2022年10月05日

舞台「いのちぼうにふろう物語」を観て

昨日書いたように、今回の旅行は
今年、90歳になる仲代達矢氏の
「いのちぼうにふろう物語」という舞台を
能登演劇堂で観るためのモノだった。

能登演劇堂は、能登の七尾市中島町と
達矢氏率いる無名塾の交流によって、
1995年に作られたという舞台。

東京のシアターコクーンでも演出家、
蜷川幸雄氏によって、舞台背景が開き、
外の空間が見られる、という演出があった。
こちらも(おそらく毎回?)、舞台のうしろ側が
パカッと開き、屋外の森や、山が見え、
そこでも人がうごめき、演技が冴えるという仕掛けだ。


今回の舞台は、山本周五郎の原作
「深川安楽亭」をもとに、1971年に作られた
同名の映画「いのちぼうにふろう」の主演だった
達矢氏が、その映画でも脚本を書いた夫人の隆巴さんの
戯曲をもとに、改めて作られ、
今回は3度目だったと言う。


舞台は、四方を掘りの囲まれた「島」と呼ばれる荒地に
ぽつりと建っている「安楽亭」という居酒屋。
ここには、世間ではまともに生きていけない
無頼漢たちが集まり、舟で密輸をしている。

まるで、「レ・ミゼ」かと思うような
大きく回転する周り舞台にはギョッとさせられる。

その中で、映画版では、影を持ち、勝ち気な男、
貞七が主人公で、それを仲代氏が演じていたが、
今回は、安楽亭の主人(映画では中村翫右衛門)が
彼の役どころだ。

僕は恥ずかしながら、仲代氏の無名塾を初めて
観たけれど、いわゆる新劇や新派と言われたような
モノを感じて、いささか全体的に大芝居に感じる。

その中での仲代氏の存在感、どこまでも通る声、
その熱量は凄く、彼の芝居だけが
とても自然に感じるのは僕だけだったのだろうか。
今さらながら、メインキャストの中でも
群を抜いての素晴らしさだった。

そして、大団円で、立ち回りが始まり、
そこから背景が開き、薄暗くなった
山の奥から50人もの男たちが提灯を持って
現れるシーンは、さすがに圧巻。

舞台セットと、仲代氏の芝居を観ることが出来て、
本当に良かった。


posted by みつあき at 23:59| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月03日

金沢ゴールド・ジムの驚異

昨日から金沢、能登へと来ている。
そもそも、今日の夕方、能登にある
能登演劇堂という場所で、尊敬する
仲代達矢氏の舞台「いのちぼうにふろう物語」を
観るためだ。
その舞台のことは、
また次回のブログで書くとして、
昨日、金沢に入ってからの件。

前日、土曜営業を終えて、
さすがに朝早くから出ることも出来ず、
昼一番の新幹線で金沢へ。

金沢は3度目で、最初はもう20年ほど前。
その時は千里浜を車で飛ばしたりしていた。
去年は友人たちと、ゆっくりと観光。
兼六園や21世紀美術館、茶屋街などを
楽しんだ。

今回は演劇堂に行く途中で
寄ったので、以前から聞いていた
日本最大級と言われているゴールド・ジムの金沢店に
行く、ということを目的にした。

どれだけジム好き?と言われるけれど、
過去、海外でも国内でも、夜少し時間が空くと
除いてみるのが楽しみ(狂ってる笑)


昨日は日曜日ということで、
19時半閉店。
金沢に着いて、ジムまで30分余り。
16時過ぎに入って、ゆっくりトレーニングをして
結局閉店直前までいてしまった。

ここがとにかく凄いのは、600坪あるという
トレーニングルーム。
いわゆる体育館を2つか
3つくっつけたような広さ。
(撮影禁止なので、HPなどから)

running_track_cut.jpg20190611134144.png

以前もジムだったらしいが、
数年前にゴールド・ジムのフランチャイズ店になり、
かつてだだっ広かったアスレチック・スペースなどに
マシンや器具をごっそりと入れたようだ。

地方だから人が少ないかなと思いきや、
東京とさほど変わらないくらい人がいる。
それも、ボディビルダーとおぼしき人も含めて
若い人が圧倒的に多い。

驚くのは、まるでスーパー銭湯のような広い風呂。
明るいジャグジーだけじゃなく、
露天風呂もある。
ちょっと勿体無いのはこれだけの施設なのに、
風呂だけぶらりと、という一般人は
入ることができないらしく、
会員のみ、というある意味、特権。

Unknown-1.jpegUnknown-2.jpeg

逆に、ほぼ全員、トレーニングをしに来ている人が
風呂にごっそりいるワケで、
ゲイの人には目の保養になるかも。

とりあえず、来ることが出来て良かった。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:29| Comment(0) | ジム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月02日

人間の体感時間

あっという間に10月になった。
今年もあと2ヶ月。

歳を取れば取るほど、その体感時間が
短くなる、と言われている。
どうやら、ジャネの法則とかによると、
人生を90歳(だとすると長過ぎるかもだけど)と
すると、体感的な人生の半分、
というのは20歳前後らしい。

だからか、どうか、わからないけれど、
昨日九州から来てくれたコウスケ君は
「自分の体感時間を伸ばすために、
驚くような、初めての体験を
どんどんする」と決めている、と言う。

行ったことがない場所に行く、
会ったことがない人に会う、
興味を持ったことがないモノに
興味を持つ、
とにかく好奇心の幅を広く持つ、
と決めている、そう言う。

そんなこんなで、久しぶりに来た東京でも
昼間は初めての場所をとことん周り、
夜はバーで色々な人と会って話すらしい。

もちろん、それにはお金や時間もかかるけれど、
それを気にするよりも、とにかく
新しい経験を積むことらしい。


確かに、僕自身も「体感時間を伸ばす」
という気持ちはなかったものの、
知らず知らずのうちにそういう日々を
送らせてもらっている気がする。

店で毎日色々なお客さんと話せるし、
数ヶ月に一度、今は国内だけれど、
旅行もする。

これを書いている今日も金沢、そして
明日、能登に行くための新幹線の車中だ。

というわけで、明日の月曜日(3日)は、
店は休業となるので、よろしくお願いします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 13:31| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月01日

お知らせ

ウクライナ問題やら、円安やらで、
シャンパン類の入荷のめどがたたない上に、
数多くのお酒がどんどん値上げされている。

加えてコロナでお客さんも以前ほどは
戻ってきていなくて、土曜日の
スタンディングのショット営業もままならず。


そんなこんなで、大変申し訳ありませんが、
本日、10月1日から、若干の値上げを
させていただくことになりました。

今まで多くのモノが1杯800円だったのが
900円に。それ以外のアルコールも
モノに寄っては若干の値上げとなります。

また、ボトルも同様となります。

ただし、ノンアルコールだけに関しては
据え置き、ということにいたします。

大変心苦しいですが、何卒よろしくお願いします。


加えて、これはまったく料金とは関係ないですが、
明後日、10月3日は店は休業となりますので
よろしくお願いします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:21| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月30日

「デブ」という言葉の使いかた

昨日二人で来てくれたのが、常連の
カツヤと、たまに来てくれるコウシロウ。

彼らは今までも何度も会っているけれど、
つい最近行った「デブ専ナイト」という
イベントでバッタリ会ったのだと言う。

普通体型のカツヤは
そのイベントも友人と
待ち合わせをしていたそうだ。

カツヤは結構身体が大きい人が好き、
というイメージがあり、みんなや僕からも
ついつい「デブ専」呼ばわりをされている。

しかし、本人いわく、別にさほど
相手の体型は気にしない、と言う。
「しかし、性格が合うけれど、とても細い人は
どうなのか」と尋ねると、やっぱり
本人、無理かなと首を傾げてしまう(笑)

コウシロウいわく「別にいいじゃない
デブ専はデブ専として生きていけば」と。
そんなコウシロウ自身はガッツリと大きい。

コウシロウいわく、デブのデブ専は8割くらいで
あとは普通体型から細身が好きだろう、と。

前にもここに書いたけれど、確かに
普通体型だった人でも、太っている人が好きだと
どんどんその人自身、太っていく傾向にはある。

ま、そういう話をしていて、太ってもいなければ、
それほど大きい人が好きではない人間(僕も含めて)は、
ゲイの世界の中で、太っている人を「デブ」と
称して良いのか、どうか。

皮肉をこめて「お前、デブ専だろ」と言う人もいれば
友人を指して「彼、デブ専だから」と言う人もいる。

「太っている>デブ」
「痩せている>ガリ」
という構図が普通にあるワケで。

そんな話を、二人としていると、
これは、ゲイが自分を「ホモ」とか「オカマ」や
許されるけれど、ストレートが言うと、
差別になる、というようなニュアンスと
同じなのかも知れない。

今さらながらの話だけれど。。。笑

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:50| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月29日

動物が怖い

昨夜来てくれたケイタ君とジロウ君、
二人とも30歳で、ケイタ君は
長い間、実家で犬を飼っていて、
また、一人暮らしになって猫を飼った。

人がうちに来ると、猫は隠れたりするけれど、
慣れてくると、出てきてゴロゴロするのが
とても可愛く、嬉しいのだそうだ。

ジロウ君とはカップルではなく、
ただの友人らしいのだが、
ケイタ君はジロウ君の部屋には遊びに行くが、
ジロウ君はケイタ君の家には行かない。

それは猫がいるからだそうだ。

ジロウ君は猫アレルギーというワケではなく、
子供の頃、大きなカラスに襲われて、
それからというモノ、生き物が
本当に怖くなって、近寄れないのだと言う。

ジロウ君の実家では、犬や猫のペットを
飼ったこともなく、鳥や魚でさえ、
絶対触ったりすることができないのだそうだ。

とにかく怖い。
鳥のはばたき、魚の鱗、猫の目つき、
犬の歯や吠えかた etc
もちろん、虫もダメ。

たまに街でネズミなど見かけた日には
大変だった。
田舎に行くと、さらにハクビシンやイタチなど
出てくると怖いから行きたくないのだそうだ。

動物園に行ったのは、カラスに襲われる前、
幼少時代に一度だけで、それ以降、
学校の行事でも行っていないと言う。

この空前のペットブーム(ホント?)の中で
こういう人もいるんだなあ、と思った。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:58| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月28日

出会って4ヶ月 これからの未来

一昨日、初めて来てくれた
41歳 ヨシト君と21歳 シゲル君は
まだ出会って4ヶ月というカップルだ。

ガッチリムッチリのヨシト君と
細めのスジ筋タイプのシゲル君は
ジムで出会い、ヨシト君が声をかけたらしい。

二人の外見もそうだけれど、
性格もまったく違うのだそうだ。

あっけらかんとして、元気の良いヨシト君は
生まれてこの方、人見知りをしたことがないと言う。
くわえて、何に対しても、大雑把だし、
楽しいことと、体を鍛えることが
食べることなんかが大好きだと言う。

シゲル君は若いけれど、落ち着いていて
ささやくように話をする。
そして何に対しても神経質過ぎるほど
きめ細やかで、きちっとしているらしい。

ヨシト君は、同世代のガチムチの人たちから
モテるらしいし、
シゲル君は、ずいぶん年上のおじさんから
声がかかるらしい。

だから、多くの人たちはこの二人を見て
とても珍しい組み合わせのカップルだと言う。


そんな風評など、どこ吹く風。
普段であればだいたい、
ヨシト君の家に泊まるらしいけれど、
翌日(つまり昨日)は、二人とも休みを
とったので、初めてのラブホ体験をするのだと
「今日は朝までですよ!」と
ニコニコしながら、店を出た。

20歳も離れてはいるものの、僕から見ると
若い二人で、なんとも気持ちが良い。

特にシゲル君にとっては、まだまだ長い人生。
ちょっとでも長く付き合いが続けば、そう思う。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 17:35| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

久々のストレート・バー

つい最近、知り合いが行っている
ストレート相手のバーに行くことがあった。

そこには僕と同世代の中高年二人や、
40代のおばちゃんのようなよく喋る男性、
あと20代男子学生が二人と、
30くらいの女性がいた。
また、僕と同時に30歳くらいの
サラリーマンが入った。

それぞれ話をしているけれど、
そのリーマンが入ってから、
それほどしないうちに
中高年のうちの一人が
「仕事何をやってるの?」と聞いて
名刺交換などしている。

え?何か仕事の依頼?と思って聞いていたら
まったく関係ないようだ。
それから仕事についての話が盛り上がる。

なおかつ、20代の男子学生の一人は緊張し、
もう一人はよく喋り、笑いながらも
当然ながら、ものすごい敬語で話す。

どこか、うちの店と同じようで、
何かちょっと違う。

少なくとも、名刺交換や各々の仕事の話を
することはほとんどないし、
ここまで敬語を使う若いコはいない。
そこまでタメ口ということではないけれど、
やっぱりそことはかなり違う。

欲も悪くも改めてゲイバーと
一般のバーは違うんだなあ、そう思った。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6
posted by みつあき at 19:00| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

遅く咲いても幸福に

うちの店に、年に数回、40を過ぎて
初めてこの世界を知った、という
お客さんが覗いてくれる。

昨夜初めて来てくれたアキジさんは
58歳。
結婚生活30年近く送ってきて、
子供も二人。

他の多くの人たちと違うのは、
若い頃からゲイだとわかっていたワケでもなく、
かと言って、結婚した途中で
なんらかの事情でこちらの世界を知った、
ということでもないらしい。

若い頃から何となく男に興味があったような、
なかったような。
そして結婚後も、そういうビデオを偶然に
見つけて、観たもののの、こちらの世界に
入ってこよう、という気持ちにもならなかったらしい。

とは言え、ネット社会で、色々観たり、読んだり
しているうちに、おそらく自分はこういうことを
求めていたのだと気づき出したのは、
すでに50代。


ゲイだから、というワケでもなく、
仕事だとか、色々な理由を作って
去年の年末に家を出て、一人暮らしを始めたそうだ。

それから何軒かのゲイバーに行ったり、
一度だけハッテンサウナにも行ったと言う。

この年齢になり、驚くことも山ほどあったけれど、
少しずつ受け入れていこうと。

ただ、まだしっかりとした経験もないから
仮にそういう関係になったとしても、
どうしたら良いかもわからないと言う。

人々から相手にされるか、どうか
心配は山ほどあるようだ。

いずれにしても、たぶんもう引き返せない、
そんな気がするようだ。
一度きりの人生。
悔いなく、幸福に花開けばいいなあ、
そんなふうに思う。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6
posted by みつあき at 17:49| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月24日

インスタグラムに映えるアートな魅力

昨日は台風接近ということで
土砂降りと静寂が繰り返されていて
それでも多く来ていただいた
お客さんたちに感謝。

ちょっと驚いたのが、随分前に
何度か来てくれた50代マッチョなトキオさんと
やっぱり同世代の画家のシオミさん。

シオミさんはおそらく僕は初対面で
彼が先に帰られて、その後、トキオさんに
彼が僕も知っている
アートデザイナーだと聞いてびっくり。

彼の作品はゲイの中でもかなり有名で
つい最近も個展をやられていたばかり。


トキオさんは、鍵をかけているものの、
スタイリッシュな自身のヌードや
素晴らしい花や愛馬の写真などを
アップされているインスタグラマー。

その彼の写真をインスタ見て、
シオミさんはそれを元に絵を描き、それを偶然
トキオさんが見て「あ、これ、俺だ!」
ということでつい最近会われたそうだ。

トキオさんのインスタグラムをじっくりと
見させてもらった。

花の花弁を美しく撮った写真の合間に
彼の見事な姿が映える写真が並ぶ。
見かたに寄ってはナルシズムの極地(笑)と
いうふうに取る人も多いだろう。
しかし、彼の肉体表現、そしてしっかりと決められた構図、
そしてそのシチュエーションなどは
これぞ、インスタグラム!というような
アート作品を観ている気にさせられる。

エロチック、というよりも
極上のモデルを名カメラマンが
撮影している、という感じだ。

それがほぼ自撮りだというのは
ちょっと信じ難い。

久しぶりだったせいか、ゆっくり
話すことが出来て良かった。そう思った。





posted by みつあき at 19:21| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする