2021年01月21日

バイデン就任式

昨夜、と言うか明けて、
今日の午前1時過ぎ、
バイデン大統領就任式を観た。

自分たちの国を良くしたい、
地球のために尽くしたい、と
宣言した新しいアメリカの大統領。
過去の過ちを変えたいとのスピーチは
強く胸を打つ。

彼に限らず、カマラ・ハリス副大統領や、
その他の議員それぞれの言葉。
それに加えて、レディ・ガガの国歌や、
ジェニファー・ロペスの我が祖国も泣けた。

アメリカという国は、とかく
ナショナリズムを感じる部分も多いけれど、
今回は、トランプがこの4年
世界を巻き込んで混沌とさせた
それを省みようとする志が
ところどころに見えた。

思えば、日本の首相が決まる際、
その言葉に、心が震え、共に頑張って
良い国にしよう、そう伝わることは
あっただろうか。

オバマはもちろん、
あのトランプでさえも、
仮りにプロンプターを読んでいながらも、
目を落とすことなく、
強い意志の元に、国民に向けて言葉を放ってきた。

このコロナ禍で、決して独善的ではない、
しかし意志を持った強い言葉を
国民が求めていることを
日本のリーダーはわかっているのだろうか。

就任演説を見ながら、ものすごく
複雑な気持ちになってしまった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 12:26| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

夢の時間を追いかける

またまた、昼間書いたブログが
飛んでしまって、今日は店を閉めてからの
書き直し。

一昨日来てくれたセイジが、
秋田県の大館市にある映画館の話、知っています?
と聞いてきて、いや、知らない、と答えた。

その映画館とは、「御成座」と言って、
もともと1952年に作られた劇場らしいけれど、
一度、2005年に経営難で閉館したようだ。

しかし、2014年、千葉の電気工事をする会社の
社長が目を付け、リオープン。

その劇場が、なんと週末、東京の上野から
大館まで無料のバスを出し、
映画を観てもらい、また東京まで
戻ってくれる、というサービスがあるのだそうだ。
とは言え、途中休憩を含めて、片道14時間。

運転は支配人と従業員が
交代でするらしい。
バスは島根県の木次町の
ローカルバスを買い上げたモノだったが、
去年、老朽化のため、新しいバスに代わり、
今ではリクライニングも付いているようだ。

コロナ禍でバスは密を避けるため、
限られた人数での運行らしく、
どうやら、長く満席が続いていると言う。

とは言え、往復28時間。
運転する人は、大館、上野の往復を含めると
その倍の時間を要するワケだ。いやあ、凄い。

基本的に、お客さんは映画代金だけらしいが、
映画がない時間に、比較的安い料金を払って、
その大スクリーンでゲームや、
カラオケをしてもらっても良いとのことだ。
また、とりあえず近くの宿に宿泊してもらい、
一日観光をしてもらって、東京まで送る、というシステム。
そういう意味では、少ないながらも、
大館市の観光にも役立っているようだ。

それでも、決して儲けが出る仕事ではない。
三重県伊勢市なんかにも
家族経営の映画館があることも聞いたことがあるが、
おそらく同様だと思う。


経営する人も、観に行く人も、
この混沌とした世の中から
少しだけでも夢のような時間を得るために
そこにいる、ということは
金銭以上の幸せな空間なのかも知れない。

セイジも、少し空いてきたら、
是非とも、そのバスに乗って行きたい、
そう呟いていた。

夢の時間を追いかけて。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 21:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

羽根と薔薇と六尺

昨日、来てくれたシュウゾウは、
ここ15年ほど(10年?)の熱心な
宝塚ファン。
知り合いに連れて行かれてから、
観まくって、一人のタカラジェンヌ
(彼女はいわゆるトップスターではないようだ)を
追いかけ、そのファンクラブにも入っている。

宝塚好きなゲイはたまに耳にするけれど、
うちの店でも彼ほどの人はなかなかいない。

ブロードウェイ・ミュージカル好きな僕でも、
宝塚を観たのは、本国の有名な振付家で
演出家のトミー・チューンが
やった「グランド・ホテル」を
含め、数本だけ。

歌舞伎と同じように、宝塚を
ひとつの日本文化として観ていくと、
とても興味深いとは思うものの、
そこまで趣味は広げられないため、
僕はハマらないようにしていた。

ともあれ、シュウゾウは、
前のほうに陣取って、出待ちなんかもするらしく、
休みの日など、午前中に並び、
舞台が終わってから、また並ぶとのこと。
それが今回、コロナでまったくなくなって
しまったのは悔しいらしい。

お正月興行も元旦からあり、
彼は2日の日に行ってきて、
胸がいっぱいになったと言う。

そして、その足で、うちの六尺デイに。
宝塚から六尺。。。。
変な取り合わせのようだが、
華やかなモノとエロスと、という意味では
完璧なゲイの好きな世界。

シュールだよね、と話していたら
お客さんのトオルが
「羽根と薔薇と六尺」というタイトルで
本でも出したら、直木賞候補になるんじゃない?
と盛り上がった。

このタイトル、本当に素敵(笑)

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F






posted by みつあき at 13:32| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

なんと本日は「愛の不時着」のお話

去年、このコロナ禍で大ブレイクした
配信ドラマ「愛の不時着」16話を今年になって
すべて観終わった。

Unknown-17.jpeg

韓国テレビドラマは、
2003年から05年くらいにかけて、
日本で大ヒットとなった「冬のソナタ」
「天国の階段」「チャングムの誓い」をはじめ、
結構な数のモノを観たし、
当時の韓流ブームに乗って
公開された映画も随分観まくった。

映画は、年に4、5本は
観続けていたものの、
韓国のテレビドラマになると、
1話がCM抜きで60分以上、
そして長いモノになると、
30話、40話となっていくので
とてもじゃない、と観るのをやめた。

ドラマの内容も、多くが血縁の秘密や、
時空を超えた繋がり、そして復讐劇がメインで
よく出来てはいながら、個人的に
ちょっとマンネリだったこともある。


そんなワケでずいぶん韓流ドラマと
離れていたのだけれど、
今回、また自粛が始まったりしたことと、
お客さんでもハマっている人が結構いて、
是非、観てくださいと言われたこともあり、
重い腰をあげて、挑んだワケだ。
(そんな大層なモノか!笑)

おお!なんだ、16話か、と
軽い気持ちで観てみたら、
一話がほぼ1時間以上あって、
日本やアメリカのドラマの1.5話か2話分。
最終回なんて、2時間近くある。
もう映画1本分。

お話は、韓国のお高い財閥令嬢が、
パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着。
そこで軍の将校と出会い、
二人の関係とそれぞれの性格の変化の
サマが描かれている。

韓国に帰りたい令嬢と
帰したい将校。
その二人が、いかにして「一時も離れたくない」
という状態になるのか。

その大恋愛を軸に、令嬢が座る
一族の社長の椅子を巡っての争いや、
北朝鮮の軍や暗殺者などが絡んでくる。

これでもか、とたっぷり泣かせる演出は
半分、やれやれ、と思いながらも
ついつい涙腺が緩む。
なおかつ、脱北者の手を借りたという
脚本で描かれる北朝鮮の人々の暮らしは
なかなか興味深く、楽しく観ることが出来た。

とは言え、さすがにドラマは
ツッコミどころ満載だ。

ミニシアター系のリアリティある
諸外国の映画好きな僕や
その手の傾向が強い人は、
このドラマの中でのあり得ない展開や、
恥ずかしくなるような会話劇に
「いやいや、大丈夫!今回はハマってみよう」
そんな心構えがないと、かなり厳しいかも知れない。


ただ、昨日、このブログに書いた
お亡くなりになった知識人でもあり、
僕が心から尊敬していたAさんは、
あのベタベタな「冬のソナタ」にハマって、
毎回泣かれていた、
そう聞いたことがあった。

韓国ドラマは、多少展開があざとくても、
個人のどこのツボに入るとたまらない、
ということなのかも知れない。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 15:57| Comment(2) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

48年の別れ

昨日、15時からの営業で、来てくれた
お客さんたちと色々と話していた矢先、
お世話になった店のマスターから
一通のメッセージが入った。

古い友達でもあり、大先輩でもある
カップルのうちのお一人のAさんが91歳で
お亡くなりになった。
残されたMさんは、70代になられたばかりで
まだまだお元気だ。

お二人は今から48年前に、会って
お付き合いが始まり、ほぼすぐに
同居されたと言う。

僕が知っているゲイのカップルで最も長い
お二人だった。

AさんとMさんが会われた時、
Aさんは大手新聞社に
勤められ、Mさんはまだ学生で
ジャズの勉強をされていたようだ。

僕が会った頃のお二人は、
まだ付き合って15年か、
20年には満たない頃だったとは思うけれど、
それでも、男同士でそれほど
付き合っている、という事実は
僕にとっては驚愕だった。

Aさんは詩人として、オペラ評論家としても
有名で、何度かオペラもご一緒させて
もらったこともあった。
80歳を過ぎてからも、劇場で
うたた寝しがちな僕の横で、
まったくコクリともされないのは
本当に凄いと思った。

お二人の住まいで開かれたパーティに、
何度も誘われて
いつもその仲睦まじいところを
見させてもらったり、
思い出はたくさんあった。


ずっとお元気でいらっしゃったのに
年末に心臓の働きが弱くなり、
自宅診療のサービスを受けるように
なられたようだ。
それからのお二人は、本当によく語り、
普通に食事も摂られていたと言う。

今年に入ってから、さらに症状が
悪くなり、危機的な状況が起こったら
すぐにでも入院出来る形を取りながらも、
結局、昨日亡くなるまで、
Mさんは仕事を断り、
寄り添われていたようだ。

日本では決して、同性婚がまだ
出来ない状態で、それでもいち早く、
同性婚と同様な生活スタイルを
教えてくれたお二人。

50年近くのその人生と、
90を超えたAさんを支えたMさん。
残念で悲しいけれど、こんなに
幸福感に満ち溢れた別れを耳にして、
ただ、ただ、ありがとう、
そういう気持ちになった。


芸術について、文化について、
そして何よりも人の生き方について、
多くのことを教えていただいたAさんの
ご冥福を心よりお祈りします。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 05:29| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

デートの食事

昨日は、50を過ぎたヤマタニと、
マサオが、デートの食事について、話をしていた。

二人とも、30前後の自分たちより、
ふた周りも離れているのが好きなのだが、
ヤマタニがその年代のコ、何人かと、今まで
デートをした時に、若いから「食べ放題」とか
バイキングに連れて行っていたとのこと。

それを聞いたマサオは
「若いと言っても、17、8じゃないんだから、
少し高くなっても美味しいモノのほうが
良いんじゃないかな?僕はそうしてる」と。

それを聞いたヤマタニは「確かに」と。
今まで連れて行って、店を出た時に
「僕、奢ってもらわなくてもいいので、
もっと落ち着いた場所で、
美味しいモノを食べたいです」と
言われたことがあった、と。

ヤマタニは、若い頃、体育会に所属していて
自分もそういうタイプが好きなので、
そんな連中は、安くてもたくさん、
楽しく食べるのが好きだと
思い込んでいた、と。
そして、いまだに自分もそうなのだと。

食に重きを置かずに、
もっと楽しいこと、
お酒にお金を使うことのほうが多かったと。

ただ、最近のゲイの若い人たちは
美味しいモノ、ということに
こだわる人も多いことに気がついたと。
なおかつ、自分自身の食生活も
変えなければならないかと
最近思うのだと。

ホント、人それぞれだ。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 14:40| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

昨日観た映画「惜春島」

昨日のブログにも書いた
日本で最初のゲイ映画、と評される
木下恵介監督の「惜春島」を昨日、観た。

Unknown-16.jpeg

1959年。
60年以上前の映画だ。
このポスターを見ると、どこがゲイ映画?
とも思うし、映画自体を観てみても、
男同士の恋愛、性的要素はなかなか見当たらない。


映画は東京から生まれ故郷の福島の会津若松に向かう
青年(川津祐介)と、友人の叔父(佐田啓二)が
列車で出会うところから始まる。

当時のイケメン中年と、若者の
恋愛模様が始まるのか、などと期待するけれど、
これも、すぐにそうではないことに気がつく。

学生時代の友人宅に泊まる川津祐介、
そして彼をとりまく4人の青年たち。
映画はこの5人の友情に
芸者、有馬稲子との恋愛に苦しむ
胸の病気を患う佐田啓二を絡ませる。

彼らの無邪気とも言える青年たちのじゃれあい、
そして今では気恥ずかしいとも思える
「友情の証」の表現の数々。
温泉で全裸で抱きつく、手と手を強く握る、
腕を組むなどという行為は
まさにゲイ的なのかも知れない。

しかし、当時の邦画でそれくらいの
描写は結構あるような気がするけれど、
どうなんだろう。

ただ、その5人の若者たち、それぞれ
女性への恋慕や、結婚観などが描かれるが、
一人、まったくそういうモノを感じさせない
足の悪い青年がいる。
後半、川津祐介を心配して、
足を引きずりながら走る彼の姿が
唯一、ゲイ的とも思えるシーンだ。

ただ、彼がゲイであるとすると、
その人間を障害者として描いているのは
どうかと思うけれど、これは考え過ぎなのかも知れない。

ゲイだったと言われる木下監督が、
そういう気持ちでこれらを撮ったのか、わからない。
少なくとも、必要以上に
身体の接触が多い部分は何かを
感じながら、撮影したのかも知れない。

木下恵介は結構好きな監督だけれど、
この映画が他の傑作と共に
並ぶかと言うと個人的には微妙だ。
ただ、上のようなことを色々考えて
観られたという意味では観て良かった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 15:19| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

INSIDE/OUT 映像文化とLGBTQ+ 展

去年の9月から早稲田大学の演劇博物館で
「INSIDE/OUT 映像文化とLGBTQ+ 展」なるものを
やっていた事は知っていたけれど、
すっかり抜けていて、明日で終わると知り、
昨日、行ってきた。


恥ずかしながら、この博物館は初めてで、
大学内にあるこの建築物、その室内の
古色蒼然たる作りが、非常に趣きがある。


そこに展示されているモノの、ほとんどが
日本に於けるLGBTQ関連の映像文化の数々。

映画のパンフレット、プレスシートから
写真、映像、そして市川崑監督の
「雪之丞変化」で衣装で使った
市川雷蔵が着た着物まで展示。

ただ、「日本に於けるLGBTQ」とは言っても、
そこを題材にした映画、テレビに関しては
欧米ほどは多くないし、メインになっているモノは
ここ20年少しだったりする。

細かく記された年表を見てみると、
木下恵介監督の「惜春鳥」(これ、観ていないので
近々、観る予定)が、かなり初期で1959年。

で、つらつらと見ていくと、
橋口亮輔監督が「二十歳の微熱」を発表し、
テレビではあの「同窓会」が放映された
1993年、というのが日本での
ゲイを主人公にした映像化の画期的な
年だったとわかる。

あれから27年。
世界規模での日本のビッグな映画作品は
まだ生まれていないのかも知れない。

この展示の多くをきちんと整理して
会場で売られていた図録は
資料として、本当に貴重なモノ。

ちなみに、外国のLGBT作品のパンフレットが
ずらりと並んでいて、この多くが
うちの店に置かれているモノと同じであり、
ここにあぶれている僕が持っているモノを
お預けしたかったくらいだ(笑)

これが、明日まで、というのは本当に残念。
もっと早くに観て、ここで紹介し、
さらに多くの人に観てもらいたかった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 12:58| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

コロナ感染した友人からのメール

一昨日、ずいぶん会っていない友人から
コロナに感染した、と連絡があった。

毎日、東京では2000人前後の
感染者数が出ているし、
何人かの知人の感染も耳にしているので
もう誰がかかってもおかしくない。

ただ、その友人は1週間ほど前に発熱があり、
保健所に電話しても長く繋がらず、
4時間ほど経って繋がっても、
PCRがすぐに受けられない状態。

受けても、結果が出るまでにすごく
時間がかかる、と言われたと言う。

結局、陽性だとわかるまで
38度くらいの熱と咳。
くしゃみや鼻水も出ていたので、
風邪なのか、コロナなのか、わからず
不安との闘いだったらしい。

なおかつ、最も辛かったのが同居している
パートナーへの感染で、その彼には
近くのビジネスホテルに宿泊してもらったと言う。

友人は動き回ることが出来ず、
パートナーが買ってきたモノを
玄関に置いておく、ということの繰り返し。

まさか、このような事態になるとは。

結局、感染がわかったのが数日前。
昨日あたりから指定のホテルへ
彼は移動が決まったそうだ。

どんどん感染者が増え、入院も出来ず、
ホテルにも入れず、という人も多いようだ。
彼はまだ自宅に篭っていたけれど、
わかっても、そのまま外出している人も
多いのではないか。

こんな話を耳にするたびに、
店をやっている僕自身も悩むことが多い。

完璧という事は決してないだけに、
いかにして対策をしていくか。
日々、考えながら営業努力は続けていきたい。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 13:58| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

お勧め映画「ソウルフル・ワールド」

「トイ・ストーリー」シリーズや、
「ファインディング・ニモ」のピクサーが
今年、映画館で上映するはずだった
新作「ソウルフル・ワールド」が
配信サイト、ディズニープラスで
観ることが出来た。

Unknown-15.jpeg

監督のピート・ドクターは
「モンスターズ・インク」や
「カールじいさんと空飛ぶ家」で
評判になった人だが、この映画は
彼が作った前作「インサイド・ヘッド」に
テイストがとても似ている。

「インサイド〜」が、人間の頭の中の
色々な感情をCGアニメ化した事に続き、
今回は人間の生死を描いている。

話は、学校の音楽教師をしている中年男が
憧れのジャズ歌手と自分が弾くピアノの共演が
決まったあとに、マンホールに落ちてしまう。

そこから、彼は魂の世界へ入り込み、
「死」の世界に行きたくない彼と、
これから生まれいく「生」の世界を
求めない一人の子との冒険のお話。

この二人が、それぞれの思惑を
交換しながら、人生の意味を
考えるという作りになっていて
これがアニメとは思えないほど奥が深い。

なんと言っても今回驚きなのが、
全編に流れるジャズ・ナンバー。
かつてのアニメでは決して描かれなかった
スタイリッシュで爽快な使われかた。
演奏シーンも迫力ある。

それにしても、これが映画館で
観ることが出来ないのは本当に残念。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする