2018年10月09日

「男はつらいよ」の楽しさと残念さ

なんと、ここ1年半ほどかけて、
渥美清の「男はつらいよ」シリーズ
48作品をすべて観た。

僕が若い頃、夏休みやお正月の
日本映画と言えば寅さんで、
今のようにシネコンの
指定席がなかった時代だけに、
映画館には長い行列が出来たりしていた。

40歳以上の人はテレビも含めて、
何本かは観ているはずだ。

映画は、連続したドラマではなく、
どれを観ても、一作品として独立しているので
一作ごとに、十分楽しめる。

とは言っても、最後の数本は
吉岡秀隆演じる寅さんの甥っこ、
満男の恋愛ドラマとして
繋がりがあったことは
あまり知られていない。

と同時に、数本観ただけで、寅さんが
その時代を代表する「マドンナ女優に恋をして
ふられる」というワンパターンのマンネリ、
という印象も強いのかも知れない。

ところが、きちんと観ていくと、
これがそれぞれに、まったく流れは違い、
時には寅さんがふられているワケではなく、
マドンナは寅さんを好きなのに、
照れがあったり、自分から引き下がる
ということも多数あったりするのだ。

何よりも、素晴らしいのは渥美清の演技。
脚本を現場には持ってくることはないらしく、
セリフは完璧に入っていると言う。
テキ屋のシーンなどは、
ほぼアドリブというのもホントに凄い。

他の役者とやり合う時の
間(ま)のとりかた、
一人で語る流暢、
かつ職人芸と思うほどの芝居は
何度観ても、唸らされる。

寅さんを観ながら、ゲイ的なモノを
感じることは何もなかったけれど、
今さらながら「え...?」と思う光景があった。

42作目の「男はつらいよ ぼくの伯父さん」だ。

51RFGAXGg8L._SY445_.jpg

笹野高史扮するバイクに乗る中年男が
バイクで怪我をした甥の満男を救う。
そして同じホテルの部屋に泊まるのだが、
いきなり深夜に女装して、
満男に迫る、というシーンがある。
これはさすがに、今なら、かなり問題になるだろう。

ゲイなら男のコを目にすると迫りたくなる、
というのは良しとしても、
ゲイ=女装する、というイメージを
植えつけてしまう。
加えて、それがお笑いの要素として
描かれているというのが、とても残念だった。

もちろん、このシリーズで
そういう思いになったのは
ほぼこのシークエンスくらいで
基本的には世界に名だたる
映画シリーズであることは
言うまでもなく、48作のほとんどが
観るに値する作品であることは間違いはない。

来年、2019年に、50周年を記念して
新たな作品(それもフルキャストで)が
公開されるのは本当に楽しみだ。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 23:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

友人の結婚式で

40代のモリオが、昨日
友人の結婚式の帰りに寄ってくれた。

友人というのが、
モリオと同世代の新婦のほうで、
数年前に、彼女にはモリオが
自分はゲイであることを
カミングアウトしていたらしい。

1次会が終わり、
2次会になった時に、
新婦以外、モリオがカミングアウトしている
数人が、アウトしていないストレートの
友人たちの前で
「モリオって、本当にそうなの?」だとか
「だとしたら、男役?女役?と
矢継ぎ早に質問にあったのだと言う。

「どうでもいいじゃない、そんな事は」と
笑いながら、モリオは30分ほど経って、
お祝いを二人に伝えたあと、
その場を離れたと言う。


そんな話を聞いて、
僕も20代後半の頃に、
僕が行けなかった
自分の学生時代の友人の結婚式のことを
思い出した。

いない僕のことを指して、
「アイツも、結婚、いつするんだろうなあ」
そんな話が出た時に、
当時、僕が一人だけカミングアウトしていた
女友達が
「え?男同士って結婚できないじゃない」と
みんなにアウティングされたことがあった。

当時はまだまだLGBTという言葉さえなかった時代。
「えええっ!まじかよ?」
「ゲ!?ホモなの?信じられない」
という言葉が出たかどうかはわからないけれど、
その話を彼女自身から聞いた時に
「お前を信じて言ったのに。
言うのなら、自分の口からきちんと
伝えるよ。余計な事、言うなよ」と
彼女に怒ったことをよく覚えている。

今、思えば、彼女はまったく悪気はなく、
たぶん、僕がゲイであることは
周知の事実だと思ったのだろうけれど、
その時のなんとも言えない気持ちは
忘れられない。


昨夜、結婚式の話をしてくれたモリオは
友人を責めるわけでもなく、
カミングアウトを後悔するでもなく、
「まあ、仕方がなかったと思う。」
そう言った。

自分自身のカミングアウトの問題、
第三者から他人に伝えられてしまう問題。

「だから、他人にカミングアウトなど
しないほうがいい」のか。

それとも、聞いたストレートが
もう少し、こちら側の気持ちに寄り添うべきなのか。

何が良くて、何が悪い、ということは
一概に言えない。
ただ、いつの日か、
わざわざカミングアウトすることもなく、
どちらの性が好きか、などという話題が
まったくどうでも良くなる、
そんな日が来れば、そう思うばかりだ。

81tZoeHgoZL._SX342_.jpg

写真は、結婚式、と言うと
思い出す僕の大好きなゲイ映画
「ウエディング・バンケット」
必見。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:07| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

おだやかな幸せ

常連だったけれど、
ここ何ヶ月も顔を見なかった
オサム、45歳と、
うちの店の周年でダンスをしてくれたこともあった
サトル 33歳が
昨夜、揃って店に来てくれた。

つい何週間か前に、どうやら二人が
付き合いだしたらしい、
そんな話を耳にしたけれど、
本人たちからきちんと聞くまでは
そっとしておこう、そう思っていた。

彼らに限らず、常連だったり、
僕と近しい人だったりする人同士が
こうして結ばれる、という姿を見るのは
本当に嬉しく、いいなあと思う。

this-is-what-you-learn-in-your-first-gay-relation-2-25231-1411994096-12_dblbig.jpg

オサムとは過去、深夜のうちの店で
恋愛について、人生について
ずいぶん色々と語り合ったことがある。

かたやサトルは二人きりで
話したことはなかったけれど、
ずっと前からいい子だなあと思い、
うちのスタッフに誘ったこともあった。
仕事や他の都合で
ダメだったというのは残念だけれど。

そんなこんなで、
二人は前から顔見知りではあったけれど、
今年の春先にきちんと知り合って、
この8月末から付き合う、
ということを決めたようだった。

昨夜は10時過ぎから
来てくれていたのにもかかわらず、
ほぼ朝までの長い時間、
当然のように、友人たちに祝福されながら、
二人はずっと笑顔でいた。

7年くらい一人だったオサムは
「今回は腹をくくれた。
そう思わせてくれたのがサトルだったんだ。」
そう言った。

昨日のブログでも書いたツカサと言い、
とても穏やかで、幸福なカップルが
こうして誕生していくのは
喜ばしく思う。
末長く、幸せでありますように。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:51| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二人で暮らすということ

うちの店にいた旧スタッフのツカサが
11周年のお祝いに来てくれた。

彼は、店オープンした翌日くらいに
仕事帰りに寄ってくれたのが最初。
その頃、24歳くらいだったか。
配送業者の仕事をしていたツカサは
いつも疲れきっていて、1杯か2杯飲んでは
酔いつぶれて、カウンターで眠っていた。

その2年後くらいに、彼は店のスタッフとして
入ってくれ、それから6年ほどよく働いてくれた。

車好きなツカサは、
僕が8年近く乗っていた
オデッセイを買う時に、
ありとあらゆる車のディーラーに
付き合ってもらったりした。

10202004_200810a.jpg

それから5年。
ツカサは新しい仕事に就き、
それからほどなく、彼氏が出来た、と
店に連れて来てくれた。

ツカサは人とつるむことはなく、
ほぼ一匹オオカミ、という印象が強く、
親父転がしとは言われつつも、
長く人と付き合う、
ということはないんだろうな、
なんて勝手に思い込んでいた。

それが新しい彼。
そして、ほどなく、色々理由があってか、
その彼はツカサと同じ会社に入ったと言う。

ツカサが入っていた会社の寮にも
彼は入り、それまでいつも職場の連中に
誘われていた飲み会にも
ほとんど行かなくなったのだそうだ。

それから2年くらい経ったのだろうか。
今度は二人で一緒に部屋を借りたとのこと。

一匹狼が似合っていたツカサは
「つがい」と言われるようになるんだなあ。

ツカサのあまりの変化、
そして幸せそうな笑顔が
ホッコリとさせてくれた。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 00:29| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

健常者と障害者

先週の11周年パーティに、
デフ(耳が不自由な)のお客さんも多く
駆けつけてくれた。

その昔、僕自身、
少しだけ聴覚障害者の人と
関わったことがあり、
数ヶ月手話を勉強したことはあった。

でも、さすがに25年ほど前だし、
ほぼ彼らと会話をするのは
筆談になってしまったりする。

それでも、うちの店にはポツリ、ポツリと
デフの人たちに来ていただけている。

そういう人たちのために、
改めて手話を少しでも覚えなければ、
とは思うものの、
ついつい疎かになってしまう。


さて、パーティの時、
何度か来てくれているデフのタカ君が
エスムラルダのショウに
引っ張り出された。

そのショウ自体は、音は関係なく、
肉体表現だったため、
彼も楽しんでくれたようで
ホッとしたし、
エスムラルダも彼を理解しながら
参加してもらったようだった。

そのあと、タケ君は僕の隣に来て
ショウの続きを観ながら
僕に携帯に「ショウの時だけ
手話通訳してくれたら、嬉しいです。」と
文字を打ってくれた。

プライド・パレードなど
大きな会場で何かがある時には
手話通訳は付くけれど、
確かにお店のイベントなどで
通訳が付くことはそれほどない。

なるほど。
非常に少数だけれど、
今後はそういう事もとっても必要なのだ、
そう思った。


思えば、耳が不自由なスタッフがいる
ゲイバーなんてあるのだろうか。
デフの人はIT系など、
直接人とコミュニケーションを取らないワークが多く、
サービス業などは最も遠い仕事なのかも知れない。

それでも、何らかの形で
健常者と言われる僕らが、彼らと
共に楽しめる場所、というモノを
もう少し積極的に考えるべきなのかも知れない。

難しいこともたくさんあるけれど、
12年目からは、聾唖の人だけではなく、
そういう人たちとも一緒に
何かを作ることが出来る店になれば、
そんな事を考えたパーティだった。

148216.jpg

写真は「ザ・トライブ」という
聾唖の人たちの寄宿学校の映画。
すべてウクライナの手話で構成されていて
字幕がない、というのが珍しかった。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:10| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

店のWi-Fi環境

思えば、うちの店のネット環境は
この11年の間にずいぶんと変わった。

仕事を辞めてから、
すっかりMac派となった僕は
会社で使っていた個人使用のWindowsを
店に持って来て、
お客さんに使ってもらっていた。

ちょうど、うちの店とオープンと同時に
iPhoneが発売されたが、
まだスマホ元年にはちょっと遠い頃だった。

それから3、4年経った頃から、
多くのお客さんは
ガラケーからスマホに乗り換え、
ほぼ、ほぼ店のPCも使われなくなった。

そして5年ほど前に、
WI-FIを導入。

しかし、マシンのせいか、
うちの建物のせいか、
何故か突然繋がらなかったりする。

一度、線を抜き差しすると
生き返るのだが、これがとっても面倒。

そして先週の11周年パーティでも
ネット経由のカラオケが、たびたび
止まってしまったりする、という
アクシデントに見舞われた。

結局、自宅でもう使わなくなった
Mac用のルータを持参。

01.jpg

オーディオ関係の繋ぎかたなど、
ちょっとした事なら、なんとか
出来るものの、少し面倒になると
すぐにお手上げ。

ここで、先日もパーティの際、
写真やビデオを担当してくれた
旧スタッフのジュンイチロウに
頼んでみる。

パスワード忘れやら、ありとあらゆる問題が
起こりながらも、なんと奇跡的に
ルータが繋がる。

今のところ、今までになくスイスイと
繋がっていく。

ホント、ジュンイチロウに感謝。

これから、映像のダウンロードやら、
外国人のお客さんたちは、
今までのようにヒヤヒヤすることなく、
WI-FIが繋がるはずである。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 18:44| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

マサト、最後の日

ここ1年半ほど
店を手伝ってくれたマサトが
11周年を最後に卒業することになった。
うちの店の1年目から足しげく
通ってくれ、
1周年から何度かパーティにも
参加してくれた。

IMG_7095 2.PNG

マサトは、多くの人が知っているように
プロのチェロ奏者だが、うちの店でも
どれくらい彼の演奏を聴かせてくれたか。

彼の仕事の場合、どうしても週末に
仕事が入ってしまうことが多く、
今回、辞めざるを得なかったのは
とっても残念だった。

持ち前の明るさで、多くの人から愛される
彼のキャラクターは、お客としても、
スタッフとしても、
いつも店内を明るくさせてくれた。

なおかつ、比較的重い話も、フラットに聞き、
必要以上のことは語らず、
常にポジティブな彼からは
学ぶことも多かった。

彼のうちの周年の最後は、
本来ならチェロで締めるはずが
山口百恵の「さよならの向こう側」というのが
実にマサトらしい。

これからもお客さんでどんどん
来てくれるらしいので、
よろしくお願いします。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 20:18| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

映画「愛と法」

大坂の下町で、法律事務所を開いている
ゲイのカップルを描いた映画
「愛と法」を観た。

320.jpg

日本人というのは、空気を読む、
ということを尊ぶ国民。
人に迷惑をかけない、
いやな気持ちにさせない。
その不快になる相手が
仮りに一部の人間であっても、
その気持ちを配慮する。

それは一見、親切で優しい、
そう思われるかも知れない。
でも、そんな中、気づかないうちに
我慢をし、ストレスを溜めてしまい、
それが逆にネットを炎上させる
ということにつながっていくような
そんな時代になっていることは確かだ。


この映画は、そんな現代の日本人に
物申す青年弁護士二人のドキュメンタリーだ。
二人はゲイだということを公言し、
その上で多くの弱者の弁護を買って出る。

もちろん、依頼人はLGBTなどだけには
限らない。
親の都合で戸籍を持つことが出来なかった人、
自己表現するアート作品をわいせつだと
逮捕されてしまう造形作家、
(この『ろくでなし子』さんのくだりは
とっても面白い)
国歌斉唱の時に、席を立たなかったことで
言及された教師などなど。
彼らの元には、体制がそっぽを向くような
問題を抱える人たちが弁護を依頼しにくる。

これらの問題に頭を抱え、悩みながらも、
真摯に向き合い、解決していこうとする
彼らの姿を中心に映画は描いていく。

問題のひとつ、ひとつは非常に興味深く、
どうなっていくか、と目を見張るシーンも多い。
二人の生活と、その問題が同時に進行していく
演出が、人によっては散漫に見えるかも
知れない。

ただ、実生活でも、この二人が
過去、反対した姻族や友人たちに
いかに受け入れてもらい、
協力してもらえるようになったか、
という過程は、感動的だ。

また、彼らの元に転がり込んで来た居場所を
失った一人のストレ=トの若者との
3人の生活から見えてくる真実も
とても興味深く、
それこそ、彼らの人と成りが見えてくる。

うちの店にも何人もの弁護士を
やっているお客さんが来てくれるが、
これを見ると、改めて彼らへの
尊敬の念を抱かずにはいられない。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:34| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

改めて「周年」について、思うこと

昨日は朝まで店を片付け、
終わりきらないまま帰宅した。
怒涛のように寝るはずが寝られず、
夕方、車で荷物を取りに行くはずが
台風でこれまた行けなかった。

片付けのために店を休みにしていたので
結局、うちで、改めて「周年」について
ぼーっと考えていた。

昨日は、パーティの中のパフォーマンス、
その流れのようなモノを
書いたけれど、今日はもっと
「周年」ということについて、
自分なりに考えたことを、
深く書いてみたい。

IMG_7076.JPG


そもそも、僕は自分のお店を開くまでに
他店の周年パーティなど
ほとんど伺ったことはなかった。

店を初めて1周年の時に、
エンターテインメント好きであることから、
ありとあらゆる分野からのゲストを呼んで、
大々的なパーティをやらせていただいた。
その多くが旧知の友人や知人、
そして1年間に来てくれていた
お客さんだったりした。

その後の周年も、お客さんたちに
少しでも喜んでもらおう、と
毎年、ゲストと共にスタッフと共に
何かをやる、という流れが作られた。

それが、決して自己満足にならず、
きちんとお客さんに楽しさ、
ワクワクドキドキすることが
伝わっているのか、どうか。
それはお客さんの心の奥、心の隅まで
覗かない限り、わからない。

周年、というのは、もちろん店が
生まれたということで、
「おめでとうございます」と
お祝いの言葉をくださることも多いのだが、
むしろ、ずっと来ていただくお客さんに
お店が感謝をする、という日であるべきなのだ。
そう思う。

そして、それはうちにいる多くのスタッフと共に
お客さんたちに、その気持ちを捧げると共に、
僕自身がスタッフに感謝をする、
ということを思い知らされる日でもある。

いつもは、ひと夏、
この2日間のために
色々な練習を重ねて、
手伝ってくれるけれど、
もちろんそれだけではなく、
常に店を支えてくれている、ということに
きちんと感謝をしなければ、そう思うのだ。

もちろん、通常のスタッフに加えて、
毎年素晴らしいショウを
見せてくれているエスムラルダ、
パーティの音響や準備をしてくれるとくさん、
撮影をしてくれる旧スタッフ、ジュンイチロウ、
受付をしてくれるカズマサにも。

多くの人に支えられ、
胸を熱くする感謝の日こそ、
周年パーティなのだ。
そのことをきちんと胸に抱きながら、
12年目を踏み出していかなければ、
そう思った。

これからも、よろしくお願いします。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 23:56| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

11周年パーティ 有難うございました

11周年パーティ、
怒涛の2日間が終わった・・・

2日間、特に昨日の2日目は
雨にもかかわらず、やはりたくさんの
お客さんに来ていただき、
本当に有り難かった。

怒涛、と言いながらも
去年、構想から制作まで半年をかけて
10周年のために作った映画のことを思うと、
エスムラルダの新作パフォーマンス以外は
今回はお客さんの力を借りての
紅白カラオケ歌合戦としたのは
例年よりもユルい形となったけれど、
それなりに楽しんでいただけたら、良かった。

僕自身がハーネスを付けて歌ったり、
タクヤや、シマがカツラを付けたり、
入ったばかりのハチが、
ラップ歌手さながらのB系ファッションで
登場したり、
マサヤが着物から六尺へと
ストリップ的なカラオケをしたり、と
直前にそれぞれが考えついたモノだった。

中でも、昨日が最後となるマサトが
(彼については、また改めて書くけれど)
百恵さながらに、かすみ草を付けて
「さよならの向こう側」と歌った。

驚いたのは、事前にお願いしていた
お客さんでもあるヒラリー(あだ名、笑)が、
真っ赤なラメが付いたスーツで
「哀愁デイト」を歌ってくれたことや、
旧スタッフのシンジが、ヘソ出しで
「どうにも止まらない」を歌ったこと、
飛び入りだった中年紳士のケイゾウさん
(ジャニーズオタクだったらしい)
まさかのキレの良いダンスで
「抱きしめてTonight」を
熱唱してくれたことだった。

IMG_7052.jpg
(大混雑のお客さんたちが帰り、
朝5時頃、まだ歌い続けるお客さんたちの光景)

うちの店は、カラオケがないから
来るのだ、という人も多い中、
うちの今回のパーティがどう映ったのか
わからないけれど、
いずれにしても、11年という
少し中途半端な周年を多くの人が
お祝いしてくれたこと、大変嬉しく
有り難く思った。

この場を借りて、お礼を言わせていただきます。
本当にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。

***********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 23:37| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする