2022年11月14日

ゲイカップルの里親

昨日、友人カップルの引っ越しパーティーに
招かれ、そこで36歳のツグム君と
3、4年ぶりに会った。

彼は少し下のパートナーがいて、
一緒に店にも何度か来てくれていたんだが、
ツグム君カップルも近々、引っ越すらしい。

ただ、ツグム君たちの引っ越し理由が
なんと子供を里親として迎えるから、
という話だったので、驚いた。

LGBT法案が国会では、可決していない。
それでも都やいくつかの県がパートナーシップ制度を
儲けたりし、里親になりたい、
という同性愛の人間と、実親と暮らせない子供たちを
繋ごうと、日本財団は大きく動いているらしい。


ツグム君カップルは、里親になるための
いくつかのステップを踏み、
登録をし、審査を通って
あとはどういう子供が来るかを
待つだけだと言う。

とは言っても、ありとあらゆる
条件をクリアする、というのは
ストレートカップルの里親と
同条件らしく、なかなか誰もが
すぐに、というワケにはいかないようだ。

また、迎えるほうとしては、男女や年齢を
選ぶことは出来ないらしく、
新生児から18歳のどういう子供が
やってくるかは、まだわからないと言う。

ちなみに調べてみると、こういう条件を
満たされた人たちが、里親申請を
通過することができるらしい。



ツグム君は、そのために
子供部屋がある広いうちに引っ越す、
という話だったのだ。

実は、この僕も震災があった時に、
震災孤児の里親になれないかを
調べていた時には、まだ同性カップル
というのは無理、ということであった。

それを思うと、その部分では
一歩も二歩も前進しているのだ、と
ちょっと喜ばしい話だった。

あとツグム君カップルの勇気と覚悟、
そして熱意には、なかなか
胸を打たれるモノがあった。

*****************



posted by みつあき at 19:20| Comment(0) | LGBTQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月13日

海外から続々と

海外からの規制がほぼなくなったからか、
ここのところ、店にも続々と
外国人旅行者が来てくれるようになった。

昨夜もアメリカから、香港から、オーストラリアから
韓国から、そしてノルウェーから
など多数の人に来ていただいた。

中には人から勧められて、という人もいれば、
Google MAPから、もしくは検索エンジンから、
という人などもいる。


ノルウェーからのヨアキムさんは、
付き合って3年、結婚したばかりの
パートナーと、世界をハネムーン中らしく、
店中からおめでとう!と祝われた。

逆に、アメリカからのダグラスさんは、
数ヶ月前に8年付き合ったパートナーに
彼氏が出来た、と言われて別れ、
今、シングルでアジアを回っていると言う。

また、香港からの実業家のヘイワード君
(彼はまだ30歳!)は、東京の物件を探しに
来たらしく、六本木や銀座の値段を見て、
めちゃくちゃ安い!と驚く。


円が150円前後する現在。
外国人にとって、僕たちが昔、
東南アジア諸国で安い!と騒いでいた頃と
同じで羨ましい話だ。

僕が最初にNYに行った頃の、1980年初頭も、
円は同様に、140円くらいだったと思う。
ただ、その頃のアメリカの物価は
日本よりもすごく安く感じた。
確かビールが90セントくらいで
驚いたのもよく覚えている。

まあ、そんなことを考えながらも、
来ていただく上では有難いなあ、
そんなことを感じた土曜日の夜だった。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル

posted by みつあき at 17:00| Comment(0) | 海外からの訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月12日

口の中にある不思議なモノ、の話

人見知りもせず、くったくなく話す
ユウゾウ41歳だが、つい最近、
職場の近くにある歯医者に
歯のクリーニングに行ったのだそうだ。

たぶん、他の患者さんよりも、
彼のことだからフランクに
医師や看護師、衛生士などと
話はするようだ。

しかし、さすがに
口を開けていることが多いので
いつものバーや、職場のような
ワケにはいかない。

つい最近、歯を診てくれる
衛生士の女性が「あら、奥歯に
陰毛がはさまっていますよ。」
と言ったと言う。

「い、陰毛ですか」とユウゾウは
聞き返す。
「はい、陰毛です。」

ここ1週間ほど誰ともそういうことは
やっていない、何故口の中に陰毛が...

と言うよりも、そんなことをこの衛生士は
ごくごく普通にユウゾウに伝えるのが
不思議でならなかった。

ユウゾウがフランクだからか?
ただ、上にも書いたように、
ユウゾウいわく、いつもの感じは
とても発揮できていないらしい。

しかし、それでも彼のそういう雰囲気が
それとなく伝わっているからか。

いずれにしても、そんなことを
わざわざ口にする必要もない。
何がはさまっていても、衛生士なら
取り除いてくれれば、いいはずだ。

きっと、ユウゾウ以外の他の人なら、これは
一種の患者(もしくはお客さん)に対する
ハラスメントだと言うかも知れない。

とは言え、ユウゾウは、彼女が
比較的自分と近しいぶっとび系かも、と
少しだけ嬉しいような、おかしいような
気がして、医院を出たのだそうだ。

それにしても、女性の口から「陰毛」と
いう言葉を耳にしたことは、ほぼない。
それは僕がゲイだからか、
それともストレートも同じなのか。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル
posted by みつあき at 19:07| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月11日

六尺スペシャルデーの余韻

先日の六尺スペシャルデーに来てもらった
僕としては初めて会ったお客さんが
そのあと、数人、店に来てくれた。

その誰もが、本当に楽しかったと
言ってくれて、これは良かったなあと。

特にその中で若い部類の28歳の
タツヒコ君は、ずっと地方都市にいて、
東京のゲイバーは初めてと言っていた。

その初めてのゲイバーが、六尺だったので
(アプリで会った人に連れて来てもらったとか)
もうアガりまくりだったと言う。

タツヒコ君いわく、地方都市では
なかなか出会いもなく、あったとしても
すごく周りを気にしなければならない。

それと比べて、東京はなんと!と
驚いていた上に、店では
まさかこんなマッチョの人と...と
驚くばかりの出来事が。

少なくとも、店でハグし、
キスした人は5人くらいだったらしい。

今までの人生の中で1日の中で
これほど多くの自分のタイプの人に
抱きしめられたりしたのは初めてだし、
これ以降もないんじゃないかと。

確かにカウンターの中から
客観的に見ても、あっちでも
こっちでもハグしながら、会話が弾む。

とは言え、あまり激しいところまでは
いかない、というのが
(一体どこまでのことか?笑)
うちの店らしいのかも知れない。

いずれにしても、それで通常の日に
また顔を見せてくれる、というのは
なんとも有難い、そう思った。


僕はいませんが、27日の日も
六尺デーをタクヤが開催するので
よろしくお願いします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル

posted by みつあき at 20:21| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月10日

「ブエノスアイレス」のこと

映画「ブエノスアイレス」が、と言うか、
この映画を作った監督ウォン・カーウァイの
特集上映が、大変な評判で、まさかの
上映時間を多くし、なおかつ劇場も増やし、
拡大公開をした、と聞いた。

僕も15周年のバタバタで、再見することが
出来なかったけれど、観に行ったお客さんは
あまりにも混んでいて、驚いたと言っていたから
本当にヒットしたんだろう。

「ブエノスアイレス」と言えば、
僕は日本で初めて公開された時にも観に行ったけれど、
その前に観に行ったことがあった。
それはもうずいぶん前のブログに書いていた。



店に来てくれるショウヤちゃんは、
「ブエノスアイレス」が好き過ぎて、
アメリカに転勤で行っていた時期に、
アルゼンチンに行った。

映画に登場するバー"SUR"にどうしても
行きたかったということで、
このタンゴが流れる店に到着した瞬間、
鳥肌がたったのだそうだ。
店主はずっと変わらないらしいのが凄い。

なるほど、開業55年というお店のホームページを
見ても、素晴らしい。


そんな話を聞いて、是非とも
アルゼンチンに足を運びたい、
僕もそう思った。
それにしても、この円安。。。
どうにかならないものか。
posted by みつあき at 23:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月09日

異国でノンケ、帰国でゲイ!

先日の六尺スペシャルデーに
来てくれたセイヤ君が、
一昨日、改めて来てくれた。

スペシャルデーの時は、混み合っていて
忙しかったので、ろくに話も
出来なかったけれど、
一昨日はゆっくり話すことが出来た。


とても限られてしまうことなので、
ここで国は書けないけれど、
なんと彼は英語圏以外のとある国に
子供の頃から興味があり、
懸命に勉強をしたようだ。
そして、大学を卒業し、
その国に留学、その後、念願叶って
翻訳や通訳の仕事に就いたと言う。

もちろん、その国も始め、
周りの国もずいぶん回ったらしい。

10年ほど前までいたその国だが、
ゲイシーンはどうだったか?と
尋ねると、実はその頃、ストレートだったらしく、
あちらの国で結婚をしていたと言う。

どういう流れで離婚したのかは
聞き忘れたが、日本に帰国して
ネットの情報からゲイのことを知り、
俄然興味を持ったと言う。

よくよく考えてみると、子供の頃から
ずっと興味があったような気がするらしい。

多くの元ストレートの人から
よく耳にする話だ。

いずれにしても、それから間もなく
ゲイ男性と知り合い、
なんと一緒に住んで、10年近いそうだ。

これまた凄い話だ。

セイヤ君のガッチリとしたガタイや
爽やかなルックス、それに加えて
外国語が何カ国が話せ、
それを生かした仕事をどんどん
こなしている。

おそらく、そういう部分に惹かれたんだろう。
いつも書くけれど、色々な人生がある。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル
posted by みつあき at 15:57| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月07日

初めての恋心?

昨夜来てくれた常連のアツシは、もう30手前。
うちに来てくれ始めた5、6年ほど前から
かつて人を好きになったことがない、
というのが口癖だった。

好きになりたい、という気持ちもないし、
いわゆる恋愛の切ない、という気持ちも
わからない、そう言っていた。

とは言え、セックスは人一倍やっている。
ある意味、刹那的で、本人いわく
「愛情というモノを感じたことがないから、
自分もわからないのだと思う。
そういう意味じゃ、いつ死んでもいい」とうそぶく。

別に恋愛だけが人生ではないし、
セックスを除いても、楽しいことだって
たくさんある、と僕が言ったところで、
本人にはガツンと響かないようだった。


ところが、そんなアツシが昨夜、
ひょっとしたら、ある人を好きになるかも知れない、
そう思う人が出て来た、とつぶやいた。

彼は中高年がタイプで、セックスする中でも
既婚者を選んだりしていた。
どこかゲイの社会よりもストレート社会で
生きている、いわゆるノンケっぽさを
好んでいた部分は、他のゲイよりも
さらに強い感じはあった。

僕は、「え?それは50代?既婚者?」と
尋ねると、それが同世代だと言う。

それもオシャレ好きなアツシとは違い、
特にそういうことを気にしない
地方都市から出張で来た人らしい。

会うのは3度目で、昨日、日曜日の昼間
楽しい半日を過ごしたと中で、
はっきりと告白されたらしい。

今まで、そういう言葉を言わせないようにしたり、
仮に言われても返事は適当にしていたアツシ。

しかし、今回は、今までには想像したことがない
何とも言えない安心感を感じたのだと言う。
とりあえず、照れながらも
首を縦に振ったようだ。

それが本人がわからない、と言う
切ない恋愛に繋がるのかどうか、
わからないけれど、相手からの
ラブコールに、懸命に応えようとしている
自分がいる、と言っていた。
日曜日の深夜、素敵な話を聞くことが出来た。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル
posted by みつあき at 19:25| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月06日

店の携帯の不具合

ここ数週間、店でクレジットカードや
PayPayなどコード決済をしている
携帯が、何とも調子が悪かった。

電源コードを抜くと携帯自体が切れてしまい、
そのたびにIDやパスワードを
入れなければならず、
お客さんには迷惑をかけたりしていた。

それが昨夜、店に行くと、
携帯が充電器に刺さっているにも
関わらず、まったく充電されていない。

昨日は土曜日で、コード決済の人が
多いはずだ。
焦って、僕自身の携帯を繋げようと
考えたが、僕以外のスタッフが入った際、
それを使うことが出来ないということに気が付く。

いやはや。
そんなこんなしているうちに、
オープン時間になり、お客さんたちが
どんどん入って来てくれる。

しかし、昨日という日に限って
有難いことに、クレジットも
コード決済もまったく入らない。

ちょっとお客さんが少なくなった深夜、
色々考えて、今、メニューに使っている
iPadを繋げてみようと気が付く。

しかし、それからが難関。
うちの店が契約している決済サービスの会社に
iPadを改めて登録するのに、
ありとあらゆる申請を改めてしなければ
ならないと気が付く。

いつも、こういう自体にぶつかると、
本当に頭を抱えてしまう。
おそらく、僕の年齢で、こういうことを
スイスイと出来る人はどれほどいるのだろうか。

結局、今日、改めてサービスセンターに
電話をして、改めて申請する、
ということにした。
いやはや。。。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月05日

15周年企画 六尺デースペシャル

一昨日の文化の日。
この日は、15周年企画として、
8年間、親しまれた六尺デーの
スペシャル版を開催することになった。

8年前、タクヤが企画して始まった
このイベントは多くの六尺好き、
裸飲み好きが月1回集う日として
楽しんでもらってきた。

僕も過去一度だけ、遊びに来たついでに
手伝ったこともあったけれど、
その時に感じたのは、裸になる、ということで
普段洋服を着ている時には、話さないような人と
近しくなれる、ということ。

また、やっぱりエロとゲイ、というのは
切っても切り離せないモノだなあ、ということ。

あと、来ているみんながここまで楽しそうに
している、という高揚感、
これはなかなか通常営業ではないなあ、
そう思ったことだった。


そして今回。
いつもの六尺マスター、タクヤ、
そしてスタッフのヒロヤ、ヨシ
という強力を得て、4人でお客さんを迎える
ということにした。

それにしても、当然ながら、六尺は
裸飲みに慣れている人たちは、
さっさと着替え、楽しく飲んでいるサマは、
以前に見た時以上だった。

それも細身の人から、マッチョ、ガチムチ、
そして太めまで色々なタイプがおり、
年齢も20代から60代まで幅広く来ていただいた。

そして、せっかく周年イベントだから
何かやろうと企画したゲームタイム。

よくこういうイベントでやられるマッチングは
ありがちだなと思い、それなら特にタイプに
近い人たちがハグチューする、というゲーム。
選ばれた人が、年齢、身長、体型、髪型のように
どんどん絞っていき、残った一人と
壇上でハグチューをするお遊び。

この2回のゲームタイムを挟み、
20時以降は通常よりも
ぐっと暗くなった店内で、
それぞれロマンチックかつ
エロチックな夜が繰り広げられた。

当日飲み放題だったこともあり、
僕も15年の中で、ここまで次々と
お酒を作り続けたこともなかったけれど、
愉しそうなお客さんたちの表情を
見ているのは、幸せだった。


月1度の六尺デーは今月ももう1度(11月27日)あり、
この後もまだまだ続くけれど、
またこれに変わるエロチックなイベントを
周年とは別に開催してもいいなあ、
そんなことを思う一夜だった。

来ていただいた皆さん、
ありがとうございました。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:52| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月04日

大切な新宿2丁目の先輩の逝去

本当は、昨夜の六尺デー・スペシャルのことを
今日のブログに書こうと思っていたが、
ここに来て、驚く訃報が飛び込んできた。

一応、その方に最も近い人からの了承を得て、
このブログに書かせてもらうことにします。

なんと、僕が若い頃に通った店、九州男さんの
元マスター、まっちゃんがちょうど一週間前に
お亡くなりになった、ということだ。

おそらく、九州男さんというお店は
45年も営業を続けているというだけでなく、
ゲイの中では、伝説とも言えるお店だった。

僕が最初の行ったのは、35年、いや、
40年近く前だったかも知れない。

当時の九州男は、女性は入れず、
それこそ短髪の野郎系のようなおじさん
(今の僕よりもきっと若い)や、
兄貴たちが飲んでいた。

他店では、オネエ言葉をまくしたてる
おばさんのようなお客さんが
「最近の若いコはねえ!」とか
説教をされる時代だった。

でも、九州男は黙々と飲んでいるか、
楽しくカラオケを歌っているか、
また店の片隅にあった
ピンボールマシン(!!)で
遊んでいるか、という感じだった。

そこにまっちゃんが「あ〜ら〜、
あにき〜、お元気?」と挨拶してくれる。
そんな素敵な挨拶とは真逆に
まっちゃんはバレーボールに水泳に、と
スポーツマンで、本物の野郎系
ということもよく知られていた。

フレディ・マーキュリーが店に来た、
ということは巷で噂だけれど、
ちょうどその時のクイーンのライブを観ていて
その直後、その話を聞いて、
地団駄を踏んだ思い出もある。

うちの店に来てもらった時も
「あ〜ら〜、うちの店(九州男)が
足元にも及ばない素敵な店ね〜!!」
なんて言ってもらえた。

まっちゃんよりも、少しだけ
僕に年齢も近い(と言っても、結構上だったけれど)
当時店に入っていたマッチョなハジメさんとも
仲良くさせてもらっていたことは
昔、ここにも書かせてもらった。

今日のブログと少し被るけれど、
まさに10年前、九州男さんのことを
こんなふうに書いていたようだ。

http://bar-bridge.seesaa.net/article/302256390.html

まっちゃんのブログを見てみると、
亡くなる数日前まで、いかにも
まっちゃんらしい文章を書かれている。


まっちゃんがとりあえず店のことを整理し、
カツキ君にマスターとして譲り渡し、
自分がしたいことをどんどんやる、と
決めたのは、今の僕よりももう少し若かったようだ。

病気になられてからのことはわからないが、
ブログを読むと、楽しく元気で
やりたいことをやられているのがよくわかって
悲しくもあり、ちょっと嬉しくもなった。

上に書いたハジメさんの時もそうだったが、
まっちゃんの偉大さにはとても
及ばないけれど、自分なりの
素敵な店を作り続けなければ、心からそう思う。


ちなみに、九州男のカツキ君に寄ると、
まっちゃんの生前からの強い意向で
葬儀や偲ぶ会などはせず、
お店としては公式の発表もしない、
ということだったけれど、
ブログには書いて偲んでくださいとのことで
書かせてもらった。

まっちゃん、たくさんの笑顔と元気を
ありがとうございました。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 19:10| Comment(0) | 新宿2丁目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする