2020年08月19日

好きな仕事をやる、ということ

昨日、久しぶりに役者をやっている友人と
連絡を取り合った。
彼は舞台を中心に仕事をしているが、
コロナ禍の中で、まったく
仕事が出来ていないようだ。

3月にやっていたリハーサルは
すべてなくなり、もちろん本番もなし。

9月から始まる公演も、
席を埋められないため、
完璧に赤字で、ギャラも出るか、
どうか、不安だと言う。

役者ばかりではなく、
音響、照明、映像その他
多くのスタッフが仕事がなくなり、
みんなアルバイトをし出したようだ。

特にまわりの役者連中は、
普段でもその仕事で
食べていけるのはひと握り。
彼らがアルバイトしていた飲食店も
人員を減らしているため、
路頭に迷っている人も多いのだと。

非常にショックを受けていたのは
友人のアルバイト先の同僚に
そういう話をしたら
「まあ、好きなことやって生きているんだから
自業自得じゃないの?」と言われたのだと言う。

好きなことをやる、ということは
もちろん多くの責任も伴うと同時に
もちろん喜びもある。
しかし、その職業が法に
触れているワケでもないのに
そういう言い方はない、そう思う。

しかし、世の中、自分が好きなことを
一生懸命やっている、ということに対して
そんなふうに思う人たちは
ひと握りいる。

自分はこれほど大変な仕事を
イライラしながらやっているのに、
君たちは楽しい日々を送っている、と。
そこにはやっかみや嘲笑や
ありとあらゆる感情が
入り混じっているのかも知れない。

いずれにしても、この状況が
いつまで、どこまで続くのか。
飲食をやっている自分も含めて、
気の重さを持ちながらも、
自分がやりたいことをやっているのだ、
というプライドは捨てずにいきたい、
改めてそう思った。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 14:50| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

亡き父と姿なき息子と

ボディビルダー(とは言っても、もちろん
ちゃんとメインの仕事がある)
マサムネちゃんが、半年ぶりに来てくれた。
「お!!身体、また大きくなったね」と言ったら、
「いやあ、7キロくらい太っちゃったんです。
トレーニングも3ヶ月ほどしていなくて」と。

これくらい大きくなると、筋肉なのか、
贅肉なのか、ちょっとわかりづらい。
僕から言わせると、太ることが
出来る人は羨ましい(笑)


そんなマサムネちゃんと色々話していると、
父子家庭だった彼は、お父さんから
とっても大切に育てられたらしいが、
そのお父さんも一昨年、
お亡くなりになった。

若い頃、水泳のコーチをしていた彼は、
子供たちに教えながら、
ああ、自分も結婚していたら、
これくらいのコがいるんだろうなあ、
そう思っていた。

自分に子供がいたら、お父さんも
とても喜んだのに、と思うと
辛くもなり、残念にも思うらしい。

そして、近年、うちの店に来る
25歳前後のコたちを見て、
「あの時、自分が教えていたコたちが、
今はこれくらいに
なっているんだなあ」
そんなふうに思うと、愛おしさが募ると。

その愛おしさが、恋愛や性的なモノなのか、
それとも、単に子供を作ることが
出来なかった悔恨なのか、
よくわからなくなったりするとのこと。

そういう気持ちをふりきるために、
またボディビルを頑張っていかなければ、
そんなふうに呟いていたマサムネちゃんだった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 13:05| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

巨根伝説 美しき謎

昨夜は、映画好きなサチオが貸してくれた
日本初のゲイ映画(と言うよりも、
ゲイ専門映画館などにかかっていた
最初の薔薇族映画と言ったほうが
良いかも知れない。)の話になった。

サチオは、アメリカから宅配便で
"Beautiful Mystery"というタイトルで
購買したと言っていて、借りて観てみると
なんと「巨根伝説 美しき謎」だった!!

Unknown-4.jpeg


「なんと〜だった!!」というのは、
実は僕が前いたビデオ会社で、この映画の
中村幻児監督、そして脚本を書いた
望月六郎監督らと知り合ったこともあり、
当社でビデオリリースした、ということを
思い出したのだ。

上は当時の映画館でのポスターのようだが、
下が当社で出した時のビデオ・パッケージだった。

img598.jpg

しかし、当時、僕は完璧にクローゼットであり、
どうしても観ることが出来ずに、
なんと今日まで来ていたのだ。

ただし、この映画に出演している長友達也という
俳優は当時、ゲイの間でも話題で
その前後に映画館で上映された
「薔薇と海と太陽と」という映画は
当時の新宿東映パラス(現在のバルト9が
入っているマルイのあたり)で観た覚えがあった。
調べてみると、彼も、もう67歳となっている。

そう。資料によると、「巨根伝説」よりも
この「薔薇と海と〜」のほうが1年早く、
それも「白い牡鹿たち」と「薔薇の星座」との
3本立てだったらしいので、実質的には
こちらのほうが最初の薔薇族映画だったのかも。

「巨根〜」はENKという大阪のピンク映画会社。
その会社で作られた初の、という意味だったのかも。


さて、この映画、なんと三島由紀夫と楯の会の
パロディで、それも三島ではなく三谷麻紀男を
去年亡くなった大杉漣氏が演じている。

「左翼は思想だ。右翼は心情だ。」と言いながら、
日の丸の前で、日本刀でお互いの腕から
流れる血をすすりあいながら、六尺で
まさぐり合う、という流れ。

Unknown-5.jpeg

「自分はゲイボーイじゃありません!」という
入隊したばかりの青年に、
「化粧とは、闘いに挑む男たちの心意気だ」
というような檄を飛ばしたりする(笑)

これ、右派の人たちが観ると、どう感じるんだろう。

以下、ネタバレになってしまうけれど、
(観ようと思う人は読まないで)





結果的に、自決の日に、二人の隊員は
寝坊をしてしまい、その2年後、
2丁目で女装をしている、という結末。。。

自分を受け入れた、ということはともかく、
女装になっている、というのが、
いかにも当時の日本らしいと、
笑っていいももやら、という気持ちで観た。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

BBQ帰りの卒業生たち

毎年、この時期に、
店を手伝ってくれていた
若い旧スタッフたちが
集まって、バーベキューをやっていると
いうのは、よく耳にしていた。

まあ、僕は店もあるし、
年齢もグ〜ンと離れてもいるので、
あとで見せてもらう写真などから
その楽しそうな雰囲気を見て
ほくそ笑む日々だったりする。

例年はその帰りに、うちの店よりも
もう少し広い店を選んでワイワイと
やっているらしいけれど、
昨日は、コロナだということもあり、
みんなで寄ってくれた。

僕よりも10歳も、20も、30以上も
違う若い旧スタッフが、その年、その年、
店を手伝い、支え、周年パーティの
準備などに精を出してくれたりし、
仕事や色々な事情で
いつかは辞めることになる。

それでも、その多くは店にふらりと
来てくれたり、友好を深めたりしてくれることは
とても嬉しいことだ。

それはもちろん、スタッフに限らず、
お客さん同士が、うちの店で繋がり、
仲良くなってくれることもそうだ。

それなりの大人数、
それもBBQ帰りということで
多くはベランダで飲んだりもしていたが、
他のお客さんたちに、ちょっと迷惑を
かけたかも知れない。
来ていただいていた方で
うるさく思われた方には
申し訳なかった。

店に入ってくれたスタッフは
この13年で、軽く50人を超える。
その中で何らかの流れで今でもこうして
繋がっているのは、店主としては
本当に有難い、そう思う一夜だった。
これからもこういう交流がずっと
続いていくと良いなあ、そう思った。


本日、15日、日曜日から、
今月いっぱいまで、また18時オープン、
22時までの営業となります。
よろしくお願いします。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F






posted by みつあき at 12:27| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

男探しの日々

昨日の昼営業、一番に来てくれた
ヒロシ 34歳は、コロナが始まる直前に
前の男と別れた。

つきあって半年で理由もよくわからず、
別れを切り出されたのだそうだ。

生まれて二度目の恋愛で
今度こそうまく行くと思っていたが、
残念ながらダメだった。
落ち込んでるヒマもなく、
とにかく早く次を探そうと焦るばかり。

彼は、早く相手を見つけたい、
そして一緒に住みたい、と思うヒロシは
かなり恋愛至上主義。

2丁目の店がほとんど閉まっていたり、
時間短縮営業だったりするから、
出会い系SNSにどうしても頼ってしまう。

良いと思ったら、メッセージをする。
返事があると、出来るだけ早く会おうとする。

しかし、なかなかそこまで漕ぎ着けるというのが
大変なのだそうだ。
ズルズルとチャットばかりが続き、
いつ会えるか、という問いかけには
なかなかきちんとした返信がない。

ヒロシの横にいるショウスケは、
「それ、普通ですよ」とつぶやく。
「ほとんどが暇つぶし、かつ
付き合う気はほとんどない人も多いです。」と。

確かに、ヒロシがやり取りしていても
「こんにちは」のあとのチャットで
「会ってやりませんか?」という
いわゆるヤリモク、というのが多いとのこと。

モテ筋のヒロシだから、そういう相手が
寄ってくるのはいたしかたがない。

いくら写真がかっこ良くても、
一度会ってやって、さよなら、は
絶対嫌だと言う。
ここは、たぶん大きく別れるところだろう。

悲しいかな男という動物の多くは
かつては種の保存のため、という名目のもとに
いかに性欲を満たすか、というような
生き物なのだから。

とは言え、ヒロシのように必死に
恋愛を求めている人ももちろん多い。
かつての僕だって、2丁目よりも
好き嫌いがわかりやすいハッテン場に通い、
ことごとく、セックスオンリー、というところで
落胆していたものだ。

「いや。とにかく理想の男を追い求めます!」
と心強い言葉で、夕暮れの町にヒロシは出て行った。


さて、本日の15日、土曜日でBridgeお盆営業もおしまい。
今日は15時から22時。明日から18時から22時となるので
お間違いないよう。。。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 13:06| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

コロナ入院の話

古くからの友人でもあるアメリカ人のベンが
昨日、今年初めて、店に来てくれた。

ベンはもう35年以上日本に住み、
永住権も健康保険さえ持っている。

彼は去年の年末、
言葉を勉強するために
スペインに行ったが、2月、あちらで
新型コロナウィルスの感染した。

熱だけが38度ほどあったものの、
それ以外は特に問題もないので
入院をしろとは言われず、
借りたアパートで
2週間を過ごしたと言う。

やっと落ち着き、
3月末にアメリカの実家に帰ると、
そこもロックダウン中。
どこもかしこも閉まっていて
ほとんど家にいた。
スペインも含めてほぼふた月半、
ほぼ悶々とした日々を送っていたのだ。

日本にいる友人たちに、日本は比較的自由だ、
と耳にして、何とか日本まで戻って来ようとしたらしい。
しかし、彼が住む場所から羽田へは
なかなか直行便は飛ばない。

結局、カナダも含めて、4箇所ほどを
軽油して、東京に戻って来た。
そして羽田空港で、2ヶ月前にスペインで
感染したことを告げると抗体はありながらも、
なんとPCR検査でまた陽性と診断された。

そこから、緊急入院。
スペインの時よりも、かなり楽だったが
2週間の入院を余儀なくされた。

個室で、防護服を着て診てくれるお医者さんや
看護師さんたちには非常に頭が下がったと言う。
食事は美味しくないけれど、
Uberイーツなどは自由に頼める。

一週間ほど経った時に、ベンはふと
保険はあるけれど、個室。
大体いくらくらいになっているのか気になり、
会計の人に聞いてもらうことにすると、
全額、国の負担なので無料ということがわかった。

ちょっと胸を撫で下ろしながら、
自宅待機をせざるを得ない若いお金が
ない人たちは食費の心配も含めて、
大変なことを思うと、複雑だと語っていた。

退院して、3週間が過ぎようとしていた
ベンだが、感染した経験者の話は
色々、考えさせらることも多かった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 12:57| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

映画から思い出した中国の友人のこと その2

昨日の店のトピックスもあるけれど、
ひとまず、昨日のブログの続き。


上海から亡命してきたチョウとは、
家が近いことや通っているジムが
同じということもあって、
よく一緒に食事や飲みに出た。

そして見る見るうちに、彼の日本語は
素晴らしくなっていった。

筋肉質で、ハンサムなチョウは
どこに行ってもよくモテた。

そんな折り、彼の中国に住む
著名なピアニストのゲイの友人が
同性愛行為が見つかり、
中国本国で投獄されたことを知り、
チョウは非常に落ち込んでいた。

いつか、もし自分が中国に帰国したら、
自分はどうなるのか。
先行き不安だということもあり、
チョウは、レズビアンの友人と結婚をした。

固い家で育った彼女は、婚姻の証明が
欲しかったし、チョウは永住権を
獲得するためだったと言う。

元々、頭脳明晰、かなり優秀だった
チョウは、どういう流れなのか、
わからなかったが、日本の外資系の大手に
就職をして、バリバリと仕事を始めた。
まだ言葉もままならなく、八百屋で
アルバイトをしていた時のことが嘘のようだった。


それから何年も経ち、
チョウは何人かの恋人と
付き合ったり、別れたりしながら、
多くの人が彼を日本人だと
思うほどになっていた。

しかし、ある時にチョウが凄い表情で
「日本を離れなければならなくなった」そう言った。

よくよく話を聞いてみたら、
情緒不安定だった、チョウの奥さんが
自殺をしたのだ、ということだった。

彼女と結婚していながら、
帰化していなかったチョウ。
役所に呼び出されて行くと、
「すぐに日本を出て行ってください」
ということだったと言う。

役所では、隣にアメリカ人や
ヨーロッパの人たちがいて、
同じ内容でも、彼らと中国人のチョウに対しての
役人の接し方はまったく違っていたのだそうだ。

23歳から43歳くらいまで
20年以上住んで大好きだった日本を
こういう形で追われる、ということは
非常に悔しくも残念だったようだ。

彼が20年日本にいる間に、
中国もずいぶん変化を遂げた。
それでも、彼は中国に帰ろうとはせずに
オーストラリアに移住を決めた。

それから何年経っただろう。
僕が初のオーストラリア旅行に
行った時、彼の住む
ゴールドコーストに立ち寄った。

彼ホテルチェーンの副社長をやっている
オーストラリア人の恋人が出来、
プール付きの豪邸で暮らしていた。


彼の数奇な人生。
色々な意味で、彼がとった行動を
避難する人も多くいるのかも知れない。

しかし、彼がそうせざるを得ないほど、
中国の文革で彼に与えられたショックと
トラウマ、そして人権の問題は奥深いようだ。

彼がオーストラリアに渡って、
もう20年近くなる。
コロナのこともあって、
先日、ものすごく久しぶりに
電話をしてみると、日本語を話すのが
久しぶりだと、チョウは嬉しそうに泣いていた。

今度、彼に会うのは、いつになるのだろう。
あのマッチョなハンサムガイは、
まだまだ健在なのだと良いのだけれど。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 11:07| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

映画から思い出した中国の友人のこと

昨今、アメリカとの確執や、香港問題で
注目されている中国。

だからと言うワケじゃないけれど、
昨日、暑い中、8時間半という長さの
「死霊魂」という中国人監督ワン・ビンが
撮った映画を少し早起きして観に行った。

タイトルだけ聞くと、ホラーかと
思う人も多いだろうけれど、
(それほど長時間のホラーとか怖すぎ。笑)

1950年代後半に、中国共産党から
「自由な発言を歓迎」という「百家争鳴」という
キャンペーンがあった。
国や社会の少し気になることを
言っただけで、「右派」と呼ばれ、
収容所に送られた55万人。
この映画は、その収容所から
生存できた10%ほどの人の証言を
集め、また現地が今で亡くなった多くの
人骨などを追ったドキュメンタリー映画。
本当に凄い映画。

国家とは、思想とは、死生観とは、
そして尊厳とはなんだろうか。
そんなことを深く考えさせられた
本当に素晴らしい実録だったけれど、
この映画を観ながら、僕は
もう何十年も前に出会い、今は
オーストラリアで暮らしている
一人の中国人の友人のことを思い出した。


僕とほぼ同い年のチョウは、
中国上海からそれほど遠くない都市で
それなりの裕福な家庭で生まれ育った。
彼が多感な時期を過ごした少年時代から
始まった文化大革命。

この文革の中、彼のお父さんが
ロシア語を勉強していたことが理由で、
彼は中学、高校時代、田舎の村に送られた。

いわゆる、エリート層を農家に入れて
行われた「再教育」だ。

当時の中国でも、かなり良い暮らしをしていた
彼がいきなり牛小屋で寝ることになり、
目が覚めたら真横に牛の顔があったのが
ものすごい恐怖だったと言っていた。

彼はその数年の間で、完璧に毛沢東思想を受け、
共産党員となり、配属されたのが
上海のテレビ局だった。

ルックスも良く、身体もしっかりしているチョウは
そこで最初、俳優をやったそうだ。
毛沢東が死去して、文革が終わった彼が
二十歳を越えた頃、ニュースキャスターへと転身。
彼は多くの人に知られた顔になっていたらしい。

しかし、彼はその局に入ったおかげで、
西側諸国のあまりにも自由な生活、雰囲気を知り、
単身で日本に亡命することにした。

まだ少数の中国人しか来日出来なかった
80年代初頭、上海空港から飛行機が出た瞬間、
彼は泣きに泣いたらしいけれど、
それは故郷を離れる辛さではなく、
共産主義との別れという歓喜の涙だったと言う。

まだ2丁目に出たばかりの僕が
チョウと出会ったのは、当時、
昼間は八百屋を手伝っている彼が
夜、バイトをしていたゲイバーだった。

彼の運命は、このあとまた大きく動いていくのだが、
長くなりそうなので、この続きはまた明日。


今日から土曜日までは、15時オープン、
22時までです。お盆営業で、お待ちしております。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F






posted by みつあき at 12:26| Comment(0) | 友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

お盆初の昼営業

昨日から土曜日まで、午後3時オープン、
ということでほとんどきっかりに入って
来てくれたセイゴ君、42歳。

とは言っても、このブログはここ数年、
読んでくれていて、去年までやっていた
Bridgeカフェには何度か来てくれていたらしい。

彼は、10年ほど前に、友人たちと
離れ島に行った数日後、
ひどい腹痛になり、
それがきっかけ(とセイゴ君は思ったらしく)で、
そのあと、たパニック障害を
持つようになったと言う。

それから、あまりに混んでいる場所や
狭い場所、などに行くと不安になり、
吐き気を催したりするようになったのだそうだ。

そもそも、旅行が好きで、色々な場所に
行くのが楽しみだったけれど、
そういう理由で、ほぼ行けなくなり、
家族にも心配をかけたくないので
暗くなるまで、外出をしないようになったと言う。

だから、夜の営業日には
今までなかなか来てもらえることが
出来なかったのだと。

今は、駅までぶらぶらと歩き、
電車で数駅先の駅まで行き、
降り立って散策したりするのが
楽しみだと言う。

店では、お盆だからか、お墓の話しから
土地価格の問題、そして新宿の変化など
話の内容が多岐に亘った。

特に人見知りするタイプでもないらしく、
店で会った人たちや
僕やスタッフと楽しそうに話していたので
こういう時間が少しでも
リラックス出来、
彼の体調に良い影響になれば有難いと思った。

30代というのは、仕事も落ち着いて、
恋愛に限らず、人との出会い、
という意味では最も楽しい時期だろう。

改めて、自分のそんな若い時代の中でも
色々不満を持ち、文句を言ったりしていた。
セイゴ君の話を聞いて、
そんな事は言っていられない
20代、30代の人もかなりいるのだ、と
今さらながら考えた、
そんなお盆営業第一日目。

今日はタクヤの六尺デイ、17時から。
そして、明日から土曜日までは、
また15時からの営業となります。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 11:11| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

ジムで気になること、いろいろ

昨夜は、ガッチリのショウジ君が来てくれて、
店に来る前、僕も行くジムの
系列の「A店」に行って来たと
言っていた。

その「A店」はちょっと
都心から外れていることもあり、
非常に店舗も広いし、
会員もさほど多い感じではなく、
かなり快適だったりする。
しかし、僕がとても気になるのが、
ものすごく動線が悪いということだ。

一階から三階のフロントまでは
エレベーターがあるけれど、
そこからロッカーに入り、
着替えてからジムに行くまで
2階分の階段を上がらなければならない。

何故か、このジムエリアは
まったくエレベーターがないのだ。
そしてトレーニングを終えて
ロッカーに戻ってきて、
シャワーを浴びようとすると、別の階段で
上らなければシャワーやお風呂に行けない。

ショウジ君は、A店ではジムエリアは使わず、
プールだけなので、特に問題はない、と言っていた。

スタッフのタクヤは、
A店には行ったことがないけれど、
基本的に動線が悪いのはやっぱり嫌だと言う。

ただ、彼が気になるのは、それよりも
ジムの清潔さらしい。
とにかく、洗面台などが汚れているのが
とても気になり、いつも拭いたりする、と。

確かに。
でも、昔僕が行っていたボディビルジムなど
清潔さなど微塵もなかった。

それにしても、今、ジムでは完全にマスクを
着用しなければならない。
それでなくとも、蒸し暑い夏、
少しハードなトレーニングをすると
かなり辛い。

今やマシンやダンベルを使ったあと、
消毒液で拭き取るのは当たり前。
ストレッチマットなどの
拭き取りはコロナ以前から。

でも、このマスクや、拭き取りを
おこたる人もそれなりにいたりする。

これも、昔のジムで、汗の拭き取りさえなかった。
そう思えば、今のジムは天国かも知れない。

さあ、今日から土曜日まで
15時オープン。
それなりに注意をしながら、
来ていただければ有難い。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 12:03| Comment(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする