも気にするし、肌のケアも
しっかりとする。
彼の周りの水球選手も、今はほぼ
そういう感じだと聞いていた。

それは、意外に若い人たちだけではなく、
それなりの年齢になっている人も、
いや、それだからこそ、きちんと
ケアしている人も多いようだ。

昔のゲイは(たぶん、だろうけれど)
そういうことは女性的、と思っていたような気がするし、
そうだったのか、どうか、僕はほぼ気を使わなかった。

一時期は洗顔石鹸すら使わず、身体を洗うソープで
そのまま顔も洗っていた。

個人的には、芸能人じゃあるまいし、
男は歳をとって、シワもシミも
男の勲章、そういうふうに思ってもいた。

ストレートのおじさんたち(特に独身者)は、
今でもおそらく自分と同じ感じだと思う。
やっぱりゲイとなると、みんなそれなりに
ケアをするものだ、そう耳にしたりもしていた。

そんな中、つい先日、同年代のツヨシから
「少なくとも、カウンターに立っているなんだから
最低限のケアはしたほうがいいよ」
と言われた。

なるほど。それを言われたら、
あまり関係ない、とも言えない。

この年齢になって、今さらながら、少しくらいは、と
ネットで色々調べてみると、出てくる、出てくる。
メンズ用のスキンケアグッズの数々。

みんな、ここまでやるの?と驚きながら、
新しい世界へ、ちょっとだけ
足を踏み入れようと思う今日この頃だ。




posted by みつあき at 19:28| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月01日

想像を絶する真実 その2

さて、この前のブログの続き。

ユウスケと若い彼と付き合いが
少し落ち着いてきたここ数ヶ月。

そんなある日、物凄く久しぶりに高校時代の
旧友からFacebookの申請があった。
彼とは高校で同じ柔道部で競った仲間。
ユウスケもSNSでは特にゲイの友人と
繋がっていないので、軽くOKとした。

で、何の気無しに彼の過去の写真などを
見ていたら、家族写真の中に
自分が付き合ってる彼の写真が
写っているのだ。
なんと、彼は旧友の息子だった、
ということだった。

ユウスケは北海道出身で、その旧友も
そうだったが、その彼は結婚後、
東京近県に引っ越した。
そう言えば、今の彼氏も、その県出身で、
改めてよく考えると二人は似てなくもない。

ユウスケはゾッとしたらしい。
万が一、その彼が彼女と別れ、
一緒に暮らすということになり、
親にカミングアウトでもしたら。

この事実を彼に伝えたほうが良いのか、
そんな事せずに別れてしまったほうが
良いのか。
いずれにしても、いくら何でも
旧友に息子さんと付き合っている、などとは
絶対言えない、ユウスケはそう言う。

さすがにありとあらゆる驚くような話の中で、
僕もここまで偶然な話は初めてで、
すぐにどうすれば良いかなどと、
意見できなかった。

もちろん、旧友にも伝えて、二人で
永く付き合っていければ良いのだろうが。

posted by みつあき at 19:03| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像を絶する真実 その1

昨日もPC持ち忘れ、ブログを
すっ飛ばしてしまった。
すみません。
そんなワケで今日は2本立て。
と言っても、結構長くなるので、
2回分に分けるのですが。。。


さてさて、先日久しぶりに来てくれた
ユウスケ 47歳はこのコロナ禍、
出会い系アプリで、なんと23歳の青年と
付き合いだしたそうだ。

それはめでたい!と僕が言うと、
「それがかなり大変な事で」と呟く。

実はその彼は18歳から付き合っている
彼女がいる、と言うのだ。
二人で4回ほど会って、付き合わないかと
ユウスケが伝えた時に告白されたらしい。
彼は二十歳過ぎて、ゲイの男性と知り合い、
この世界に足を踏み入れたのだそうだ。

その彼も、ユウスケが好きで、
彼女と別れようかと
かなり悩んでいるらしい。

僕もそういう時期があったので、
その彼の気持ちはよくわかる。

ユウスケ自身が別れを望んでいる
ワケではないけれど、万が一そうなれば
数年前に購買したマンションに
二人で住んでも良いかなどと
考えていたらしい。

そんな事を考えていたら、
あっという間に1年が経過し、
丁度3週間前に驚くような出来事が起こった。

これはこの続きで。
posted by みつあき at 18:13| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

ジャズの話

昨日は、PCを持ち歩けず、
久々にブログ、アップ出来なかった。
すみません。

一昨日の土曜日は、遅い時間に、
ジャズピアニストのコウイチさん 50歳が
来てくれて、ジャズの話に花が咲いた。

彼は、子供の頃からエレクトーンを習い、
その頃、あまりにもかっこ良い二十歳くらいの
女性が、弾きまくっていて痺れたのだそうだ。

それから自分流に弾くことを覚え、
エレクトーンからピアノへ、
クラシックからジャズへと転向。

それからジャズをたくさん聴いたのだそうだ。

僕は松江の山奥にあった田舎の高校から
大学で東京という大都会に出てきて、
好きな音楽ならなんでもトライしようと、
ロックからジャズまでとにかく
聴きまくろうと思った。

当時は、ネットもなければ、もちろん
YouTubeだって見聞き出来ない。
レコードも今と変わらず、
LP1枚買うのに、2500円くらいする。
それなら、と250円くらい払って
ジャズやロック喫茶に行き、
粘り粘って、音楽を聴き続けた。

当時は、マイルス・ディヴィスが
新しい扉を開き、チック・コリアや
ハーヴィー・ハンコックというフュージョン系が
大活躍をしていた頃だ。

当時高円寺に住んでいた僕は、その街の
洋燈舎(ランプしゃ)や、As Soon As、
吉祥寺の赤毛とそばかす(素敵なネーミング!)、
新宿のDIGやDUG、そして木馬亭など
多くのジャズ喫茶に通った。

子供の頃からクラシックやポップスを
聴き慣れていた僕にとって、フュージョン系の
ジャズより、スタンダードのモノのほうが
ずっと楽しく心地よいとわかったのは
随分あとになってからだった。

いずれにしても、音楽がなくなると、
何故生きてるのかわからなくなる、という
コウイチさんの言葉は、聴いているだけで
楽しんでいた僕にはズシンと響いた。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:16| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月26日

生きたいように生きる

昨夜は、以前一度来てくれた
40代カップルがロスに住む
同世代のショウジ君を連れて来てくれた。

45歳のショウジ君は、19歳の頃に地方都市の
高校を出て、自分が好きな映画で生きていきたい!
そう思い、片っ端から資料を取り寄せ、
ハリウッドに向かったのだと言う。

当時のショウジ君は、
女のコにしか興味がなかったストレート。
ロスでもクラスメイトの女子を連れ、
たまたま美味しそうなレストランが
ある場所に行ったのが、ゲイが集まる
ウエストハリウッドだったのだそうだ。

その街角で、颯爽と車に乗った男にナンパされ、
結局、その彼と付き合うことになったのが
彼のゲイ人生の始まりだったと言う。

ただ、プライベートとは別に、
英語の学校から、映像の学校へと移り、
メキメキと腕を上げていったようだ。

少し小柄だが、濃くてハンサムな顔立ちは
そこそこ色々な人から声はかかったらしい、と
彼を連れてきてくれたカップルは共に口にする。

ただ、コロナになって、髪を伸ばしはじめ、
肩まで伸びると、まったくモテない。

モテるために、髪を短くしたり、
身体を鍛えたりするゲイは多い。

ところが、日本を若くして出て、自分の
生き方に自負しているショウジ君だからなのか、
彼は相手にどう思われようと
自分のやりたいようにやるし、
生きたいように生きる、と断言する。

それはストレート社会よりも
ゲイ社会に生きることを選択し、
何故にアメリカ?と言われながらも
四半世紀もあちらの映像業界で
生きているショウジ君だけあるなあ、
そう思った。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 19:35| Comment(0) | 海外からの訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月25日

サッカーのみならず、セックスにも国民性の違いが

昨日のブログで、ワールドカップでの
それぞれの国民性の違いを描いたけれど、
今週、オーストラリアから一時帰国した
旧友のサブロウの話がとても興味深かった。

サブロウは、もう20年近くオーストラリアの
パートナーとあちらで同居している。

ここにも何度か書いてはいるけれど、
改めてサブロウの話を聞いて、日本人と欧米人
(豪州も含む)が圧倒的に違うのは、
結婚しているストレートもゲイカップルも含めて、
あちらの人たちは、ほぼ半永久的に
セックスを続けようと思っていることだ。
何割が本当に続けているかは不明だけれど。

エッチがなくなってしまうと、え?
なんで一緒にいるの?ということになる。

男性が性的に奔放だったりすることは、
世界共通するところだ。
あちらの既婚者の男性は、わからないけれど、
ゲイカップルの場合、関係を持続するために、
オープンリレーションシップにしたり、
そこにもう一人入れて3Pになったり
することはあるようだ。

サブロウが、日本に来て、興味深いと言っていたのは、
あちらでのオープンリレーションシップの
カップルは「今日、誰それとこんなセックスをした」と
報告し合うと言うけれど、仮に日本で
そういうカップルがいても、ほぼそれには触れない。

前にドイツから帰国したお客さんが
とにかく、外国人はセックスについても
とことん話す、ということもこのブログにも書いた。

日本では、とにかく数年で性的関係は終わり、
仮に浮気をしたとしても、決してそれは
相手に言わないことが多い。
ある意味、それはマナーのように。

ゲイのカミングアウトとも共通するのか、
Don't Ask Don't Tellというのが日本人特有だと言う。

ただ、サブロウに言わせると、西洋人は黙っている、
ということは、それだけで「嘘を付いている」
ということになるらしい。


性的なこととは少し違うけれど、サブロウカップルは
付き合いだして大きな喧嘩になったという話があった。
ゲイバーに飲みに行きたい、というサブロウに、
何故、二人でいるのに、飲みに行く?と
サブロウの彼は嫌がった。

サブロウは何も言わずに行ったことがわかると、
さらに烈火の如く怒られたのだと言う。

ここでも、何も言わないで行動する、
ということでさえ、ウソになる、ということだった。
キリスト教が地盤にある、ということなのだろう。

個人を超えて、国民性というモノは確かにある。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 19:09| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月24日

サッカー初戦が終わって思うこと

昨日は、サッカーワールドカップだったけれど、
仕事だったし、試合が終わるのが、
営業時間過ぎだったので、
前半戦はネットで、
ドイツ1点リードと知った。
帰り道の途中、携帯でラジオを付けたら、
あと残り時間、7分。
それも、なんと2対1で日本優勢。

ほぼドイツ勝利、と思っていた人も
多かったからなのか、
今日はそんなワケで、日本のニュースが
サッカー一色。

前回のラグビーもそうだったけれど、
体格の問題や、そのスポーツ史からも
ほとんど強国からは相手にされていなかった
日本人選手たちの成長には
心踊らされ、胸も熱くなった。


とは言え、同性愛を強く禁じているイスラム教国での
開催は問題視され、女性への差別も激しいのは周知の事実。

スポーツと政治は異なるとは言え、
常にその問題はまとわりついてしまい、
それを考えると、手放しで
楽しんでばかりもいられない。

もちろん、サッカー選手の中には
多くのゲイは含まれているけれど、
決してそこは決して問わず語らずなのかも知れない。

多様性象徴のワン・ラブという腕章を付ければ、
反則を取られるという設定に対する抗議で
イングランド代表たちは、試合前には肘を突いた。
また、イラン選手団は、女性は髪を隠せという
ヒジャブ問題に抗議するために、国歌を歌わなかった。

日本人サポーターたちは、
初戦のカタール、エクアドル戦のあと、
会場のゴミ拾いをやり、各国から称賛を受けた。

それぞれの国の歴史から生まれた価値観の違いが
あることはよくわかる。

しかし、僕はゲイとして生まれたことによって、
人権について、考えることが出来たことは
良かった、つくづくそう思う。

あと何年、何世紀経てば、人の間に壁がなく、
尊重し合える大会が開催出来るんだろうか。
それを願いながら、これからのゲームを
応援していきたい、そう思う。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:38| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする