2020年05月25日

本日のゲイ映画「ララミー・プロジェクト/語られた真実」

NetflixやHuluが出る前に、
それなりに問題視されるようなドラマや
放映など絶対無理だった
過激なシーンなどで注目されていたのが
HBOというテレビ局だ。

そのHBOが制作し、日本では衛星放送、
CSだけで放映された
「ララミー・プロジェクト/語られた真実」を観た。


Unknown-5.jpeg

98年にアメリカ、ワイオミングで
21歳の大学生が、ゲイであることを理由に
二人の男から暴行を受け、亡くなった。

事件の2年後に、ニューヨークの劇団が
ワイオミング州のララミーで、
事件をとりまく人たちにインタビューし、
それを元に舞台が作られた。

そしてさらにその2年後に
同じ脚本、そして同じ演出家で
作りあげられたのがこのドラマだ。

一瞬ドキュメンタリーかと
見間違うようなオープニングから始まる。

舞台同様、役者たちが
インタビューするのが、
亡くなった学生の友人たちは元より、
学生を治療した医者、保安官、
神父、農場主、主婦などだ。
これを、有名無名の役者たちが
リアルに再現している。

その中には、もちろん彼に同情し、
悲しむ人も多くいながら、
「ゲイだから当然」というような
アンチも何人も証言する。

20年前とは、言いながらも、
さすがにここまでのヘイトや
反対派が多いことにびっくりだ。

こういうところを観ると、
アメリカがいかに広く、
田舎町はまだまだ変わらないし、
ヘイトはいつまで経っても
強くNOと訴えてくることも見えてくる。

キャストには、クリスティーナ・リッチ、
ローラ・ダーン、スティーブ・ブシェミ、
ベン・フォスター、
そしてピーター・フォンダなどなど。
加えて、映画好きだと、
え?あの人も?この人も?
とわかるような名バイプレイヤーたちが
ほんの少しだけ顔を出している。

この悲劇を力に変えて
変化していくことを望む強い意志を
見せるのがこのドラマの素晴らしさだ。
ラストは本当に泣ける。

しかしながら、現在、あれから
いかに世の中が変化したかと同様、
逆にまったく変わっていないことも
よくわかる。










posted by みつあき at 19:12| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

いよいよ、緊時宣(勝手に短縮)解除か

ここに来て、今月いっぱいであろう、
という緊急事態宣言が
明日25日の発表をもって
とりあえず解除、という話。

とは言うものの、今のところ、
東京都はロードマップなるモノを
提示され、ステップ3になるまでは
午後10時までの営業、となりそうだ。

そうなると、オープン、クローズ時間を
しっかりと決めなければならないし、
店内のことも、今までと同じ、
というワケにいかなさそう。


店内に入ってもらうお客さんに
検温をしてもらうこと。
万が一、37.5度以上、という体温が
あった場合、帰ってもらわなければならない。
そういう場合、少し辛いけれど
こればかりは仕方がない。

このことから、日接触型体温計なるモノを
店でも用意して、ここのところ毎日
自分でも検温してみている。

これが、ほぼいつ測っても36.5度。
このコロナ問題が大きくなるまで
ほとんど熱など測ることはなかったけれど、
変化しても、1、2度上下する程度
ということがわかった。

さて、あとは入店時、除菌のための
アルコール消毒をしてもらうこと。
そして出来る限り、トイレで手を
よく洗ってもらうことだ。
今までも置いてあったけれど、
洗面所のペーパータオルは必須だ。

また店内には客席とカウンターの間に、
ビニールシートのパーテーションを
吊るす予定。
飛沫が飛ばない部分で、テーブルとから
何十センチかは、お酒を出せるように
開けるつもりだ。

うちは比較的広いベランダがあり、
そちらで飲んでいただくのは
まず問題はないだろうし、
店内ではひと席開けて
座っていただくようにする。

もちろん、入り口とベランダのドアは
開けっぱなしで営業予定。

このような状態が、どれくらい続くのか。
すっかり元のように戻るのだろうか。

それを待つ、というよりも、
さらなる色々な新しい方法を生み出し、
お客さんたちに楽しんでもらえる形を
しっかりと考えていかなければならない。

いずれにしても、明日の発表を待つばかりだ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 16:59| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

本日の映画「バリー・リンドン」

去年公開された映画
「キューブリックに魅せられた男」
というドキュメンタリーが
あまりにも素晴らしくて、
初公開以来、久々に
名匠スタンリー・キューブリックの
「バリー・リンドン」を観た。

Unknown-2.jpeg

「魅せられた男」は、
この「バリー・リンドン」で
オーディションで非常に重要なポジション
(主役のバリーの種違いの息子の役)を
勝ち取ったレオン・ヴィタリを追った記録映画。

その後、彼はキューブリックが作る映画の
スタッフに就き、自分の全身全霊を込めて
監督に人生を捧げたのだ。


さて、この「バリー・リンドン」。
当時、「ある愛の詩」や「ペーパー・ムーン」で
一斉を風靡したイケメン俳優
ライアン・オニールが主演。
彼は『パートナーズ』で
ゲイに扮した警官も可愛かった。

Unknown-4.jpegUnknown-3.jpeg

オニールが扮するのは、18世紀半ばの
アイルランドの農家出身の青年バリー。
彼はその後、ありとあらゆる経緯を踏み、
大富豪の未亡人と結婚するまでへと
のし上がっていく。

有名な七年戦争を背景に、略奪と決闘、
華やかなブルジョアの生活を
まるで当時の西洋美術を見せるように
じっくりと描かれている。

ヘンデルのサラバンドに載せて、
どこを切っても、美しい画角。
NASAの全面協力という
ロウソクだけで撮影したという映像。
建造美術、衣装の緻密さ、その豪華さ
追求された様式美。

その美しさとは裏腹に、ドラマの中では
裏切りや嫉妬や復讐など、
ネガティブな感情が
ドロドロともつれ合っていく。

バリーが、自分の身分を変えるために、
湖で裸で愛を語り合う軍人二人の
軍服を盗むシーンがある。
こんなちょっとした同性愛シークエンスが
入っていたのはすっかり忘れていてびっくり。

こんな映画を3時間超えの二部構成として見せる。
インターミッション、つまり途中休憩あり。

思えば、最近の映画、3時間を超えても
休憩が入らないのは、その時間を惜しんで
あと1回分、入れたいからなのか。
昔は映画も、優雅に観られた。

それにしても、この映画のみならず、
「アイズ・ワイド・シャット」
「シャイニング」「博士の異常な愛情」等々、
すべてが粒揃いの名作。
そしてそのジャンルも時代背景も幅広い。

完璧主義、と言われた男の凄さは
どのシーンをとっても、
しっかりと伝わってくる。
長い自粛生活で作る豊かな時間を
何十年も経って再び、与えてくれた。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 19:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

医療現場の現状

昨夜、医療関連の番組を観ていて、
ふと、看護師のセイヤ君は元気かと思い、
連絡をしてみた。

話を聞くと、なんと彼が所属している病院は
コロナの感染者に対応しているだけではなく、
彼自身も感染病棟で仕事を
することになったのだそうだ。

最初に発表された時には泣き出す女性の看護師や、
やめていった同僚もいたと言う。

もう、ひと月半以上になるのだが、
内容を聞くと、「大変」というような言葉を
遥かに超えて、かなり酷い現状だとわかった。

酷いというのは、患者さんや
お医者さんたちとの事だけではなく、
とにかく、身の回りの反応だった。

院内で仲が良かった
院内にあるコンビニの従業員から
「申し訳ないけれど、
外のコンビニに行ってほしい」などと
言われただけでなく、
防護服を着替えて、前に知り合った
コロナ以外の患者さんを見舞おうと
元いた病棟に行こうとした際に
「来ないでほしい」そう同僚の看護師に
断られたそうだ。

防護服は、たった20分ほど着るだけでも
死ぬほど暑くて、呼吸困難になり、
めまいもすると言う。


もともと、彼はご両親と同居だと聞いていたが、
万が一、自分が院内感染した時のことを思い、
病院の近くにあるウィークリーマンションへと
移ったらしい。

お母さんが「息子が感染病棟で働いている」
と近所の人に伝えてしまってから、
それが広がり、家には「出るな」と
張り紙をされたり、
お婆さんを病院に連れて行く
タクシー利用さえ拒否されたのだそう。

「何故、そんな事を人に話したの?」と
母親に電話で尋ねると
「あなたが立派なことをしている、と
わかってもらいたくて」とお母さんは泣いたと言う。
そんな母親を責めてしまう自分がいやで、
深夜のひとりのマンションで落ち込んだ、
そう書いてあった。

コロナウィルスのせいで、
僕たちが知らないところで、
多くの問題があちらこちらで
広がっている。

それは少なからず、自分にも
自分の店にも通じることかも知れない。

そんなふうに考えながらも、
ひょっとすると、来週から店を
オープン出来るかも、などと
有難いながらにも、
多くのことを考えなければ、そう思った。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 19:45| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

本日の日本映画 山口百恵・市川崑の「古都」

先日ここにも書いた「鍵」が素晴らしく、
改めて市川崑の映画を色々観ていこうと決心。
数々の名作を観ながら、そう言えば!と
未見の山口百恵主演の
「古都」を観ることにした。

image.png

僕は山口百恵とは、ほぼ同世代だが
彼女の映画は、「伊豆の踊子」「潮騒」
「ふりむけば愛」の3本だけ。

この中では「伊豆の踊子」
それまで何本か作られているこの作品、
船に乗って島を離れる書生を
踊り子が走りながら見送る涙の場面がラスト。

しかし、百恵版は、数年後、旅館で
踊る彼女に入れ墨を入れた半裸の男が
抱きつくスローモーションから
ストップモーションという
凄いエンディングだった。

潮騒は初々しい三浦友和の褌シーン
見たさに観ただけ(笑)で、
「ふりむけば愛」は、大林宣彦監督だ
ということで観たけど、
彼らしくケレン味たっぷり。


さて、「古都」は、山口百恵が
結婚引退が決まって
最後の記念作品として制作された文芸作で
後に市川崑が撮った「細雪」(素晴らしい!)の
試作とか言われたようだ。

それまでの百恵友和映画と違い、
友和との恋愛が軸に置かれているワケではなく、
別々に育った双子のふた役を
百恵が演じるというのがメインだ。

川端康成の原作が持つ日本の伝統や美しさを
市川崑は、京都の街や、
北山杉の鬱蒼とした樹々や、
そぼ降る雨など、独特の映像美で見せていく。
ただ、原作も含めて、話が面白いかと言うと、
それほどでもない(笑)

三浦友和は結婚してから
俳優としてどんどん良くなった気がするけれど、
この頃は、ハンサムさが売りなだけ。

それに比べて、山口百恵の表現力は、
当時21歳だったとは思えないほど、
深みがある芝居を見せる。
ヘア、メイクや衣装などもあるけれど、
まったく違う環境で育った同じ顔でも
異なる二人の演じ分け。
これを観るだけでも価値がある。

この前の年に、市川崑は
「病院坂の首括りの家」で
百恵と同級生の桜田淳子に
双子の役もさせている、
というのが面白い。

山の雨の中、二人の百恵が
折り重なるようになるシーンや、
同じ布団で寝るシーンなど、
お互いに共に生きていけない悲しさを
見せながらも妙にエロチック。
レズビアン的、とか言うと
怒られてしまうんだろうか。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 19:52| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

何故か今どき、ケジラミの話

昨日、友人と電話で話をしていて、
最近の体温計は凄い、という話になった。

このコロナウィルスのおかげで、
額近くに非接触型の体温計をあてて
ものの数秒で、測ることが出来る。

僕自身も、先日、献血センターで
初めて経験して、その素早さに驚いた。

近々オープン出来るかと思われる
うちの店でも必要か、と注文をしようと
ネットを見るとどこも売り切れだったりする。

それにしても、僕が子供の頃、
脇に挟んだりしていた体温計は
水銀を使っていた。
表示された温度を
体温計を振って、次に使う時のために
下げたモノだった。

調べてみると、85年に、水銀体温計の
生産は終わったと言う。
そうか、40歳にもなる人でさえ、
あの体温計を知らなかったりするのだと驚く。


そんな話から、そう言えば、
僕が20代の頃、ハッテン場で
ケジラミを移されたことがあったことを
思い出した。

今思えば、おぞましい事件で、
痛いし、痒いし、気持ち悪いし。

でも、体温計の話と何故、
繋がりがあるかと言うと。
病院に行ったら、すぐに毛を剃り、
陰部に水銀軟膏を塗れ、と言われた。
そう、水銀軟膏!!!

そう言われ、購入した銀色の軟膏を
何度も塗りたくった。
もちろんそれも毒性が強い、と
すぐになくなったようだったが
今となっては、ちょっと恐怖体験だ。
軟膏もそうだが、ケジラミ自体が。

そんな、どうでも良い話へと会話が流れ、
笑いながらも、人からはケジラミの話は
あまり聞かないけれど、
今でも流行っているのだろうかと僕が聞くと
彼は最近でこそないけれど、
自分は5回以上移されたと言っていた。

それこそ、濃厚接触は問題だとされる今、
ほぼほぼ、そういう機会を持つ人は
少ないだろうけれど、お気をつけくだされ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:52| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

本日のゲイ(?)映画「メルシィ!人生」

ついこの前ここで取り上げた「昼顔」も
フランス映画だったけれど、
今回はゲイネタ(そう、ネタとして使われていて
ゲイ映画のジャンルに入るのかは微妙
なので「?」を付けた)
そんなフランスのコメディ「メルシィ!人生」。

Unknown-1.jpeg

フランス本国では、ダニエル・オートゥイユ、
ジェラール・ドパルデューという
2大ビッグスターが出演している、ということで
大ヒットしたようだ。


原題の"Le Placard"というのは
クローゼット、という意味。

オートゥイユ演じる、気弱な中年男ピニョンは
コンドームの会社の経理をやっているが、
リストラの危機によって自殺まで考えている。

そんな彼に「自分はゲイだということにしたら
それを理由に会社側は首に出来ないから、
そうしてみれば?」
そんなアイディアを出すのが
隣に引っ越してきた、それこそ自身が
ゲイだという初老の男。

そもそも、ピニョンを退職させようとしている
会社のラグビー・チームに入っている
ゲイ嫌いのサンティニ(これがドパルデュー)。

ゲイだと噂になるピニョンを
バカにして、差別主義者として
リストラに合うのは自分かも、
とサンティニは表面的に心を入れ替え、
同性愛支持者としてピニョンに近づく。

映画のキモは、このあたり。
まったくゲイではないストレートたちが、
いかにゲイを許容して、受け入れていくか
それがこの映画のメッセージでもあり、
いちいち笑える。

特にクネクネしているワケではない
ピニョンに対して
「やっぱり。そうだと思っていた」とか
「あの歩き方は絶対そうだ」とか語る同僚たち。
勝手なストレートのゲイへの偏見や思い込みが
見え隠れし、当事者も含めて爆笑するはず。

これ、2001年公開、というので
ほぼ20年前の映画。
それを思うと、凄い。

ピニョンの離婚した妻とその息子との関係も、
登場し、彼がゲイであったら、という話から
その関係性が大きく変化するところなど
本当によく寝られている。


ちなみにこの映画の監督、
フランシス・ヴェベールは
なんとあの「Mr.レディ、Mr.マダム」や
ライアン・オニールがゲイの警察官に
扮する「パートナーズ」、
そして大ヒットし、舞台劇にもなった
「奇人たちの晩餐会」を作っている。

彼自身はゲイではなさそうだが、
どれも同様のテイストが盛り込まれていて、
なるほどなあ、と膝を打った。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 18:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

マスク必須時代の辛さ

店に来てくれる聴覚障害者の
サトウ君と久しぶりに
LINEをやり取りした。

彼はずいぶん前に、
やはりデフの友人たちと
共に店に来てくれて、
それから数ヶ月に一度
色々な友人を連れて、
来てくれたりしていた。

その昔、僕もほんの少しだけ
障害者の人と付き合ったことがあって
(付き合ったと言える期間でもないけれど)
その数ヶ月、頑張って手話を勉強したものの、
すっかり忘れてしまっている。

何人か、そういったお客さんが
来てくれるたびに、また勉強しないと、
と思ったりしながらも、
なかなか実現できなかったりするのだが。


さて、そんなワケで、
そういうお客さんたちが
いらっしゃると、多くは筆談や
スマホを打ってやり取りをする。
しかし、サトウ君は、唇を読むことが出来て
コミュニケーションが
かなりうまくとれるほうだ。

ただ、今回、このコロナの状況で
ほとんどの人がマスクをしていて
何を話しているのか、
まったくわからなくなってしまったと言う。

もちろん健常者の人間の多くは
僕と同様、手話が使えない。
そうすると、コンビニでも
郵便局でも、ありとあらゆるシーンで
筆談となってしまうのだそうだ。

もちろん、このような時期に
サトウ君自身もマスクの必要性は
強く感じるけれど、僕たちが思う以上に
不便を感じているようだ。

人に寄っては、筆談が非常に面倒だと
いうリアクションもあり、
慣れてはいるものの、そのたびに
辛い思いをするとのこと。

コロナは、感染や経済のみならず、
多くの問題を生み出している。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 18:16| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

隠されていること、誤魔化されていること。映画「セルピコ」を観て

アル・パチーノが「ゴッド・ファーザー」の
翌年に主演した「セルピコ」を
これまた久しぶりに観た。

Unknown-12.jpeg

ついこの間観た「狼たちの午後」の
ルメット監督とパチーノが
あれより前に組んだ映画だ。


子供の頃から社会のために頑張る
立派な警察官に憧れ、警察学校に入り、
無事警察官となるパチーノ扮するセルピコ。

彼が配属されたニューヨークの警察署では
駐車違反の揉み消しからはじまり、
幹部が犯罪者を見逃すなど
汚職にまみれていることがわかる。

それは小さな街のデリから、
ギャング団までも含めて、
警察への裏金によって、
あらゆることが見て見ぬふりを
されているのだ。

違和感を感じるだけではなく、
激しく抗議をするセルピコは、
次々と警察の仲間たちを
敵に回してしまう。

付き合う女性に遠のいて行かれ、
ホームレスから引き取った犬だけが
彼の傍らにいるという
孤独と戦う姿は切なく、泣かされる。

これは1970年当時、
アメリカではびこっていた警察の
腐敗を暴いた全米史上初の警察官だった、
という実話の映画化。


今、この映画を観て
いかに一般市民や国民が
時の権力者と言われる人たちから、
隠されていることや誤魔化されていることが
どれほどあるのだろうか。

自分がセルピコのようになれるかどうかは
ともかく、彼と同様に正義や真実を
世の中にさらそうとする動きに
決して目を逸らしてはならない、
この映画は強くそれを教えてくれる。

今の時期だからこそ、この映画と
再び出会えたことは嬉しかった。

余談だけれど、「アマデウス」で
サリエリをやったF・マーリー・エイブラハムが
一人の刑事役で出演。クレジットはされていないので
まだ映画デビューのあたりだろう。

パチーノもエイブラハムも
今年80歳。それには驚いた。
二人とも、若い、若い・・・。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 13:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

コロナ後の世界

緊急事態宣言が改めて今月いっぱいまで
延長された。
万が一、来月から店をオープンしたら、
お客さんたちは、すぐに
戻って来てくれるのだろうか。

戻って来てくれたとしても、
どのくらいのお客さんに、どういう形で
店に入ってもらい、どう接客するか。

有難いことに、
うちの店は比較的広いベランダがあるのと
店内もそこそこの広さ。
6階なので、入り口のドアと
ベランダの扉を開けておくと、
かなり換気は出来る。

椅子やカウンターの徹底した消毒。

不便をかけるけれど、出来る限り
ひと席空けて座ってもらうこと。

入り口、手洗いにはアルコール消毒液、
使い捨てのペーパータオルを置くこと。

店内のことを考えただけで、
色々と想像は出来るけれど、
どこまでが完璧なのかは、わからない。

そして、街は、人々の暮らしは
どうなっていくのだろう。

通勤の電車の人が少なくなるとは思えない。

友人たちと会う時は、どうすれば良いのか。

ジムがオープンすると、器具を使う時に
マメに拭くことが出来るのか。

映画館はデートであっても
ひと席ずつ空けるんだろう。
ここ2ヶ月ずれ込んだ公開作と
今後の作品の流れはどうなるのか。

舞台芸術やコンサート、スポーツなどは
リハーサルや練習が長引き、
さらに厳しくなるかも知れない。

もちろん、旅行など、
まだずいぶん先の話になるんだろう。

前代未聞のこの感染症によって、
生じるあらゆる問題を出来るだけ
ネガティブにならずに、解決していければ、
そう願うばかりだが。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:48| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする