2020年10月24日

13周年 5日目

昨夜は、予約制にして、ゲストのエスムラルダの
ショーと過去映像も含めた4回公演が
なかなか盛況だった。

ここ連続書いていた過去周年映像も
懐かしがってもらったり、
観ていなかった人は楽しんでいただけたようで、
何よりも、エスムラルダのショーは
やはり圧巻で、これで1杯込み2500円は
なかなかのお飲み得かと(笑)

なおかつ、昨日のスタッフ、タクヤ、ヒロヤ、
そしてエスムの部屋に登場したハルキが
「シャンパン入れたら、上半身脱ぎます」コールに
かつてないくらいのシャンパンの嵐に。

有難い周年5日目となった。

さあ、本日、13周年ウィーク最終日。
まだ、いらしていない方は是非とも。
まだ座席、多少余裕があるので、
突然来訪されても大丈夫かも。

換気もよく、マスク着用で
ベランダ飲みもあります。

よろしくお願いします。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:39| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13周年4日目(10月22日分 ブログ)

昨日、アップしたつもりで出来ていなかった
(オープン準備ですっかり抜けていた)
木曜日のブログを。。。

**********************

昨夜も、古い友人やお店の方たち、旧スタッフ、
現スタッフも含めたくさんのお客さんに
来ていただいた。

今日は、9周年、10周年、そして去年12周年について

9周年は大きくスタッフが入れ替わり、
かなり盛り沢山な催しになった。

ジャスティン・フィーヴァー ダンス! 
(ヨウイチロウ、マサヒロ、レオン)
六尺和太鼓演奏
(僕、キョウシロウ、タクヤ、ダイスケ、ショウ)
マンマ・ミーア! 
(ミキヤ、セーダイ、シマ)
「レント」からI'll cover you  (エスムラルダ&マサヤ)
そして全員で"Seasons of love"を。

これまた初の周年で六尺での和太鼓レッスンやら、
前年に続いての歌レッスンの厳しさ、
そして若いグループによるキレの良いダンスなども
思い出深いかった


翌10周年は、Bridge初の映画制作。
と言っても、映画とステージ(カウンター内とベランダ)の
融合という新しい試みだった。

キャストは、スタッフそれぞれがカップルで
キスシーンあり、絡みもあり、という
僕の強引な演出にスタッフが
頑張って応じてくれた。

話も癌で恋人のキョウシロウを亡くした
ミキヤと、遊び人のヒデキにもてあそばれた
リョウが、Bridgeで結ばれるという話。
そこにいるスタッフのタクヤ、マサヒロ、
GoGoのラファエル、
お客のヨウイチロウ、ショウ、マサトなどが
その二人の恋愛に絡んでくる。

一生懸命作りながらも、それぞれの
演技(特に僕のモノ)に爆笑されて、
なかなか充実した10周年となった。


これをアップする、24日、土曜日、
本日、周年ウィーク最終日。
まだ座席には少し余裕があります。
お待ちしております。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:31| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

13周年3日目

昨夜も懐かしい人、新しい人などに
来ていただいた周年ウィークの一夜。

また旧スタッフのミキヤや、セーダイ、
ジュンイチロウなどが来てくれた。

昨日、一昨日は、3、4周年について
書かせてもらったが、5周年はだいしのフラ、
そしてゲストパフォーマンスでガジェット
というグループのアカペラ。
そして2丁目でGleeライブを行った
グループによる、ウォーブラーズライブ、
それにエスムラルダのショウとなった。

6周年、7周年は、今では旧スタッフになってしまった
シンガーのマサヤがまだ入店前で、
6周年は、"Cups"という楽曲で
カップを動かしながらの歌
(これにマサヤが歌唱指導をしてくれた)
そしてこれまた旧スタッフのジュンイチロウ、
セイダイ、そして現スタッフのヨウイチロウ、ケンに
よるダンス。

7周年はマサヤ独自のライブに
僕も加わって「明日に架ける橋」を歌った。

ただ、残念ながら、この2年間の映像が
ほぼ手元に残っていなくて見せられないのが残念。

昨日、盛り上がったのが、8周年の映像。
久しぶりに練習が大変だった、"Will Rogers Follies"という
ミュージカルから"Our Favorite Son"という楽曲。

↓これが大変だった。
映像を見ると、それぞれの(特に)僕の失敗も
たくさん見てとれる(恥)

そしてこの年は、バビ江ノビッチやイズミセクシー、
そしてばんざいキョウコによるパフューム。
電飾などを使った豪華なモノだった。

また8周年のラストはご存知「レ・ミゼラブル」の
"One Day More"。
これはそれぞれが衣装をまとって、回転舞台さながら、
キャストがカウンターの中を
クルクルとみんなで回転しながら役を演じる。
それにしても、相変わらず僕の歌は酷かった。
ミキヤ、セーダイ、タクヤの雄志、
エスムラルダのエポニーヌ、
シマちゃんとラファエルのテナルディエ夫妻など
かなり笑える。

まあ、それも笑えるので、まだ見ていない方は
爆笑しに来てください(笑泣)

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

周年ウィーク2日目

通常、火曜日、僕はお休みさせてもらっているが、
今週は周年ウィークなので、昨日は
タクヤと僕の二人営業となった。

昨日も多くのお客さんに来ていただいたが、
その中に旧スタッフのシンジが。

昨日、ここに書いた3周年、そして4周年と
またがって、彼は周年パフォーマンスに
出てくれていた。

シンジは、それこそ店で股間を隠しながら
全裸でレモンを切る、という芸当で「裸レモン」の
愛称で人気者だったけれど、
4周年のビデオを見ると、
まだ40歳になったばかりの彼が若々しい。

その前年2つのパフォーマンスだったのが
この年はぐっと増量し、特にこの年は前年に引き続き、
当時の大ヒットドラマから、多くの曲を
歌ったり、踊ったりした。
また、この年は前年のスタッフに加え、
ヒロフミとタクヤが加わった年だった。

全部で6曲。

その中で、レディ・ガガの"Born This Way"の
ダンスシーンでは、
スタッフ一人、一人がシャツを脱いでいって
Tシャツには、僕が「ブリママ」ヤスオが「ママ気取り」
シンジが「完全全裸」タクヤが「六尺命」
だいしは「超ナル子」ヒロフミは「鼻がバーブラ」
ツカサは「八年一人」とそれぞれの特徴や
愛称が書かれており、さらにラストでは
ボディビルをやっていた
ヤスオが筋肉を見せるシーンも。

"Express Yourself"は、ドラッグの
エスムラルダとバビ江ノビッチとスタッフの
合同ダンス。

"Marry You"は、僕がヒロフミにプロポーズして
一緒になるまで、という流れを他のスタッフが
応援するというチャーミングなダンス。

"Single Ladies"では、当時流行ったビヨンセの
ダンスの完コピを、だいしとシンジが
二人で踊り、これは喝采を受けた。


観ながら思ったのが、僕は自分が出ているシーンを
とても恥ずかしくて観ることが出来ないのだけれど、
タクヤや、シンジは、それぞれの登場シーンを
とても楽しみながら観ていたりする。
これは性格なんだなあとつくづく思った。

それにしても、「八年ひとり」と
書かれていたTシャツを着ていたツカサが
その後、4年も付き合っている人が出来た、
というのは、ここにも書いた通りで
これまた、年月の過ぎることの
早さを感じた。

さあ、今日は3日目。
僕とショウゴとハルキの3人がスタッフです。
お待ちしております。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 16:07| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

周年ウィークが始まった

13周年ウィーク、初日。

昨日は、生憎の雨模様だったけれど、旧スタッフも含め、
多くのお客さんが来てくれて、有り難かった。

周年初めて、というヒロヤとハルキが
こういう形でしか、スタッフとして
参加出来なかったのは残念だけれど、
お客さんに絡まれながら、楽しかったようだ。

今回は週末にゲストでエスムラルダが
来てくれる以外は、スタッフのパフォーマンスもないので
(あ、エスムの部屋に上の二人も含めた新しいスタッフ3人が
それぞれ出るけれど、それ以外は)過去の映像を流している。

平日は時間で入れ替えもないので、
タラタラと古い映像を流すのだけど、
今、手元にある一番古いのが3周年の映像だ。


この時は、ほぼ初めてスタッフで何かパフォーマンスを、
ということで、当時流行っていたレディ・ガガの
BAD ROMANCEを、そしてアレサ・フランクリンで
ヒットしたSay A Little Prayerをやることに。

レディ・ガガのPVからの振り付けと、
Say A Little Prayerは当時流行ったGleeの
チアリーダーたちのダンスをパクる。

これを特訓してくれたのが、某テーマパークで
振り付けをしているお客さんのイケちゃんだった。
この周年映像、彼の特訓の様子がしっかり
入っていて、今思うと、若いコに混じって
おっさん(俺のこと)、よく頑張ってたなあと。

当時のスタッフ、今もいるキョウシロウ、
旧スタッフのツカサ、ダイシ、シンジ、トシ、
ヤスオ、そこに僕も含めての7人。

それぞれがベランダや、店内で暑い中、
しごかれながら、ヒーヒー言っているサマが
懐かしい上、みんな若い。

思えば、3周年なんて、10年も前だ。
これは、この後の周年映像と共に、
今週中、何度か繰り返し、放映する予定。

さあ、本日は火曜日なので、僕とタクヤの
二人周年営業です。お待ちしております。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 15:10| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

言葉の意味、いろいろ

昨夜、お客さんからのリクエストもあり、
亡くなった筒美京平の未練たらたらで
彼の楽曲を流していた。
そんな中、裕木 奈江の
「泣いてないってば」という曲が流れる。

思えば「ってば」という言葉、
今も使うだろうかと。

こういう言葉遊びが大好きなマサオちゃんが
調べてみると、その意味は
「じれった気持ちで強く
言うのに使う、らしい」のだそうだ。
なるほど。

たとえば
「ハッテン場なんて行ってないってば」
「だから、もちろん、やってないってば」
「もちろん、口なんて使ってないってば」
「掘ったりなんて、してないってば」
「掘られたりだけだってば」
なんてバカな言葉遊びで
みんなで爆笑したりする。

それにしても、この「ってば」を、
言い換える言葉というのが見つからない。

これはもともと、「と言えば」の省略形から
来ているということ、というのも驚き。

加えて、この「ってば」と共に
「ったら〜」(『というモノと言ったら』の省略形)
とか、
「〜っつぅの」(『〜と言ってるの』
という省略形)という言葉も、それぞれが
今はもうあまり使わなくなった言葉だということ。
これも面白い。

加えて、マサオちゃんが調べたのは
今でも使われる「ちやほや」の語源。
これは、「蝶よ、花よ」から来ているのだ、
ということにも驚き。

そんな歌のタイトルから、色々発見出来るのが
楽しかった一夜。

そんなこと言っている間に、もう、本日からは
周年ウィーク。
結局、過去のパーティ映像がDVDの関係で
うまく編集できなかったため、
それぞれのをデッキに出し入れしながら
お見せすることになりそうだが、
今日からの6日間、よろしくお願いします。

金、土の予約もまだまだ受付中です。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

やりたいことがわからない

昨日の深夜に来てくれた
アキヨシ君、28歳。

前の職場が倒産して、職場が変わって
新しい生活にやっと慣れた頃にコロナが始まった。
仕事はさほど大変ではないけれど、
自粛要請が出て、テレワークが始まり、
なんとなくボーッとする時間が
長く続いていると言う。

家で仕事が終わるのが午後6時前。
それから食事を食べに行き、
ビールを買ってきて、
特に面白くもないテレビを見て、
10時過ぎからはなんとなくゲームをやり、
1時過ぎには寝る、という日々。

あまり徒党を組むのが好きじゃなく、
友人もいない。
趣味と言う趣味はなく、スポーツも
音楽も、映画やテレビも、特にこれだけは、
ということはないのだそうだ。

仕事での目標もほとんどなく、
自分には何が向いているのか、
何をやっていいのか、
わからないのだと言う。

高校生の頃は、親に言われ柔道をやらされ、
それなりに打ち込んだけれど、
先生のパワハラに辟易して、辞めた。
ガッチリしているから
ジムとかに行けば?と言うと
本人いわく、向いていないらしい。

好きな人とかは?と聞いても
今まで人を好きになったことがない、
そう言うし、性欲もさほど強くはないと。

そんなことをアキヨシ君が
突き詰めて考えていくと、
自分は何のために生きているのだろう、
ついついそう考えてしまうのだそうだ。

やりたいことがわからない、
という人はそれなりに多いと聞く。

それを聞くと、僕は逆にやりたいことだらけで
どれから手を付けて良いか、迷ったりするほど。
そう思うと、贅沢なのかも知れない。

何かちょっとでもワクワクすること、
ドキドキすること、
少しでも好奇心を持っていることを
探して、それをネット検索などから
追求していくこと、とかはどうだろう。

僕の時代は、ネットもなかったので、
ひたすら街の本屋や、図書館で
調べたモノだ。
良かったなあと思うのは、そのついでに
色々な本と出会ったこと。

ネットは散漫になりがちだけど、それでも
自分が関心さえ持てば、世界観を広げてくれる、
という素晴らしいツールだと思う。

そんな話をしている中で、アキヨシ君が
結構オシャレなシャツを着ていることに気が付き、
着るモノなどは興味あるんじゃない?
そう尋ねると、洋服を見るのは嫌いじゃない、
でも、買うお金がそれほどない、そう言う。

安いモノをどうコーディネイトするか、とか
色の組み合わせなどを調べてみたりするのは
結構、楽しいのかも知れない、と僕が言うと、
「そう言えば、子供の頃、多くの色を使って
絵を描くのが好きだったけれど、もう20年以上
やっていない。絵など描いてみようかな」と。

誰もいなくなった店で、小一時間話した中で
それまでウーロン茶だったのを
白ワインに変えたこともあったのか
アキヨシ君の顔が少し明るくなって
ちょっと僕も嬉しくなった。

雨降る土曜日の深夜の話。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 17:21| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

出会いとそのゆくえ

昨日から今日にかけて、
せっかくの週末なのに、
また雨の予報。
秋だから仕方がない、
そんなふうに思いながらも
さあ、今週はどうなんだろう、
お客さんは来てくれるのだろうか。
コロナ禍の中、そんな週末を
今年はどれくらい過ごしているのか。

昨日は旧スタッフのヒデキが手伝ってくれながら
11時くらいまではそこそこ静か。
今日はないなあ、と思いきや
11時半を過ぎた頃からどんどん
お客さんが入って来てくれる。

そして終電前の0時半には席を空けながらも
後部座席にまで座ってもらう感じに。

3年ぶりくらいのタケダちゃんカップルは
六本木で飲んでいた帰りらしく、
新宿は今年初めてかも、と言う。。
うちの店が13周年を迎えることを知って
「絶対、コロナに負けないで」と
シャンパンで乾杯をしてくれる。

カップルの隣に座ったかっこかわいい3人組。
その中の一人、タカシ君は、ひと席空けて
座っている常連のシュンサクに
「すごくカッコイイですね。
めちゃくちゃタイプなんですけど」と
物凄く積極的だ。

それを見ていたタケダちゃんは
「Bridgeの13年と共に、これで
カップルが出来たら、もう安泰!
思えば僕たちもちょうど10 年!」と
二人をはやして盛り上げる。

タカシ君の「好きです」攻撃に
シュンサクは始終ニコニコと嬉しそうだ。

ただ「15も、20も違う相手からどんどん
来られてしまうと、
ついついその気になってしまう。
こういうのって、どうなんだろうか」
などと僕にポツリと呟く。

若ければ、どんどん乗っていくけれど、
それなりの年齢になると
慎重になってくる。

遊びは遊びで、割り切れなかったりするし、
関係が深くなればなったで、面倒だったりもする。
そんなシュンサクの言葉に
なるほど、一瞬の出会いに対しては
年齢によって大きく変化するのかも知れない、
そう思った。

10年続くカップルと、隣り合わせた初対面。
まったくよくある風景だけれど、
雨が降る前の不思議な金曜日の深夜だった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:40| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

ひとり旅の愉しさ

来年30になるハヤトが、昨夜は
比較的早い時間から
遅くまでいてくれた。
人から聞くところに寄ると、本当に
ハヤトは日々、仕事に追われて大変そうだと
いうことだった。

しかし、本人、あまりそんな愚痴を言うことなく、
それよりも、ひと月前、2年つきあった彼と別れ、
また、つい最近、4日ほど休みが取れて
北海道に一人で行ってきた、という話をしてくれた。

それも札幌ではなく、道東。
飛行機で、根室まで行き、
レンタカーを借りて、知床から
羅臼、別海まで、のんびりと
秋の景色を満喫したらしい。

ひとつの恋愛が終わったことと、
壮絶な職場から少し距離を置けたことは
ハヤトにとって、本当に
ほっとひと息だけではなく、
素晴らしい時間を過ごせたようだった。

中には「一人じゃ寂しくない?」
「一人で何するの?」という人もいるかも
知れないけれど、よく一人旅をする僕も
「人と一緒では感じられない何かがある」
そう思うタイプ。

そして、いつも思うのは、唯一、食事を
する時が一番寂しく、孤独を感じるくらいだ、
そう思うのだ。

ハヤトもまさにそうだ、と言っていた。
一人っきりだと、それほど良いレストランに
行く気にもならないし、
美味しいからと言ってさほど多くも
食べられない。

なおかつ、食事をしながら、
ずっと携帯を見たり、本を読んだり
しているのもどうか、と。

それにしても、ちょっとだけ肌寒くなった
秋の道東を、ひとり車を走らせ、
途中、カフェなどに入って
思いのたけ、自分の気持ちを
ノートに書き殴る。
それがハヤトの4日間の日常だ。

30前の彼がどんな思いで、生きているんだろう。
自分のその頃はどうだったのか。
色々なことを考えさせてくれる
素敵なひとり時間の話だった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:23| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

自分の遺伝子情報

スタッフのハルキが、水球をやるに
あたり、自分の遺伝子がどういうことに
向いているのか、どういうことに
気をつければ良いか、そんな検査を
している、という話をずいぶん前にしていた。

それはたとえば、幼少期に調べると、
叩かれると伸びる子なのか、
褒められると伸びる子なのか、
そのあたりも確実にわかったりすると言う。


話を聞いていて、好奇心旺盛な僕は、
彼を通して、自分の健康について、
どう対応していけば良いか聞きたくて、
僕自身の遺伝子情
調べてもらうことにした。

今さら、この年齢になって、
自分のDNAを調べてもなあ、
という思いもあるけれど、
なかなか興味は尽きなかったので。


IMG_3999.jpg


上が僕のグラフ。


どうやら僕の遺伝子型は脂肪の代謝も、
熱を作る力もよく、(UCP1)
中性脂肪の分解がよく出来るらしい。(β3AR)

また、痩せやすくもなく、筋肉の低下も
加速しないと出ている。(β2AR)

骨、筋肉、脂肪以外の体重の重さは
ごく一ごく般的らしい。(TRHR)

糖分などを欲しないタイプでもあり
骨は丈夫に作られる、と。(SLC2A2)

なおかつ、速筋(白筋)も遅筋(赤筋)の割合が
とてもバランスのとれた運動万能タイプなのだそうで、
運動をすることにより、ミトコンドリアが
どんどん増えていくとのこと。(ACTN3)


ひゃあ。これを読んで、ほんまかいな、と。
こんなのであれば、子供の頃に
両親からスポーツをどんどん
やらせてもらえれば良かったのか。

でも、子供時代から絵を描いたり、
音楽聴いたりするほうが好きだったからなあ。
今回のDNA鑑定は、ほぼ健康とスポーツを
見るモノらしいので、その辺りはわからない。


プラスのことばかり書いたけれど、
僕は活性酸素が溜まりやすいらしく、
飲酒や日光、添加物などは控え、
水素を多く採ったほうが良いらしい(Mn-SOD)

また、痛みに弱く、ドーパミンが出にくい、
とのこと。(COMT)

これって、どうなのか
僕は癌になった時にその前の
胃潰瘍の自然治癒をまったく気がつかなかったり、
意外とお気楽で前向きに考えるタイプなはずだけど。

ただ、先生が言うには、
そもそもの傾向としてそういうタイプで
それはあらゆる方法で改善は出来ているらしい。

あとはBMI値の脂肪の部分がやや高くなったり(FTO)
骨密度がやや低く(MEF2C)
少し疲労もたまりやすい(NQO1)とのこと。


まあ、これは占いとかではなく、
あくまでも科学的な僕の遺伝子の情報。
つまり100%、この通りらしく
だからと言って、今さら、
これをどう生かせるかわからないけれど、
ただ、ただ、なるほどなあ、と頷いていた。

多くの項目は、食生活でずいぶんと改善出来るらしい。
あと何年、元気でいられるか、わからないが
まあ、ゆるゆる、ぼちぼちと頑張って行くか。。。



さて、いよいよ、来週月曜日から周年ウィークとなりますが、
金曜日、土曜日の予約がそろそろ入っていますが、
まだそれなりに座席が空いているので、
ご予約はお早めに。

gaybarbridge@gmai.comまで

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 19:32| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする