2022年09月23日

Bridge 15周年のお知らせ

昨夜はくしくも、僕のバースデイで
特にパーティーとかしなかったけれど、
多くのお客さんたちにプレゼントやら
シャンパンやら入れていただき、
本当に有り難かった。

改めて、この場を借りてお礼を
言わせていただきます。

ありがとうございました。

***************************

さて、先日から書いていた店の15周年、
コロナ禍が続き、お客さんも戻りきっていない中、
どうするか迷っていたけれど、
ちょうどひと月前になり、
なんとか今年はやろうということになった。

アートボード 4.png

今年のテーマは、谷崎文学を映画化した
若尾文子、岸田今日子主演の「卍」
これをエスムラルダに手伝ってもらい、
面白おかしいモノにしようと画策中。

8127Ur2xnXL._AC_SL1500_.jpg

もちろん、新人を紹介するエスムの部屋や
エスムとBridgeスタッフに寄るパフォーマンスも。


また、いつもはタクヤがやっている六尺デー。
今回は特別に「スペシャル・デー」として、
僕や他スタッフも手伝って、
7時間飲み放題という豪華盤。

まだひと月少しありますが、
みなさんのお越しをお待ちしております。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6
posted by みつあき at 19:24| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月22日

高齢者へ

本日、22日、僕は、なんと遂に
「高齢者」という枠に
入ってしまうことになった。
この自分が、まさかのまさかだ。

それにこの「高齢」ということば、
なんとかならないのだろうか。
まあ、老人よりも良いけれど。。。


よく店で話すのだけれど、
ストレートの男性たちは
20代から30代で結婚をし、子供を作り、育て、
それぞれの学校を卒業させ、就職、
そしてその子供の結婚式で
役目を終える感じだ。
そして彼らに孫が出来たりして
やっと、僕の年齢となる。

その区切り、区切りに自分の年代、
年齢を実感し、父親、祖父と変化していく。

僕ら独身ゲイには、そういった自覚が
ほぼまったくと言ってないワケだ。
それが「欠けている」とまでは
言わないまでも、いわゆる実年齢に
追いついていない、届いていない、
そう思う日々だ。

この年齢になるまで、ずっと20代、30代の
気分ということではさすがにないけれど、
仕事の面は除き、プライベートでは
30代とさほど変わらないことをやっている。

それはそうだ。
経済的にも、自分の子供に使うお金を
すべて自分に使えるワケなのだから。

もちろん、それはそれぞれのお家事情もある。
親族にかかるお金や、自身の体調などから
その経済バランスは大きく異なる。

ただ、それはゲイ、ストレートは関係ない。

人生の先輩なんていう言葉は、
僕はまったく好きじゃないけれど、
少なくとも年配者として胸を張れるか
どうかはともかく、こうなったら
いかに自分が選んだ人生を楽しく、
幸福に満ちた最終地点を目指して
歩いていこう、そう思う。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6

posted by みつあき at 19:01| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

相合傘の中で

この2日間、日本列島を横切った台風で
被害に遭った方も多くいらっしゃったらしく、
その方々にはお悔やみを申し上げたい。

東京は土砂降りや、凄い風が吹いたものの、
そこまでのことはなかったようで
ちょっとホッとした。

一昨日の夜、店の帰りに
また凄い雨に降られた。
そんな中、我が家の近くで、
僕の前を二人の若い男性が
傘を差して歩いていた。

そして、一人のほうの傘が裏返しに
なっただけではなく、ほぼ使いモノに
ならないくらいに壊れてしまったのだ。

うちの家の近くは、大きく長い橋があり、
そこではよくそういう光景を見る。

傘が壊れたほうの彼は、
もう一人の傘のほうに入った。
その瞬間、傘を持った男性が、
彼の男性の肩に手を回した。
ちなみにその彼はリュックを
しょっていたので、両方の手は
空いていたのだ。

え?と思ってよく見ると、
その手はしっかりと肩を
抱きしめている。

そして思いきり顔が近づいていて、
傘に入ったほうは、首を彼のほうに
もたれさせているようにも見える。

あれはゲイだったのだろうか。
それとも、若いコだから、
なんとなく友人同士で
戯れ合う感じだったのか。

街なかで、たまに手を繋いでいる
男性同士を見ることがある。
そういう時に、さすが東京だなと
思ったりするのだが。
ある意味、時代は変わっているなあ、と。
posted by みつあき at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

オープンな二人

昨夜一番に来てくれたエロく素敵な
50歳のセイジが、ここ数ヶ月で
付き合いだしたという30歳の
マコト君を連れてきてくれた。

彼らが会ったのは、コロナ前の
乱交パーティーで、それぞれ友人に
誘われて参加したと言う。

その時に意気投合、でも特に付き合う事もなく
お互いに色々楽しみながら、
セフレとして関係を持っていたようだ。

結果的にどちらから言い出したのか
聞き忘れたけれど、こんなに相性が
合うのなら、付き合おうということになった。

お互いにきちんと確認したワケではないけれど、
エッチは好きなようにすれば良いと
思っているらしく、そう考えれば
オープンリレーションシップ。

昨日は昨日で、マコト君のセフレを交えて、
3Pをしたあと、二人で寄ってくれたそうだ。

何年も付き合った人たちからは
たまに聞く話だけれど、
とにかく楽しそうだった。
色々なカップルがいる。。。
posted by みつあき at 17:33| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月18日

わが店は、何故シャンパンが出ないか笑

昨日、書いた今年の15周年パーティ
(10月21日、22日に加えて、
六尺デー スペシャル版は11月3日)
という話をお客さんたちにしたら、
「あ、シャンパンがそんなに
出ない周年ですね!」と
言われ、確かに、、、と微笑みながら
ちょっと恥ずかしい気持ちにもなる。

うちの周年は、いつもショウを
やっていたりしているけれど、
それでもなかなか他店のように
ポンポンとはいかないのだ。。。


最近よく来てくれるカズオが行くお店は
全然普通の日でも、シャンパンコールが
叫ばれると言う。

「●●さんから、ヴーヴ、いただきました〜!」
とか叫ぶのも苦手、とか素人みたいなことを
僕が言っているからダメなのか、
入れてくれようと思っているのに
ショウガあったりして、
タイミングが測れないと聞いたこともある。

あとは、シャンパンを入れる、という
行為が恥ずかしい、と思うお客さんも
他店よりも、多いのかも知れない。


今年はコロナ第7派でついこの前まで
感染者も増え、ずっとどうするか考えていた。
ただ、ここ2週間、週末のお客さんたちも
若干、増えてきた。

また、いつも手伝ってくれているエスムラルダ、
そして12周年の際にガッツリと
サポートしてくれた友人のバンドウちゃんの
後押しもあり、今年もやろうということになった。

ほぼ一ヶ月ほどしかないため、
スタッフ全員も交えてのパフォーマンスは
難しいけれど、出来る範囲で
楽しんでいただこうと。

今年はヴーヴの輸入が難しいけれど、
色々取り揃えておくので、
くれぐれもよろしくお願いします。泣笑


ちなみに今月の六尺デーは
10月16日に決まりました。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6




posted by みつあき at 19:07| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

周年と、ケンシロウのこと

昨日は、今年の15周年についての
打ち合わせなどで、久しぶりにブログを
更新できなかった。
とりあえず、来月20.21日に周年パーティーを
開く事を決定。近々、きちと発表します。


ところで、昨日から新人のケンシロウが入店した。

ケンシロウ、29歳は、もう1年くらい前か、
うちの常連のサトシに連れてこられた。

その時のケンシロウの印象は、クールだけど熱い。
言葉の中に、少し冷めたアイロニーを持った雰囲気を持ちつつ、
でも、その端々に、きちんと自分の思い、が
こもっている、そんなふうに感じさせられた。

彼は理系の大学院を卒業し、
そこから著名な会社に就職したものの、
何か違う、と辞職し、このコロナ禍、
東北の実家で過ごしていたようだ。

自分が本当にやりたいことは何か。
そんなふうに考えると、
漫画を描くことだったらしい。
まだまだ自己満足、と本人は言うけれど、
夢が広がるように、頑張ってほしい。

まあ、そんなケンシロウですが、
今後ともよろしくお願いします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6
posted by みつあき at 16:28| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

王国、そして皇室について

エリザベス女王が亡くなって、
昨日、荘厳な国葬が行われたことが
メディアで報じられた。

酷い亡くなりかたをした安倍元首相の
国葬については、皮肉なことに襲撃されたあと、
宗教との関連が取り立たされている今、
個人的には合同葬にしたほうが良い、
そう思っているが、それよりも。。。


日本の皇室に、僕らのようなゲイ、
もしくはLGBTQの人間が過去も
現在も未来も、まったくいないとは
想像できない。

そう考えると、かなり無理をして
結婚をし、子供を持つ、という
選択をしているのだと考えられる。

今、僕が知っている限りに於いては、
イギリスのロイヤル・ファミリー
(故エリザベス女王の従兄弟にあたる)
マントバッテン卿が同性婚をしたこと、
またそれより遡ること2006年に
インドの王子がカミングアウトして、
電気ショックを受けさせられた、と
告白していたりする。

同じイギリスでは映画にもなった14世紀の
エドワード2世もゲイだったと言うし、
18世紀のスウェーデンのグスタフ3世も
そういう噂があったようだ。


借りに日本の皇室関係にLGBTQの誰かが
いたとしても、絶対に公表はおろか、
皇室内でも隠そうとするだろう。
こっそりと相手を見つけることさえ
なかなか難しいだろう。

そんなことを考えると、自由さを
謳歌できる我々は本当に幸せなのだ、
そう思ったりする女王の国葬だった。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

Bridgeという店名

「Bridgeという店の名前は、
どういうふうに付けたんですか?」
店がオープンしてから、
よく聞かれる質問だ。

中には、僕の苗字が「橋」というからだと
思っていた人もいれば、
僕が映画が好きだから
「戦場にかける橋」や「マディソン群の橋」など
映画のタイトルから取ったと思う人もいる。

またサイモンとガーファンクルで大ヒットした
「明日にかける橋」から?という人もいたし、
その中で最も多いのが「人と人を繋ぐ」という
意味なんですよね?という人。

これは、ホームページにも書いてあるから、
ほぼ絶対そうだと思われがちだけど、
後付け、と言えば、後付けなのだ。

本当は、店をやろうと決めた時に、
深夜にベッドからむくりと起きて、
「そうだ、店の名前はBridgeだ!」と
瞬時に思った、というのが事実。

そこには何の理由付けもなかった。

ただ、名前に小さな「ッ」という促音
(つまり詰まる音)が入っているのが
良い、なんて何となく思っていたからかも知れないし、
英語表記した際に、真ん中に”d”という文字が
入っているのも気に入った。


"Bridge"というお店、特にバーは
日本のみならず、世界中にある。
ニューヨークでも見かけたこともあるし、
バー Bridgeと調べると数々出てくる。

最近はこの2丁目でも、ストレートが集う
クラブが出来たようで、
ご丁寧に店主の方が挨拶に来ていただいた。

どこにでもありそうな、でもそれなりに
特別な意味がある、そんな響きがある
Bridgeという店名は、いまだに
付けて良かった、そう思っている。
posted by みつあき at 18:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月12日

21歳、ふたたび(みたび、か。。。笑)

今年の3月にふらりと来てくれた大学生のショウジロウ。
その時のブログが以下。


あのあと、6月くらいに寄ってくれて、
昨夜、おそらく3度目にまた他県から来てくれた。

21歳、大学生、柔道部、という文字だけで
アプリではざわめく人たちがいる。
その上、ルックスも体格も良く、
無造作な髪の毛は
ノンケっぽさが際立つ。

昨日は周りにいた40代、50代は
かっこいい、可愛いを連発し、
30代は微妙に嫉妬のまなざし。

「お〜、息子の年!」という声、
僕に関しては「もう孫だよね!!」とか
冷ややかに笑われたりする。

上のブログで「彼のターゲットは45歳以上。
70を超えた人でも彼が気にいればオーケー」と
書いていたけれど、
昨日よくよく聞いてみると、
「顔や身体はあまり特定のタイプはないんです。
相手が僕を気にいってくれれば、それでいい」と
中高年には嬉しい言葉をつぶやく。

そんなこんなで、また店内が色めきだつ(笑)

特にうちの店は若フケバーではないけれど、
大学生のお客さんは少なく
もっと来てもらうためには
学割でも考えなきゃな、なんて考えた一夜だった。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:39| Comment(0) | 地方都市から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月11日

Bird Landのマスターの逝去を知って

うちの店がオープンすると同じ時期に
クローズした2丁目にあったゲイバー"Bird Land"

カップルで営業されていたお店のマスター
リョウタさんが2週間ほど前に
お亡くなりになった。
もう体調を壊して久しいことは、
パートナーのヒサシ君から耳にしていた。
70を過ぎたばかり、という
まだまだこれからのんびり、という
年齢だった。

リョウタさんは、そのヒサシ君を通じて
知り合いになったので、
二人でお会いしたことはなかった。

ただ、リョウタさんは、そもそも音楽業界に
いらっしゃり、お店の名前も、ウェザーリポートの曲、
またマンハッタンにあるジャズクラブなどから
取ったことをリョウタさん自身からお聞きした。

思えば、僕がリスペクトしているアーティスト、
ブルース・スプリングスティーンが
日本に初来日した際、会場の代々木体育館で
バッタリお会いしたこともあった。

そんなことで、リョウタさんのお店に行くと、
音楽の話がたっぷり出来た。
ジャズからポップス、そして歌謡曲まで
その話は大きく広がった。


バードランドは、本当に落ち着いたお店で
そういう雰囲気を求めて
開業当初、うちの店にいらっしゃる御客さんも
多かった。

リョウタさんはパートナーだった
ヒサシ君がきちんとお見送りされたようだ。

ご冥福をお祈りします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:08| Comment(0) | ゲイバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする