2018年02月12日

B面で恋をして

一昨日の饗宴も含めて、連休中は
面白いお客さんが続々と来ていただいたが、
昨日の深夜1時過ぎには、驚くほどデカい
美しい女装の青年(?)が
「一人でも大丈夫ですか?」と来てくれた。

彼は、近くのカフェで
二丁目瓦版というコミュニティペーパーを見て、
「ここだ」と思って、来てくれたみたいだった。

思えば、お客さんに連れられて
有名観光バーの女装ママが来てくれたり、
ドラッグクイーンの人たちがみんなで
来てくれたりしたことはあったけれど、
ピンで完璧に女装をしている人が、
こういう風に来てくれたのは初めて。

彼はトランスジェンダーでも、
ニューハーフでもなく、
いわゆるゲイで、趣味女装。
もちろん、ドラッグクイーンのようには
なりたいけれど、そこまでの芸達者ではない
と言っていた。

しかしながら、自分の顔が頭に乗ったようなウィグと
真っ赤なハイヒールを含めると
2メートル10センチという身長には
十分、インパクトがある。

それもキラキラとした真っ白なスーツに
取り付け型のGカップとも思えるバスト。

生粋のゲイだし、ある意味
ゲイの男にしか燃えないが
近寄ってくるのはストレート男性ばかりだと言う。

だからなのか、ゲイとしての活動はほとんどなく、
2丁目近くの炉端焼き屋に一人で趣き、
ノンケ男性や女子にいじられて帰る。
その一瞬は楽しいけれど、
自宅で化粧を落とす時には虚しい。

やっぱりノンケ男性ではなく、
ゲイ男性にちゃんと抱かれたい。
でも、その時にはやっぱり女装をしていないと
自分には火が付かない、というのが
なかなかの難点だそうだ。

彼から言わせると、女装をしていない自分
(のことを、B面と言っていたが)は
本来の自分の姿、
と言うトランスジェンダーではなくて
性的な部分での女装癖というのが
とても興味深かった。


そんな彼が、うちのトイレに貼ってある
「六尺デイ」のポスターに著しく反応。

「六尺姿のゲイに囲まれるなんて、理想かも」と言う。
「でも、うちはお客さんの要望もあり、
六尺デイは、女性や女装の人は
去年から遠慮してもらうようになったんだよ」
と僕が言うと
「んじゃ、その時、生まれて初めて
B面で来ようかな」と言う。


さあ、女装じゃないと火が付かない彼が
B面姿で、相手を見つけ、
ゲイ男子として燃え上がることが出来るか。

とは言っても、彼にとっては
やっぱり敷居が高そうだ、そう言っていた。


posted by みつあき at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

連休初日、深夜の饗宴

昨夜、深夜0時を回った頃に
旅行関連の仕事をしているジョウジが
ブラジルからのガチムチ野郎を連れて来てくれた。

先日、僕がリオに行ったと言うと、
リオに住んでいる彼は、ブラジルはどう?
楽しかったか?などと聞きながら、
日本の素晴らしさなどを語ってくれた。


そういう中で、どんな流れだったかわからないけれど、
スタッフのヒデキとそのブラジリアン君が
いつものワニワニ・パニックをしようということになり、
お互いに勝負をかけながら
どんどん脱いでいくことに。

酔っ払ったブラジリアン君は
ノリノリだったので見ているほうも楽しかったが、
1ラウンド終わった頃に、
広島から来た友人二人を連れてきた4人組、
それに最近よく来てくれる27歳のマッチョヨウスケ、
そして、他店で六尺で楽しんできたという
エロ好きなコウスケがそれぞれに入店してきてくれた。

そこからなんと、総勢8人で勝負が始まった。

ワニの歯を一人押すたびに嬌声があがる。
最初はシャツを脱いでTシャツになるのも
エエ〜ッなどと言いながらも、
結果的にはどんどん脱いでいく。

面白いことに、ほぼ全員が少なくとも
上半身は裸になり、結果的にいつものように
ヒデキともう一人がパンツで前を隠すほどに・・・。
結局、3時過ぎまでゲームは続いた。

20代、30代、40代、50代が年齢差や国籍を越えて
連休初日の深夜に楽しんでいる姿は
なかなかチャーミングだった。

少なくとも、ブラジリアン君は
とてもご機嫌だった。

「落ち着いたシックなお店に」と
入って来られたお客さんはたまたまいなかったけれど、
こういう場面に出くわすと、
たじろいでしまうお客さんもいるかも知れない。

まあ、こういう面もあることは
うちの店の面白いところだと思っている。

posted by みつあき at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

愛しの禿げ頭

たまに来てくれるゴウタが
ゲイと噂がある、とある有名人作家の写真を見て
「こういうタイプというのは、ど真ん中」と言っていた。

確かに、誰が見ても良い男だ。
「面食いの人なら、ほとんど
良しとする顔だよな」と僕が言うと
「いや。僕が彼を良いと思うのは、
顔ではなく、この頭なんだよなあ。」そう言う。

まだそれほど年齢がいっていないけれど、
額はうっすらと禿げ上がっており、
全体的に短く刈られている。

こういうタイプの人は、
ほぼ自分の頭の薄さを
恥ずかしいと思い、そこに触れられると
嫌がるけれど、そこが魅力だ。

ゴウタはそう言う。

しかし、一言加えると
「禿げていても、バカは嫌」なのだそうだ。
読書好き、勉強好きのゴウタは、
かなりのインテリ好み。


そんなゴウタが、もう10年ほど前に
ネットで出会った男がまさにそうだった。

彼と会い、二度目に部屋に連れて行かれ、
そういう関係になった時は、
まだ「頭の禿げかたがいいなあ」と
思う程度だった。

相手は自分について、何も言わない。
もちろん、仕事に関してもわからない。
自分も触れないようにはしていたが
そういう意味ではとても謎がある男だったと言う。


しかし、ある時、東
京から電車で1時間ほど離れた
ある都市に、仕事で行った時に、
駅前で彼の姿を見たと言う。

なんと、彼は自費出版の詩集を
売っていたのだそうだ。

もちろん、リッチだとは言えない部屋に住み、
素朴と言えば素朴だったけれど、
それを超えるこんな部分があったとは。

自分のことを語らず、
ただ、ただセックスが楽しい程度の相手だった彼が
急に輝いた瞬間だった。

もちろん、ゴウタはそのことには一切触れず、
彼との逢瀬を楽しんだ。
不思議なモノで、ゴウタの頭の中には
地方の小さな街で刺繍を売っているこの男が
俺と一緒にベッドで抱き合っている、
そう考えただけで、
それまで寝たどんな男よりも
エロく、自分を狂わせてくれた。

きっと、自分の態度が突然変わったことに
彼も驚いたのかも知れない。

残念ながら、その関係は
それほど長くは続かなかったらしいが、
ゴウタにとって、忘れられない思い出だそうだ。

posted by みつあき at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

出会ったその日から同棲

お客さんでアメリカ人のジムは、
25年来の僕の友人だ。
そもそも、僕がニューヨークに行きだした頃、
当時の友人が紹介してくれ、
その後、舞台好きのジムと僕は
二人でNYやロンドンに行ったこともある。

旅行先で病気になったりしたことはなかった僕だが
この時、一度だけ酷い風邪をひいて寝込み、
ロンドンで観るはずだった
「スターライト・エクスプレス」を
泣く泣く断念したことはよく覚えている。

とは言え、帰国後、僕が忙しかったりしたり、
ジムに新しいボーイフレンドが出来たりして
何となく会わなくなってしまった。
特に二人の間にそういう関係が
あったというワケではなったけれど、
ゲイの友人同士では、よくある話だ。


しかし、数年前に、ひょんなことから
ジムが友人に連れられて来てくれた。
そして彼は、またよく顔を覗かせてくれ、
共に舞台の話などが出来るようになった。



さて、そんなジムが去年の年末あたりに
彼の恋人のヨリヒサ君を連れて来てくれた。

僕とジムが会っていなかった長い間に
二人は知り合い、もう16年もの付き合いとなるようだ。

そしてここひと月くらいの間に、
ヨリヒサ君も一人でぶらりと来てくれる。

昨夜来てくれた彼に、二人の馴れ初めを聞いたら、
友人のパーティだったとかで、
当時、男性経験もなかったヨリヒサ君は
まさかのアメリカ人のジムとが
ほぼ初体験だったのだと言う。

そして驚くことに、
彼は会ったその日から
ジムのうちに行き、
共に暮らしだしたのだそうだ。
もちろん、当時暮らしていた自分の部屋は
その後、荷物を取りに帰るくらいで
結局、1年くらいの家賃を
無駄にしたことになると言う。

それにしても、多くのカップルを
店で見て来たけれど、会った当日から
一緒に暮らし出したと聞いたのは初めてだ。

これからも末長く、
素敵なカップルでいてほしい。
posted by みつあき at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ケンのこと

もう6年も前になるだろうか。
結構、前から店に来てくれていた
台湾生まれだったケンは
うちの店のスタッフと仲良くなり、
周年パーティでダンスをしてくれた。

それは2年も続き、
それまでこの周年のダンスがきっかけで
店のスタッフになってくれた人も多かったので
ケンにも声をかけたところ、
まだ学生だったケンは、
勉強が忙しく、また機会があったら、
そう答えてくれていた。

その後、彼は就職。
仕事に追われ、なかなか大変な時期があったようだ。
そこから少しずつ、昇進もしながら
仕事も少し落ち着いてきた最近、
もし良ければ、手伝いましょうかと
声をかけてくれた。


ケンは、今まで入ってくれた
レオンやラファエルなどと共に
外国生まれというだけでなく、
共通して言えるのは、
とても家族思いであるということだ。

若くしてお母さんを亡くし、
お父さんや兄弟をいかに大事にしているか、
そんな話をよく聞かせてくれた。


一度、うちのお客さんでもあり
彼の友人がしばらく連絡を取れなくなったことがあった。
その時のケンの心配の仕方や、
彼への思いを耳にした時に、
本当に優しい人なんだと思ったことを
よく覚えている。

ケンの入店は明日から。
また、新たなスタッフが入ってくれることは
本当に嬉しく、頼もしく思う日々だ。

posted by みつあき at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

おならの話

この前のブログで、30年前に知り合った
アキオの話を書いたが、彼が来てくれた土曜日、
そこには常連のヤスヒサとジュンジがいた。

ヤスヒサがよく友人たちと旅行をする、
という話から、でも同じ部屋には絶対泊まらないと言う。
何故かと尋ねると、トイレに入っているすぐそばに
他人がいるのが物凄く恥ずかしくて嫌らしい。

だから、おならも、好きな人だからと言って
その人の前でしてしまう、なんて信じられない、そう言う。
それは隣にいたジュンジも同様のようだ。

それを聞いていたアキオは、
先日書いたように、16年、付き合って
一緒に暮らしている彼がいるけれど、
おならなんて当たり前だし、
下手すると、トイレに座っている時に
ふざけて入って来たりすると言う。

ヤスヒサも、ジュンジも人と
一緒に暮らしたりしたことはないけれど、
絶対にあり得ない。
だから人となんて、一緒に住めない!と言うヤスヒサ。


さすがにトイレの中にまで入ってくる、
と言うのはともかく、
おならは我慢しても、音をたてて
出てしまうことはある。

これが不思議で店や外出先では我慢できても、
何故か、自分のうちになると
リラックスしていると
そういうことは普通だったりする。


と言うか、気を許しているから聞かれてもいい、
なんて思ってしまうのかも知れない。

もちろん、だからと言って
ちょっとだけこっ恥ずかしいということもあり
「ごめん、ごめん」なんておどけてみせたりはするけれど。


そのあたりの感覚の違いというのは
とても面白い、そう思った。

これを読まれている人で同棲している人、
おならを聞かれることはありますか?笑
posted by みつあき at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

30年前の出来事

昨日の昼間、一通のメールが飛び込んできた。
「みつあきさん、元気でやってますか?」

30年ほど前に、当時の僕の友人ハヤトの
ボーフレンドだったアキオだった。
当時、アキオは二十歳の学生。
僕は30歳になったばかりの頃だった。


ハヤトは当時、もう40になろうとしていて、
18歳ほど違うアキオとハヤトが付き合いだして、
半年後くらいに、ハヤトは
HIV感染者であることがわかった。

まだHIVという言葉も一般的ではなく
「エイズ=ゲイの病気」「エイズ=死」
という時代だった。

僕にとっても、初めての身近にいる
HIV感染者であり、最初聞いた時は本当に
世界が真っ暗になってしまったことは
今でも忘れられない。

それから1年半。
アキオはハヤトをずっと見守った。

何故か理由は忘れたが、
深夜にトラックの荷台で病院に
一緒に向かったこともあれば、
ハヤトが何かと頼りにしていた
彼のいとこのエツコさんという女性とは
よくみんなで食事もした。

保険制度が今ほど確率しておらず、
どれほどお金がかかるかも知れない、
ということで我が家に数ヶ月ハヤトが
住んでいたこともあった。

ただ、時代が時代だっただけに、
発覚1年半後くらいで
ハヤトは亡くなってしまった。

治療薬もAZTくらいしかなく、
今よりもずっと大変な時代だった。

葬儀は簡素に、お別れ会は、
彼が営業していた美容院で行なった。
そしてそれを最後に、僕もアキオと
連絡を取らなくなってしまっていた。


そういうさなか、僕が偶然アキオの名前を
Facebookで見つけたのが、今から8年ほど前。

すぐに店に来てくれて、20年ぶりくらいに会った時には
もうアキオは40も過ぎていたが、
二十歳の頃の彼とそれほど変わっていなかった。
ただ、その時は店が忙しかったこともあり、
ものの30分ほどしか話すことが出来なかった。

それから8年あまり。

昨夜、11時過ぎに来てくれたアキオは
朝まで店で飲み、お客さんたちと語らい、
僕とも懐かしい話をたくさんした。

30年の間に、彼は欧米諸国や中国、台湾などを
行き来し、あらゆる場所で暮らし、
そして今のパートナーとは16年になるのだそうだ。

ただ、アキオにとって、ハヤトは紛れもなく、
初めて付き合った、と言える人だった。
僕も年長者のハヤトにはいつも怒られていたが、
身内以外でおそらく初めて
無くした友人でもあった。

改めて、ハヤトのことも思い出しながら、
良い土曜日の夜を過ごさせてもらった。

posted by みつあき at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せのオーラ その2

この前に書いたカップルとは違って、
もうひと組。
40を過ぎたばかりのエイイチと
30になったばかりのショウゾウは
まだ付き合いだしたばかりのカップル。

エイイチは、うちの店に来て10年近くになり、
ショウゾウはここ半年よく来てくれており、
今年の初めに店で遭遇し、
知らない間に急接近。
そして晴れて「付き合いだしました」と
伝えられた。

ここ5、6年の間に恋多きエエイチは、
何人かの人と付き合い、
「やっぱり今回もダメでした」と
落ち込んでいると言うよりは、
常にすっきりと次に進む感じだった。

もちろん、まだ出会って
ひと月経つか経たないかだし、
そういうカップルのことを
このブログに書くことも少ないのだが、
今回は何故か特別。

何故かと言うと、
エイイチがいつになく真剣で
(いや、今までも十分真剣だったのだろうけれど)、
僕に切々と彼に対する思いを伝えてくれたからだった。

直近で二人で来てくれた時には
くだらないことで
言い争いをしていたりもした。

その後、エイイチは自分に問題があるのだ、
こういう部分はきちんと直していかないと、
そう言って反省をしていた。

ある意味、プライドも高く、
なかなか自分を曲げられないエイイチが
こういうことを言うのは、
本当に珍しくて驚いた。

それほど、若くしてショウゾウは優しく寛大で
エイイチの心の扉をひとつ、ひとつ
開けてくれると言うのだ。

この前のブログに書いた二人とは、
付き合った時間も
性格も違い過ぎるけれど、
きっとこの二人は頑張りながら
長く続くのかもしれない。

大きなお世話だけれど、
久しぶりにエイイチの笑顔が
とても嬉しかった。
posted by みつあき at 05:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

幸せなオーラ

僕の親しい友人であり、以前はニューヨークや
ロンドンに何度も一緒に行ったタダシが
パートナーのカツ君と知り合ったのは、
もう5年半前になると言う。

タダシが店に来始めた頃は、
今はもう亡くなってしまった元彼と
一緒だったりしていたことを思うと
時の流れの早さにつくづく驚いてしまう。

タダシとカツ君は、
タダシが九州出張の時に、
出会い系サイトで知り合い、
最初はそんな付き合いになるとは
思っていなかった、そう言う。

でも、そのうちにタダシは、
時にはひと月に一度か二度、
せっせとカツ君がいる九州地方へ向かい、
すっかり遠距離恋愛となった。
三ヶ月に一度くらいは、カツ君が上京し、
仲が良いね、とみんなに言われていた。

それから数年後、カツ君は晴れて東京に来て、
タダシと共に住むようになった。
そして、東京で職に就いた。

つい先週、タダシは仕事でコスタリカに行き、
それほど長くカツ君が留守宅を守ったのは
付き合ってから初めてだったようだ。

一週間後、タダシが帰国してから
二人が来てくれた。
空港に着いたあとまだ数時間というタダシだったが、
うちの店で二人は、再会を愛おしんでいるようだった。
その時、一緒にいたのがタダシの友人のシンだ。

シンいわく、僕に「二人はある部分を超えたんだなと思う」
そう言う。
二人はいつも一緒にいると、身体の一部を
触れ合っている。
ただ、シンが言うのは、そういうことではなく、
家族、または夫婦の域に達したんだなあ
この二人は、ということだったらしい。

僕は長らく二人と食事に行ったりしていなくて
店で仲が良いところしか見ていないのだが、
シンに言われると、確かにその通りかもしれない。

5年も超えた二人を見ていて思うのは、
他の長いカップルのように照れ隠しで
相手のことを悪く言ったり、
ぞんざいに扱ったりする、ということがないことだ。

カツ君はいつもタダシを尊敬しているように見えるし、
タダシはそんなカツ君を優しく包み込むように見ている。

30代と40代。
ある意味、理想的なカップルと言える二人には
これからもずっと仲良く、
幸せでいてほしい。

顔を寄せ合って笑う二人を見て、そう思った。

posted by みつあき at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

羨ましさと寂しさと

ここ2年くらいの間に、店に来てくれている
26歳のモトヤ。
彼は、自分の中には、大きなテーマが
ふたつあるのだと言う。
それは「羨ましさ」と「寂しさ」ということらしい。

人を羨ましいと思い、
それに追いつきたいという気持ち、
また寂しさを何とか埋めたい、という気持ちが
彼を支えているのかもしれない。

そんな事を言いながらも、僕から見ると
モトヤは優秀な大学を出て、
十分人に羨望を受ける職に就き、
寂しいなどと言うまでもなく、
そのルックスもさることながら、
モテる要素もたっぷりなのだが、
自分ではそういう自分には気がついていないのか、
それとも謙遜しながら言っているのか。


モトヤを見ていて、
さまざまな部分で、歳とった自分と似ている部分も
多々見つけることも出来るが、
こと、この「羨ましさ」「寂しさ」については
少しばかり違ったりする。

今現在の自分の状況に感謝することはあっても、
あまり人を羨ましいとは思うことはなく、
また、元来、寂しがり屋ではあったけれど、
これだけ日々、色々な人に囲まれていると
それも忘れているのかも知れない。

しかし、思えば、モトヤの年齢の頃は
確かに人が羨ましかったり、
ものすごく寂しかったりしていたのかも知れない。

ただ、何よりも大きく違うのは、
やること、欲することが多過ぎる僕にとって、
いつか迫り来る死に対して恐怖をいまだに持つけれど、
モトヤは、今死んでもそれはそれ、とまことに潔い。


いずれにしても、礼儀正しく、
あまりにもまっすぐに
生きているというふうに見える彼。
両親はさほど仲が良くない、というのは驚いたが、
それでも双方ともに、彼に愛情を注いでくれていると言う。

そんなところが、彼の羨ましさと寂しさという感情を
形造っているのかもしれない。

続きを読む
posted by みつあき at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

沖縄のゲイバー

昨夜は、沖縄からLUVさんという
イベントスペースとバーをやっていらっしゃる
オーナーの方がいらっしゃった。

お店は今年でちょうど3年になると言い、
沖縄ではなかなかクラブ的なモノや、
エロティックなイベントが開催されないので
何とかしたい、とオープンしたと言う。

沖縄と言えば、たぶん国内の東京以外で
最もゲイが集う観光スポットだろう。
台湾と共に、年に一度や二度行っている
というのもよく耳にする。

かく言う僕はもう15年ほど伺っていないし、
その前となると四半世紀くらいだ。

だから、沖縄のバーも、聞いてみると
僕が訪れた場所で、まだ健在する
お店は一軒しか残っていなかった。
いつか行きたいと思っていたお店も
マスターが亡くなってしまっている。

そんな沖縄では、
ルネッサンスというイベントで
本土から多くのゲイが参加することは
僕も店でよく耳にする。


しかしながら、エロティックなモノに関しては
なかなか難しいらしい。
とても狭い世界なので、
「誰それはあそこに行っていた」
という噂がすぐに立つので敬遠されがちなのだそうだ。

結構、オープンでワイワイと騒ぐのが好きな、
という沖縄のイメージだけれど、
どちらかと言うと恥ずかしがり屋の人が多いと言う。

いずれにしても、海外ばかりに行ってないで
たまには沖縄に行ってみたい、そう思った。

posted by みつあき at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

カバンの中身

昨日の土曜日、かなり大きめのデイパックと
スポーツバッグを持って来ていたお客さんがいた。

荷物を店の隅に僕が置こうとしたら
ずっしりとかなり重い。
「うわあ。すごいね。何がこんな入ってるの?」と
尋ねると
「本とか色々です。」と言う。

「マスターに聞いてもらいなよ。
信じられないカバンの中身だから」
隣にいた友人が言う。

聞いてみると、電車の中で読む本、
仕事中に読む本、
ノートパソコン、iPad、携帯が自分用と会社のが2台、
仕事用の資料(これがかなり多かった)
あと大きめのヘッドフォン、
大きめのカートケースと財布、小銭入れ、
ティッシュにハンカチが2枚。

スポーツバッグのほうには
スポーツウェア一式と、シューズ、
ベルト、グローブ、リストバンド、
プロテインのシェイカー、サプリメント、
トレーニング用の手帳、
ボディソープ、シャンプー、クリーム、
ヒゲ剃りほかちょっとしたコズメ関係、
これに手袋、マフラー、帽子、マスク、と
どっさりだ。

僕もこの半分くらいは持って歩くモノだけれど、
外国人の友人に言わせると、
日本人男性は化粧もしないのに
なぜ、バッグを持って歩くのか
不思議なのだそうだ。

確かに海外に行くと多くの男性は手ぶら、
ポケットに携帯と財布を突っ込んだまま
歩いていると言う。

ジムに行く時は、それだけ取りにうちに帰る人が多く、
PCは自宅や職場でするモノで
持って動くモノじゃない、そう言っていた。

僕も車に乗っていたついこの前までは
外を歩く時は、ほぼ手ぶらだったのに、
冬のこの時期、それじゃなくても、
着ているモノも多く、荷物の多さに辟易してしまう。

あなたのカバンの中身って、どうなっていますか。
posted by みつあき at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ストレートからゲイへ

先週だか、このブログに書かせてもらった
ストレートのゲイ向けマッサージ師は
なんだかんだ言って、ゲイの世界には入れないし、
特に性的なことは、あれこれと抵抗があると言っていた。

昨日、深夜に初めて来てくれたサブロウ君は、
二十歳の頃までは女性としか付き合ったことがなく、
おまけに男の性的なことなんて、これっぽっちも
考えたことがなかった、という現在32歳。

彼が地方都市の地元で、アルバイトで
水泳のインストラクターをしていた時の
3歳上の先輩がかなりのオープンリーゲイ。
その彼が「俺、アイツのこと、気になってるんだ」と
他のイントラを指して、サブロウ君に言ったことから
仲良くなった。

最初、そんな世界があるのかとビックリしたと言う。
え?ほぼ10年くらい前なんて、ゲイの話とか
普通に会話に出たりしなかったのかと僕が聞くと、
「田舎なんで、まったく」とのこと。
これには僕も驚いた。


ま、そんな訳で、仲良くなった先輩のうちに
行ったら、ゲイのDVDが置いてあり、
「ちょっと観てみたい」と言ったら、
「ドン引きするかもよ」と観させてくれた。

そこにはサブロウ君が
今まで想像したことがない世界が広がり、
女性のように、気持ちよがる男性の姿に
「おお!男でも射精するまでに
ここまで感じることが出来るのか」と
目に点だったと言う。

しかし、自分には絶対無理だなあとも思った。

もちろん、その先輩とは何が起こる訳でもなく、
そうこうしているうちに自分は仕事で
東京に来ることになった。

エロ動画なりをスマホで観たりするようになった頃、
ネットで「男同士」のようなモノを目にした時に、
先輩と観たDVDを思い出した。

その流れで「女性に満たされないノンケの人、
満足させてあげる」というような広告を見つけた。

そこにはストレート相手に群がるゲイが
多くいて、最初は面白半分でエロチャットをし、
そこから、少しずつゲイの世界に入ったと言うのだ。

少し抵抗がありながらも、
こういう入り方がするストレートもいる。
なるほど。。。

いつも思うのは、逆パターン(つまりゲイの世界から
ストレートの社会に入っていくという)が
ほぼないのは、元々「ノーマルではない」とふうに
思いがちな同性同士の世界だけに、
そのパターンはなかなかないのだろうと察する。

そういう景観をした現在ストレートなんているんだろうか。
そんな人がいたら、是非とも話を聞いてみたい。

↑どこまで好奇心旺盛??笑

posted by みつあき at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

30年ぶりの恋

昨日来てくれていたシュンさんは50歳。
去年から4歳年上の人と付き合いだしたそうだ。
よくよく聞いてみると、
30年ぶりの恋だと言っていた。

30年ぶり???最初に聞いた時には
どういう意味なのか、僕はわからなかった。


30年前、シュンさんがまだ二十歳の学生の時に
プールでイケメンの男の人と目と目があった。
ロッカーで「お茶でもどう?」と誘われて
ドギマギしたことは忘れられないそうだ。

その時に帰り蜜にあった喫茶店で
2時間ほどお茶を飲んだ。
若いシュンさんにとって、
ゲイの人とお茶をしたことは初めてだった。

相手の人は社会人に成り立ての24歳。
つい最近、1年付き合った大好きだった年下の彼に
ふられたばかりだと言った。

ちょっと涙目になりながら、
「誰か、この落ち込んでいる僕を
引っ張り上げてくれないかと思っているんだ」と言った。

4歳違うというのは、今思えば
大したことはないけれど、当時は
とても年上に感じ、その彼が涙ぐんでいる事実に
シュンさんは胸を熱くしたと言う。

若いシュンさんは、彼の澄んだ瞳を見ながら
「僕が引っ張れるかもしれない」そんなことを思った。


翌週、同じ喫茶店で待ち合わせをした。
その一週間の長かったこと。

でも、7時の約束だが、9時まで待っても
彼はまったく現れなかった。

きっと何かがあったに違いない。
あれだけ誠実な人だったんだから。

携帯もネットもない時代。
一応自分の電話番号は伝えたけれど、
彼は自分の部屋には電話がないと言っていた。

シュンさんは、毎日電話を待った。
一週間、10日と過ぎ、
待ちきれず、彼が務めているという職場がある
四ツ谷駅で、学校帰りに7時から8時過ぎくらいまで
待っていたこともあった。

まだ、ストーカーという名称が出来るか出来ないかの頃だったが、
今思うと、まさにストーカーだったと思うと言う。

駅に行った二度目の時、
もう諦めてシュンさんが帰ろうと思って
四ツ谷駅から電車に乗ろうとすると、
明らかに仕事関係の女性と共に
彼が歩いてきた。

目と目が合った。会釈をしたら、
向こうも驚いた顔をしながら、「電話するよ」と
いう仕草をした。


それから数週間経ったある日、
彼から電話があった。

「申し訳なかった。あの待ち合わせをした当日、
ふられた元カレが寄りを戻そうと言って来たんだ」と言う。

結果的に、彼と寄りを戻し、シュンさんに連絡をするのは
失礼だと思ったということだった。

仕方がない、そう思ったと言う。
彼のことは忘れた。
いや、忘れようとしたらしい。

その後、10年ほどの間に一度、
2丁目で彼を見かけたことがあった。
彼氏だか、友達だかわからないけれど、
誰かと一緒で、その時も目が合い、
会釈をしたと言う。

それから20年近く。
シュンさんも2人ほど人と付き合って、
うまく行かず、もう誰とも付き合うことはないかな、
そんなふうに思っていた3年前のある日、
Facebookで友達申請が来た。

なんとプールで30年前に会ったあの彼だった。

お互いに名前は交換していたけれど、
最初は誰かわからなかった。
ダイレクトメッセージで「覚えていますか」とあった。

それから1年。いつか会おうと言いながらも
Facebook上でのメッセージのやりとりだけが続いた。

そして去年、二人は再会した。
相手はあれから色々あったらしいけれど、
今はひとりだった。

プール帰りの一度だけのお茶。
30年前にシュンさんんの妄想だけで
広がっていった部分は大きく、
イメージが違う部分もあったけれど、
それ以上に素敵な部分もあった。

二人は晴れて付き合ったと言う。
奇跡と言うか、赤い糸と言うか、
シュンさんは、あのストーカーのようなことを
してしまった自分を恥じながらも、
よくFacebookで自分を見つけてくれた、と
感謝している、と言う。

出会い系ですぐに探せる時代の中で、
こういう出会いもあるのだなあ、と
幸福な気持ちをいただけた。





posted by みつあき at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

大雪だけど営業中!!!

本日は、マサヤのSaku Saku Monday!!!

結構、お休みのお店が多い中、
元気に営業中です。

雪で足止めをくらった方、
人が少ない新宿に寄られる方、
ちらっと寄ってみてくださいね。

お待ちしております!!
posted by みつあき at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エロい妄想を膨らませるイベントの話

さて、土曜日に来てくれた警察の年頭視閲式に行った
というセイジ君の話。 

この時期、各県で警察音楽隊の合奏に合わせた
警察官や警察犬行進や、
警察車両のパレードなどがあり、
その手のモノが好きな人たちにとって垂涎のイベントのようだ。

東京で行われるのは、かなり大規模なモノのようだが、
セイジ君が行ったのは、他県のモノ。
とは言っても、大勢の警察官、それをとりまく観客の数も
かなり多いらしい。

セイジ君は、警察車両も含めた車を観るのが好きらしいけれど、
共に、警察の制服姿にはゾクゾクするようだ。
警察に限らず、自衛隊や体育系大学の
こういうイベントに多くのゲイが集まることは
僕もよく知っているし、何度か誘われたこともあった。

ただ、僕にとってその手のイベントに行くということは
目の前でドキドキさせられながらも、お預けをくらう、
という感じで、空しさばかり残ってしまうので
行ったことがないのだ。

たぶん警官や、自衛艦、体育大学生などの
ルックスや制服、という以外でも
楽しませてくれる事柄は
とても多い気がする。
エンターテインメント好きな僕にとって
たぶん実際、目にするとそうだと思う。

しかし、舞台を観て、偶然目にする裸などは
先に舞台を観る、という目的があるので
良いのだけれど、これがそういうイベントになると
エロが先に立ってしまう、という困った性分なのだ(笑)
だから、行けない、行かない。

そう思うと、何度か参加したお祭りのお神輿などは
たぶん自分が参加することでOKなんだろうけれど。

そんな僕の話を聞いて、
古い友人のタカオは
「お前はエロいことを期待し過ぎるからだよ」と笑った。
心の中の声として、書き留めておかなければ。。。
posted by みつあき at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

山登り好きな3人

昨日の土曜日は、店オープン早々、
山梨に行って来たという
山岳チームの3人組が来てくれたり、
この時期は、警察の年頭視閲式というのがあるらしく、
警察車両や、制服を見ているだけで
ドキドキワクワクする、というセイジ君の
話を聞いたり、と、なかなか楽しい話を聞かせてもらった。

今日のところは、まずは山岳チームの話。


他の人たちと登ることもあるけれど、
48歳、38歳、35歳というこの3人で
山に登ることが多いらしく、
登りながら、男のエロ話をすることも
なかなか楽しいということだった。

本格的に山を登る、という経験がほぼない僕は
ただ、一心不乱に登る、というストイックな印象を
勝手に持ってはいたけれど、
それでは疲れてしまうから、
出来るだけ楽しんで登る、
そして降りて来てからとことん飲む
というのがたまらない、そう言っていた。
なるほど。それは楽しいのかもしれない。

48歳は元既婚者、子供もいて、ほぼゲイデビューが
ここ3年。その間に付き合う男も出来たという。
38歳はシングル、今は山が恋人。
35歳の彼は遠距離恋愛でほぼ10年
付き合っている相手がいるとのことだ。
それぞれが独自のゲイ・ライフを送りながらも、
こうして集まって山に登る、ということが
本当に幸せだと言っていた。

彼らを見ていると、誰が敬語を使うということでもなく、
これだけ年齢差があっても、
そこがストレート社会とは違っている。
もちろん、うちのような飲み屋の中で
こういう光景はよく見ることなのだが、
年代を超えたその分け隔てがない友人関係こそ、
ゲイだからこそだなあ、と
僕はついついほくそ笑んでしまうのだ。

posted by みつあき at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

小室騒動で考えること

小室哲哉が引退をした。
正直言って、僕は彼がJポップチャートを賑わしていた頃、
もうすっかり大人だったし、
特に何の影響も受けていない。
ただ、改めて耳にすると、
そのほとんどが聴いたことがある旋律だ。
そういう意味じゃ、彼が時代の寵児となり、
日本歌謡史(Jポップ史?)に残る
一人であることは間違いないと思う。

昨日、そんな彼が不倫疑惑とかで
引退を余儀なくされた報道を聞いた。
店の何人かが、その話をしていた。

正直、またかと思った。
ここ数年、芸能界や政界で、いったい幾人が
不倫報道で槍玉に挙げられたのだろう。

それは、アメリカのセクハラ報道もそうだ。

もちろん、傷を負った人が出てしまうことは
当然遺憾に思うし、不倫や
セクハラなるモノが良いことだとは言わない。

ただ、それを公にして、一般大衆がSNSで炎上させ、
メディアがこぞって取り上げ、叩き続けること。
そういうことに、とっても疑問を感じるのは
僕だけだろうか。

恋愛や、セックスは、古今東西、何百年も前から
性的対象者がいる限りは、あらゆる形で成り立っていた。
それは、あくまでも個人対個人
(配偶者、パートナーも含めてだけれど)の問題であり、
それをまったく無関係の人間が
いちいちジャッジすることなのだろうか。

許せないと思うのならば、その相手を
訴訟するなり、金を取るなりすればいいし、
それは両者の話し合いで解決するべきだと思う。


「信じられない」「あり得ない」という言葉から
人非人呼ばわりをされてしまう人々。
個人、個人の思惑や、背景などまったく無視して、
騒ぎ立てる報道。


日本のゲイの場合、婚姻制度がなく、
いくら付き合っていると言っても、
どこから線を引くのか。
付き合って、いつくらいから、
不倫だとか、浮気というカテゴリーに入るのだろうか。

もちろん、今回も含めた報道は
僕がゲイだから思うことではない、そう思うが。

いずれにしても、聞くにつけ、
やれやれ、と思う今日この頃だ。

posted by みつあき at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

どんな映画監督が好きですか

先日、映画を勉強しているという大学生の
ツトム君が来てくれた時に、
「映画を真剣に観出したのはここ1年ほどで
どうやって映画を選べば良いか、わからないんです。」
そう言っていた。

僕はかなり幼い頃から両親に
映画館に連れて行かれていて、
中学生の頃までは俳優で映画を
選んでいたけれど、
(オードリー・ヘップバーンや
カトリーヌ・ドヌーヴの映画を
片っ端から観ていた。ふるっ!笑)
高校に進学する頃から
映画を観る時の決め手は
監督になるようになった。

当時、僕が好きだったのは
「麗しのサブリナ」や
「アパートの鍵、貸します」を作った
ビリー・ワイルダーから始まり、
「素晴らしき哉、人生」などのフランク・キャプラ、
そして「ダウンタウン物語」や「フェーム」を
作ったアラン・パーカーなどなど。
上に書いた彼らは、今観ても、
そして多くの人が観ても、さほど難しくなく
楽しめるだけではなく、唸らせられるモノも多い。

大学になってからは、シドニー・ルメット、
ルイス・ブニュエル、増村保造などに夢中になった。

その後は、ギリシアのテオ・アンゲロプロス、
ドキュメンタリーのフレデリック・ワイズマン、
テレンス・マリック、タル・ベーラ、
アルフォンソ・キュアロンなど。

「そういう映画監督の一体、何に
惹かれるんでしょう」と
改めてツトム君に聞かれて思ったのは、
かつてはドラマ展開のサスペンスフルな作り方や
そのセリフ回しだったりするのが、
年をとってからは撮影の絵のような構図や
ワンシーン、ワンカット、そして色使いに
目が行くようになった。

ワイルダーや、キャプラは今観ても
楽しく新鮮ではあるものの、
最後に書いたキュアロンは「ハリー・ポッター」や
「ゼロ・グラビティ」で有名にはなったけれど、
「リトル・プリンセス」や「大いなる遺産」の
緑色の使い方、そして絵の作り方は
何度観ても、ため息が出るほど美しい。


年と共に好みは少しずつ変わるもんだと
ツトム君と話しながら、
自分の変遷を懐かしく思い出した。

今日はちょっと映画オタクのつぶやきでした。


posted by みつあき at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ゲイとなる境界線

先週の土曜日、背の高いハンサムな青年が
初めて来てくれた。


彼は資格をとるために勉強をしていて、
普通のマッサージではとても
高い学費が払えない。

そんな中で、偶然ネットで見つけたのが
ゲイ専門のマッサージだった。と言う。

そう。彼はストレートで、

ゲイに対しては、偏見もなければ、
男性器に触れたりすることも
特に抵抗はなかった。
だから、これは大丈夫だなと思ったと言う。

うちの店のことも、彼のお客さんから
良い店だと聞いてくれたようだった。

そのお店で働く数人のゲイも楽しいし、
特に嫌なことも今のところはない。

マッサージはかなり自信があり、
それで喜んでもらうのが本望だと言う。
しかし、マッサージ以外で言うと
手で抜いてあげるのは問題ないけれど、
フェラされたり、まして掘ったり、
ということはやっぱり無理のようだ。

その時にいた常連のモリオちゃんは
彼の言うことはよくわかる、と言う。
自分も女性の体を触ったりするのは
仕事であれば問題ないけれど、
しゃぶられたり、性行為に及ぶ、というのは
抵抗がある、と言うし、
改めてそう言われると、なるほどなあと僕も思う。

彼がいるその店は
「手抜きオンリー」ということだけを
うたっているようなので、
彼自身もちょっと安心しているようだ。

そういうお店の中には、ゲイなのに
ノンケ売りをしたほうがお客さんが喜ぶ、
というところもあって、
ノンケっぽさ、ということが
ゲイの中で最高の褒め言葉、と言われる
ゲイの人も多いということで
わからなくもない。

ちなみに僕自身はノンケっぽいゲイは好きだけど、
ノンケにはそういう相手をしてほしいとは思わない。

そういう仕事をしていて、
そのままゲイになった、
という話も聞いたことはよくあるが、
そのあたりはどうかと尋ねると
きっとそういう風にはならないと思うと
言っていた。

その境界線というのが、一体どこにあるんだろう
というのが僕の中の一番の興味だった。




posted by みつあき at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする