2022年04月08日

お知らせ 店スタッフのスケジュール表について

スケジュールが見られない、という声を
ここのところ、よく聞きます。

原因はわかりませんが、どうやら
iPhone使用されている方がSafariから
見られないことが多いようです。

その場合、大変ご面倒ですが、
ブラウザをChromeなどにして
ご覧いただければ、見ることが
出来るはずです。

出来るだけ、早めに対処できればと
思っておりますので、よろしくお願いします。
posted by みつあき at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月25日

素敵な年上を探して

昨日、10時過ぎに、かなり酔っ払っている
若い人が店に来てくれた。

前の店で飲めないワインを一杯飲んだだけで、
「ごめんなさい。もうダメって感じです」と
倒れ込むように、烏龍茶を頼まれた。

彼は21歳の大学生で、他県に住んでいる。
春休みを利用して、東京にやって来たようだ。
もちろんうちの店は初めて。

彼の情報網は、ほぼツイッター。
出会いもそうだが、うちの店も
ツイッターを見て探して
来てくれたのだそうだ。

彼のターゲットは45歳以上。70を超えた人でも
彼が気にいればオーケーということで、
うちの前に行った若い人が集まる店で
その話をしたら、
「ただの老け専じゃん!」と
コテンパンに叩かれたらしい。

自分のことを思えば、
叩くことはしなかったけれど、
若い頃は確かに40歳を超えたら、
そういう対象外だと思っていた。

結構ファッションに興味があるらしく、
着ているモノはかなり派手だが、
ずっと柔道をやっているその身体は
多くの人に「抱き心地がいい」と
言われるようだ。

ここ3日間も、バーで出会った中年男性に
誘われて、なかなか良い時間を過ごしたと言う。

うちの店を出てから、改めて「若老けバー」を
求めて、また来ます、と店をあとにした。
これからも、ずっと素敵な年上を
求めていきます、と声を弾ませて。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月21日

恐るべし、わからへん関西弁!

昨夜は、僕も含めて大阪出身が3人、
四国出身が一人、それ以外は
東京、それ以北が数人という感じの中、
関西弁がわからない、という話になった。

「自分なあ、単車であっこのモータープールで
ちり紙ほかしたやろ。あかんで。
単車、どっこに倉庫になおされてしまうで。」
って、理解できるか、などと。

「おまえさ、バイクであそこの駐車場で
テッジュを捨ててただろ。ダメだよ。
バイク、どこかの倉庫に片付けられちゃうよ」
ということだ。

そう言えば、先週だか、
ラジオで「関西弁の意味が難しい言葉ランキング」
というのがあったことを思い出した。
以下20位から1位まで

押しピン→ガビョウ
カッターシャツ→Yシャツ
くくる縛る
ポリボックス→交番
イキってる→調子に乗ってる
ようけ、ぎょうざん→沢山
辛い→しょっぱい
ドン付き→行き止まり
正味(しょうみ)→ぶっちゃけ
行きし、帰りし→行く途中、帰る途中
三角座り→体育座り
あて→おつまみ
さらう→空にする
必死のパッチ→必死に物事をする
おぼこい→子供っぽい
やんぴ、やんぺ→抜ける
ワヤ→無茶苦茶
なんしか→とにかく
水屋(みずや)→食器棚
いらう→触る

という結果だった。それを聞きながら、
関西勢は、こんなんもある、あんなんもある、と。

その中には、駐車場のことをモータープールと言ったり、
アイスコーヒーをレイコー、
このあたりは東京勢にもわかりそうだけど、
騒ぐことをいちびりと言ったり、
入れ違いのことをテレコと言ったりすることは
あまり知られていないようだ。

まあ、そんな話で盛り上がった
祝日前の夜だった。
さあ、まん延防止措置も今日で終わりだ。

明日からは通常営業となります。
よろしくお願いします。
(とは言っても、平日は19時から23時半ですが・・・)

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月19日

LINE上のやり取りの違い 年齢か、性格か

昨日は土砂降りの金曜日。
そういう中でも来てくれた
お客さんには心から感謝だ。


さてさて、50代のユウスケちゃんと
20代のゴロウとで、昨今の若年層と
年配者との違いについて色々話をした。

特にLINEについての話がとても面白かった。

若いゴロウいわく、飲み屋でも、ハッテン場でも、
また、マッチングアプリで知り合った人とでも
意外に40歳以上の人は、すぐに
「LINEやってる?」と聞かれることが
多いそうだ。

彼らはもう学生の頃から
LINEを使っていて、本名を入れているのが
結構多いと言う。
もちろん、本名登録していないのだとしても、
一度や二度、会った人に
そう簡単には教えたくないらしい。

ただ、その時に連絡先が交換
出来なければ、もう会えないという可能性も大だ。


あと長文も年配者の特徴。
きちんと伝えよう、というのはわかるけれど、
それは会った時で良くて、LINEの基本は
チャットだから、短い短文のやり取りが
2、3回でいいし、基本的には用事がある時だけだと。

増してや、電話で話すことなど、
本当に差し迫った急用でもない限り、
絶対にしないのだと言う。


それを聞いていたユウスケちゃんは、
普通に挨拶をしても、既読スルーになったり、
少し長文を送ると、既読すらならなかったりする。

それは何故かわからないし、聞くのもどうかと思う。
色々考えていくと、結局嫌がられているのか、
というような結論に勝手に行き着くこともあると。

ただ、若い人からしてみれば、
何故、LINE上でいちいち挨拶を
し合うのか、わからなかったりする。


僕自身は、比較的仲が良い古い友人たちや、
多少歳が離れていてもかなり親しい友人との
やり取りは意外とスムーズで、
さほどとても若い人とのLINE上での交流は
ほぼなかったりする。
それはそれで、ちょっと寂しいけれど(笑)


ただ、上に書いたやり取りは、
年齢だけに限らずに、性格にも寄ると思う。
単純に挨拶が来ると嬉しい若い子もいるだろうし、
そういうことを嫌う年配者もいるだろう。

ただ、大切なのは、その関係性と
書く中身なのだろう。
それが伝わらない相手だったら、
そらまでだ、ということのような気がする。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月07日

ネガをポジに切り替える心

昨日は、エスムラルダの50歳を記念する
パーティとライブが行われた。
その話は、明日にでもゆっくり
書かせてもらうこととして、
今日は、まだ20代のススムが
とっても良い話をしてくれた昨夜のことを。


ススムは数ヶ月前、学生時代の友人に飲みに誘われ、
他の友人たちと数人で彼の家にお邪魔した。

そこでススムは悪酔いしてしまい、
気持ち悪くなり、もどしてしまった。

ススムの汚物は、その友人の部屋や、
彼が大切にしているちょっとした
マシンをかなり汚してしまったらしい。

その翌日だったか、うちの店に寄った際に
ものすごく落ち込んでいたことは
今でもよく覚えている。

結局、申し訳ないと思ったススムは、
部屋のクリーニング代金、マシンの修理代金を
謝罪代わりに支払ったようだった。
ただ、その金額は、僕が聞いても、え!?
という大金。20万を遥かに超えている。

その金額を友人はすんなりと受け取ったのかと
尋ねると、友人が悪いワケではない、という
優しい言葉と共に、とにかく支払って
自分としては良しとした、ということだった。

その後、来てくれた時も、
ススムは、その友人に対する愚痴も、
腹がたった、と言うことも決してなかった。


それから数ヶ月経った昨日。
最近、ちょっとオシャレなスーツを買った、
ということと、これから気持ち良く眠れる
少し高額な布団を買うのだというススム。

今回の出費は、あの時、弁償した
お金の半分にも満たない金額だけれど、
あの時のネガティブな気持ちを
帳消しに出来るくらいに楽しいお金を
使います、ススムはそう言っていた。

僕からしてみれば、まだまだ20代で、
それほどお金が使えない時だ。
でもそのウキウキしたさわやかな
ススムを見ながら、このポジティブに
気持ちを変換することこそ、素敵だなあ、と
そんなことを思わせてくれた日曜日の夜だった。

本当は昨日でまん延防止が終わるはずだったのに、
なというネガティブな思いは、置いておこう。
ススムの笑顔を思い出しながら、そう思った。




posted by みつあき at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月06日

個人ブログの意味

昨日、顔を見せてくれたセイヤは、
大学を卒業したばかりの7年ほど前に
初めて店に来てくれた。

お酒は強くないのと、仕事が忙しいので
ぼちぼちと遊びに来てくれている。

面白いなあと思うのが、彼は誰にも
わからないように、
自分のブログを持っていて
決して彼を知らない人には
わからないのだそうだ。

そういうふうに書くと、
おおかた、さぞエッチなことなのかと
思う人も多いかも知れないけれど、
どうやらそうではないらしい。

僕のセイヤのイメージは、さわやかで
男っぽい容姿の上に、仕事に懸命で
正直者という誰からも愛されるキャラだ。

しかし本人いわく、そのブログには
かなりネガティブな、メソメソとした
部分がたくさん詰まっているのだそうだ。

もちろん、何らかの流れで、そのブログを
目にする人もいるだろうし、彼を知らない
客観的なコメントをくれる人もいるんだろう。


ぼくのこのブログなんかは、
バーを経営するマスターとしても
僕自身の考えや、そこで知り合った人たち
話を多少湾曲して(当人だとはわからないように)
書いていたりする。

でも、基本的には僕のことをわかっている人、
また、知らない人でも調べれば
すぐに僕に行きつく、ということでもある。

だからと言って、ウソはないけれど、
もちろん、このブログには書かないようなこと、
書けないようなことだってあるワケだ。


敢えてそういう部分を、改めて書こうとは
思わないけれど、セイヤはストレス発散だったり、
そういう気持ちを見知らぬ誰かに
投げかけたい、そういう気持ちなのかも知れない。

日記を書く文化などは、なくなっている今、
SNSなども含めて承認欲求だけが
広がりつつあるけれど、
セイヤのような書きながら、自分を
問いただす作業というのは
現代だからこそ、必要な気もするのだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月04日

まん延防止措置またもや延長

またまたまたまた、まん延防止措置が延長され、
今月の21日まで、ということが決まった。

うちの店は週末の金曜日から日曜日の3日間だけ
3時間営業しているけれど、
まったく休業しているお店も多い。

怖いのは、休むことに慣れてしまうことだ。
今の仕事をして、今日は行きたくない、とか
明日の仕事が辛い、と思ったことはない。
それでも、一昨年の2ヶ月や、昨年の何ヶ月か
休んでいる時には、いざ再開すると
リズムが掴めなくて困った。


それにしても、感染しやすいというオミクロン。
知人、友人やお客さんとLINEやメールの
やり取りをしていて、感染した人の話を聞くと、
ほぼ無症状だった人と、かなり辛かった
という人の差が激しい。

メディアの情報も含めて、色々見聞きしてみると、
それは特に年齢や、基礎疾患あるなしに
関係あったり、なかったりと
真っ二つに分かれたりする。

今年の初めに感染した、
というオオモリ君 38歳は
高熱が4日ほど続き、咳も止まらず、
味覚症状に至っては、
ひと月くらい続いたのだそうだ。
感染がわかったあと、
ひとり暮らしなので入院出来ないかと
保健所に聞いたけれど、無理だったとのこと。

こういう話を聞くと、まだまだ高止まり状態が
続いている中、まん延防止が続くのは
いたしかたないのか、とは思う。
それと同時に週末だけ開けても、
まばらなお客さんの状態が
今後、どうなっていくのか、
まだ、まだ不安は募るばかりだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月23日

改めて「お前」という言葉

1年くらい前だったか、
うちのスタッフから僕に「お前」と言われるのが
慣れていない、と言われ、そうか、と思った
というようなブログを書いた。

それから、出来るだけ使わないように
しているけれど、若い頃からのクセで
ついつい出てしまったりする。

で、うちの店で「お前」という言葉を
使うか、どうかと尋ねてみたところ、
特に若い人、年配者問わず、
使わないという人が
7、8割だということがわかった。

多くの人はそれほど意味がなく、
たまたま使わないと言うし、
人から言われてもそれほど気にしない、
という人もそれなりにいる。

ただ、バカにされている気がする、
下に見られている気がする、という人も
確かにいるということもよくわかった。

僕としては、同世代の友人や、
年下で親しくなった人たちに
長い間、何の気なしに使っていた。

ただ、よくよく考えてみると、
僕の中のホモフォビア的な何か、
いや、「俺」や「お前」を使うこと自体が
知らず知らずのうちに、男らしい、
と思って使っていたのかも知れない、
そう気がついた。

小学校の頃は、なよなよしていたり、
オトコオンナ、とか言われていた自分。
それが中学に上がるとそのまま、そういう
僕を知っている人たちが多数いる。
だから、なかなか変わることは出来なかった。

地方都市の高校に移ってから
過去の自分を知らない人たちの中で
とにかく自分を変えないと、と
もがいていた中で、そういう習性が
身についたのかも知れない。

まして、僕が関わった映像業界など
いつも怒鳴り散らす人がいて、
「お前」呼ばわりなど
ごくごく普通の出来事だった。

ただ、仕事上でも、あらゆるコンプライアンスが
重視される昨今、
「お前」という言葉も消えていくのだろうし、
改め直さなければならない時に
きているのかも知れない。
そう思った。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月11日

雪にまん延防止延長、そして冬季オリンピック

昨日は大雪だと言われて、店を営業する予定が
休みにさせてもらった。
雪で店を休むのは、今年になって2回目。
前回は、18時過ぎにはやみ、
来ていただいたお客さんも
いらっしゃったようで申し訳なかった。

逆に昨日は17時過ぎからの雪となったし、
このまん延防止期間ということで
おそらくオープンしても
いらっしゃる方も少ないかと。。。

そのような中、数日前から言われていた
まん延防止措置の期間が
昨夜、さらに延長されることになった。
来月の6日まで、とまだまだ長い。

店としては、今まで同様、基本的には
平日の月曜日から木曜日まで
お休みにし、週末の3日間の営業予定。
ただし、再来週の天皇誕生日とその前日の
火曜日、水曜日は営業予定。


雪にまん延防止、となかなか
気が重いことが続くけれど、
北京オリンピックで気持ちを
立て直しているところ。

それにしても、夏のスケボーと共に、
スノーボードの平野歩夢選手の演技は
素晴らしい。
もちろん、フィギュアもそうだけれど
抜ける空へと高々とジャンプする彼の姿は
ため息が出てしまう。

大気汚染で常に灰色と言われていた
北京の空は、想像ようりも
青く澄んでいるのには驚いた。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

愛しの高円寺

昨日、ドキュメンタリーの映画祭を観に
高円寺に行った。

映画祭で僕が観たのは、
大島渚監督がテレビ用に撮った
「忘れられた皇軍」という作品を
含めて、8年前に改めて日本テレビで
作られた「反骨のドキュメンタリスト」
というモノで非常に衝撃的だった。

終わってからこの映画を
映画祭用に選んだ是枝監督と、
大島監督の息子さんの新監督、
そしてこのテレビドキュメンタリーを
演出した鈴木さん、3人のトークショウがあり、
なかなかまったりとした雰囲気で
楽しかった。


それはさておき。高円寺。
終わったのが、比較的夜遅かったので、
そのまま帰ったけれど、僕はこの街に
19歳から23歳まで、と、25歳から38歳まで
住んでいた。
思えば、今の住まいとほぼ同じくらいの
時間、暮らしていたワケだ。

本当なら、懐かしい街を
隅々まで歩きたかったけれど、
昨日は映画が終わったのも夜だったので
そのまま帰ってきた。

僕が大学を中退して、1年間、お金を
貯めるために昼間はホテルでバイトし、
夜アルバイトしていた喫茶店"Goody"なんて
見る影もないだろう。
あの野球好きなマスターや奥さんは
幾つになったんだろう。

お金がまったくなかったあの若い時期に、
極力安い食べ物屋を探して歩いたことも
思い出される。

Goodyだけでなく、よく通った
薔薇亭という定食屋
(細かいことをいちいち注意する
親父さんだったけど、美味かった)は
数年前になくなったらしいし、
名前は忘れたけれど、洋風餃子の専門店も
すっかりなくなってしまっているようだ。

ただ、驚くことに、僕が18歳の頃にあった
中華料理の大陸やミニバーグという
ハンバーグ屋さんはまだあるらしくてびっくり。
大陸は黙々と料理を作る親父さんと、
おそらくその息子さんらしい人がいつも
自転車で出前を届けていたけれど、
その息子さんがすっかり親父さんに
なっているんだろう。

こんなノスタルジックな思いを巡らしてしまうのも
僕もすっかり歳をとったっていうことかも知れない。

今日は祝日前。
普通に営業をするつもりだったが、
大雪注意報も出ているので、
お休みさせてもらうことにします。すみません。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F







posted by みつあき at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月31日

飛び込んできた残念な話

お知らせしたように、今日から
店は2月13日まで、週末だけの
営業となる。

昨日は、そのことを知って、
仲が良い友人や常連、一部のスタッフ、
そして先週から地方から来てくれてた
お客さんなんかが、集ってくれた。

人に寄っては、2月13日までずっと
休むと思って、シャンパンを入れてくれた
お客さんもいて、週末だけと聞くと
「え!?4日間だけの休み!?入れなきゃ良かった」
などと笑わせてくれたりした。


そんな中で、うちの店を長く支えてくれた
酒屋さんから今日、連絡があり、
廃業することになったという話を耳にした。

僕の馴染みのお店からの紹介で
オープン当初からの付き合いだった。
一軒の店が廃業するのとは違い、
長い間、何十軒もの(いや何百軒かも)飲み屋に
お酒を提供してくれていた酒屋さんだ。

僕らは休むと給付金が出るけれど、
飲食店を取り巻く業者は何も出ず、
かなり大変であることはメディアを通じて
わかっていたものの、
まさかの出来事だった。

担当の人とは年に数度しか
会わないけれど、何かと都合を付けてくれたりした。

それだけに、本当に辛く
込み上げてくるモノがあった。

これから、こういう事例はいくらでも
出てくるのだろう。
僕らの店も10月から再開出来たと言っても、
またこのオミクロン。
なんとか踏ん張って、と思っても
お客さんが来なければ、同様になってしまう。

とにかく、この春先にでも平常に
戻ることを願うばかりだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月29日

うまい棒から始まる僕のお菓子の知識のなさについて

今日のブログを書く前に少しお知らせを。

お店は、明後日の月曜日から一応、2月13日まで
月曜日から木曜日までお休みになり、
金、土、日のみ、18時から21時
(お酒のオーダーは20時まで)と
いう形にさせてもらいます。
今のところ、13日の六尺デーは
16時オープンの予定です。

また、緊急事態宣言が出た場合は、
改めてここに書きますが、
ちょっと予断を許さない感じですね。



さてさて、つい最近、誰もが知っているらしい
「うまい棒」が少し値上がりする、
という話を聞いた。

そんなさなか、「うまい棒」のパロディ商品
「まずい棒」を、お客さんのヒサオが
大好きな銚子に行ってお土産に
買ってきてくれた。

これが店内では「へえ!」「こんなのあるの!」
「意外と美味しい」などと評判だったりした。

さっき、「知っているらしい」と書いたのは、
実はなんと僕はまったく知らなかった。
少なくとも、店に入るまでは
名前すら聞いたことがなかったのだ。

これを話すと、かなり驚かれるのだが、
僕は幼少期から、お菓子なるモノを
食べる習慣がなくて、市販されている
多くのお菓子の名前を知らない。

おそらく両親が、あまり体に良くないと
思い、子供たちに食べさせなかったのだろう。

もちろん、子供の頃はテレビCMや
学校の遠足の時などである程度の商品は
知っていたし、食べたこともある。

ただ、大人になってからは、ほとんど
テレビを観ていないのと、
コンビニやスーパーに行っても
お菓子関係のコーナーにはほぼ行かない。
だから、ほぼ何も知らない。

改めて調べてみると、「うまい棒」は
僕が二十歳を超えてから出た商品だから
それは知らないワケだ。
「うまい棒」だけではなく、アイスの名前や
チョコレートもほぼわからない。

そもそも食べ物の好き嫌いはないので、
たぶん食べると美味しいモノも
たくさんあるのだろうけれど、
食べたい!という欲求が出ない。
お客さんにいただくお土産も
ほとんどお客さんたちに食べていただき、
僕はいただかなくて終わることも多い。

今となっては、肥満や糖尿病を
誘発せずには澄んでいるのかなあ
なんて思うけれど、モノを知らない、
というのはそんなに威張られたモノじゃ
ない、そう思う。

これは、ゲームもそうだろう。
僕にとって、ゲームで知っているのは
スーパーマリオとテトリスくらいだから(泣笑)


ちなみに、何度も書くけれど、決して
食べたくない、嫌い、ということではないので
これは!と思われるモノがあれば、
喜んでいただくようにします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月27日

メガネ男子、好きか、嫌いか

昨日来てくれたアキヒコと
「メガネ男子」という話になった。

彼からすると、いくら身体が良くて、
ルックスがナイスでも、
メガネをかけているだけで
性的なモノは感じなくなるし、
常にかけられていると、
付き合う気にもならないと言う。

どちらかと言うと、僕はメガネフェチで
例えばジムでトレーニングが終わった
イケメンがロッカーでメガネをかけたりすると
さらにイケ度がアガる。

それを伝えると、アキヒコは
「あり得ないなあ」と笑った。

彼からすると、メガネイコール
性的なことを拒否しているように感じるのだそうだ。

僕からすると、ちょっとした知的な感じが
いい感じだなあと思ってしまう。
メガネ掛ければ、知的とは
めちゃくちゃ単純だけど(笑)

確かに、アキヒコが言うように、
少し、性的なモノが薄れてしまう、
と思う人がいるものわかる。
でも、僕こじんとしては、性的な瞬間になると、
きっとまさかの展開となり、
そのギャップがまた良いと(笑)

思えば、昔のゲイ雑誌の文通欄などに
「メガネ不可」という人が
それなりにいたけれど、
今のマッチングアプリとかどうだろう。

彼らは、アキヒコと同じようなタイプなのかも知れない。
でも「メガネ男子好き」という人が
そこまでいなかったことを考えると、
メガネがネガティブ要素に
なっていることが多いのかもしれない。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

まん延防止重点措置下での営業についてと、ツイッターについて

改めて、東京都のまん延防止重点措置が決まり、
3ヶ月半ぶりに、時短営業となってしまう。

本日、1月21日から来月の13日まで
火曜日を除く毎日、18:00〜21:00
(お酒の提供は20時まで)
の営業となってしまう。

今のところ、スタッフのタクヤが
やっている2月13日の六尺デーは、
16時オープン、21時まで、という営業。

それ以外は、基本的に僕、みつあきの一人での
営業となる予定だ。


夏の時期は、比較的仕事が早く終わる人も
多かったけれど、土日はともかく、
平日、そんな早くから
お店に来てもらえるだろうか。

とにかく、今まで以上に感染拡大しているようで、
店は充分換気をして、入店していただけるように
改めて身を引き締めてお待ちしております。


あ。加えて、またまたオバカなことを
してしまった件をひとつ。

昨日、店のツイッターを書いているさなか、
「生年月日を入れてくれ」というような
メッセージが届き、僕個人のではなく、
店のオープン日、2007年9月20日と
入れたら、途端に「ロックされました」と出る。

よくよく読んでみると、13歳未満は
ツイッターに入れない、と。
ただ、万が一、上記の日に生まれたとしても、
14歳は超えているんだが。。。

自分の免許証を添付して送ったけれども
「混み合っているため、連絡が遅くなるかも」だと。

う〜む。。。こんな日に限って!!

多くの人に迷惑をかけます。
当面、そういう状態なので、
くれぐれもよろしくお願いします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 02:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

ノートパソコンの水没

数日前、愛用のノートパソコンで、
ドラマの「フレンズ」を観ていたら(古っ!)
いきなりそこに飲んでいたビールを
倒してしまった。

何とか拭き取ったモノの、翌朝起きたら
まったく起動しない。

このノートには結構、細かい資料のまとめや
文章を書いていたりしたんだけれど、
iCloudでデスクトップやiPhoneと
きちんと同期できていなかったせいか、
一部きちんと見られるモノもあれば、
まったく出てこないモノもある。


昨日は、アップルサポートや、エクセルの件で
マイクロソフトに電話をするが、
結局、保存していないモノは戻ってこない。

仕方がなく、データを復旧する、ということを
頼もうと、色々な業者に当たってみると、
これが、5万から最高、30万円くらいになる、
という話だったりする。

僕が作ったモノがそこまでの価値があるか。
いや、そりゃないな。
ただ、また一から、と思うと
ちょっとうんざりしたりする。

そんなこんなで休みの日、丸一日、
そういった作業で過ぎてしまった。


なおかつ、さらに頭が痛いのは、いつも
店に向かう地下鉄や、コーヒーショップや
ジムのフロントなどで、このブログを
書いていたけれど、それが出来ず、
デスクトップで書かざるを得ない。

携帯で打ったこともあるけれど、
どうやら僕にはまったく向いていないようだ。

かなり旧式のMac Bookがうちにあるので
とりあえずそれを再起動して、使わなければ。。。

ホントにくだらないチョンボが多いと
反省しきり。。。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

近所からの苦情

一昨日、ものすごく久しぶりに来てくれた
ショウタロウとキミヤカップル。

ショウタロウは7年ほど前に家を買って、
一応別々に暮らしているキミヤは
このコロナ禍になってから
月に半分ほどは、ショウタロウの家
に泊まりに行っているらしい。

それが2年ほど前から
「足音や生活音がうるさい」
というメモがたびたびポストに入るようになった。

二人ともそれほど音が出るようなことは
してない。
加えて、二人ともテレワークはなくて
昼間はほとんど外に出ている。
おかしいなあと思いながらも、
それなりに気を使って生活することにした。

それでも、ポストインは続く。
管理人室に相談したところ、
直接は聞いていないので、という話だった。

そういうことを言われるのも嫌なので、
床を張り替えることにし、
一日だけ、それも1時間ほど
工事の音がする、と左右、上下の家に
一応、断りの紙をポストインした。

ところが、その当日、管理人に
大声を張り上げている女性がいた。
それが彼らの階下の夫婦の妻で、
「今までポストに紙を入れているのは
そちらか」と管理人が聞くと、そうだと言う。

そこからが酷かった。
何と2日に一度くらい警察に「うるさい」と
通報され、交番から警察がやってくる。

思い当たるのは、せいぜい洗濯機の音くらいで、
それ以外はほとんどテレビさえ見ない二人だと言う。

色々説明をするのだが、110番されると
こうして来なければならない、すみません、
というのが警察官の言葉なのだそうだ。

思えば、この夫婦が越して来た2年前くらいの時に
挨拶に来てくれ、その際、
ショウタロウたち二人で
立ち会ったことがあった。
ひょっとして、ホモフォビア夫婦かなあ
なんて話していた。

そしてさらに恐ろしいことに、
去年の秋口には階下の弁護士から
内容証明が送られてきた。

これが賃貸だったら、出ていけば良いのだが、
かなり気に入って買った物件。
ショウタロウはかなり精神的に追い込まれ、
結局、多額のお金を出して、
会社経由でこちらも弁護士を雇ったと言う。

いつ、どういう音を出しているのか、詳細に
録音記録でも送ってほしいと伝えても、
今、集めている、ということが続くようだ。

そういうことでこのコロナ禍、かなり
頭を抱えながらの時間が過ぎているらしくて
まだまだ解決は先になりそうだということだ。


たまに友人やお客さんからこのような話は
耳にしたことはあるけれど、
ここまでのことは初耳。

本当に世の中には色々な人がいる。
いくら気をつけて生活していても
巻き込まれてしまうことはある。
いやはや。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

ゲイへのお年玉(1月5日分 Bridgeブログ)

一昨日の2022年の通常営業は、
新年初日に相応しくちょっと
びっくりするような流れになった。

10時半過ぎにドアが開き、
「ゲイじゃないんですけど、いいっすか?」
と、3人の若いノンケ男子の顔が見えた。
「ゲイバーとわかっているなら
大丈夫ですよ」と僕。

3人は3丁目の居酒屋で飲んでいて、
Google検索でうちの店を見つけてくれたらしい。

「なんだか大丈夫なんかな、俺たち」とか
言いながら、飲んでいた彼らだが、
それなりにリラックスして、緩やかに
ワイワイと楽しんでいた。

3人はどういう友達?と尋ねると、
なんと彼らは消防士で、
一昨年まで同じ部署にいたけれど、
分かれてしまったので、正月だから
久しぶりに飲もうと集まったらしい。

パッと見、20代後半かと思いきや、
22歳が一人、23歳が二人という若さ。
そのうちの一人は去年レスキューに
移動したらしく、制服も紺からオレンジに。
あとの二人は羨み、頑張りたいと呟いていた。

さすがに毎日の鍛錬と、その若さで
腹筋や大胸筋も凄い、という話になり、
お客さんからは脱げ脱げコール。
半裸にはならなかったものの、腹筋を見せたり、
胸を見せたらで、あちこちから黄色い声が。

ってなワケで、なかなか良いお年玉。
良い幕開けとなった。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月30日

年の瀬

去年はコロナで大騒ぎの中、
年の瀬を迎えたけれど、
どんな感じだったか、あまり覚えていない。

と言うか、本当にこの2年くらいの間、
すっかり時間が止まった感じなのは
僕だけじゃないだろう。

ただ、今年の年末は、感染者が少ないせいか、
街は結構混み合っていて、
電車に乗ると、空いている、という
いかにも、年の瀬感が強い。

ああ、今年も終わるのだなあという
この感じは、ちょっと久しぶりに味わう。

非常事態宣言に縛られ、踊らされた去年と今年、
10月にそれが明けてからも、
週末も含めて、うちのお店のお客さんの戻りは
6割くらいかもしれない。

まだまだ用心をしている人たち、
テレワークでうちにいる人、
すっかり自宅飲みやホームパーティに
移った人たち、
早寝早起きということに慣れてしまった人、
などが、多くいるんだろう。

来年は少しでもお客さんが戻ったり、
新しいお客さんに来てもらえるように
新たな気持ちで努力をしなければ、
そう思うところだ。


今日、そして明の大晦日は、
今年、就職で東京を離れた
水球ハルキ(当分、水球はお休み中らしい)が
久しぶりに上京、そして店を手伝ってくれる。
店を離れて9ヶ月、成長したハルキは
変化しているだろうか(笑)
因みに大晦日営業は、例年と同じく
六尺デー、火曜日スタッフのタクヤも一緒。

去年は出せなかったお蕎麦や、
紅白、そしてカウントダウンで
盛り上がりましょう。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

20年ぶり、驚きの再会

5、6年は店に通ってくれている
そういう意味では、超常連と言ってよい
オカムラ、42歳。
彼は、多くの人の援助になるような
仕事をしており、
お客さんからの信頼感も厚い。

また、ここ2年ほど、よく来てくれる
キョウジも同じく42歳で、外国生活も長く、
英語よりもフランス語が堪能という
才能溢れ、好感が持てるサラリーマンだ。

そんな二人が、たまたま店で
隣り合わせになり、
顔を見合わせた途端、
「あ!」となったようだ。
これだけ通っていて、二人は
まったく会ったことがなかったと言う。

なんと、二人は同じ名門大学の同級生。
ゼミまで同じだったと言う。
とは言え、人数も多く、それほど
会話をしたことはない顔見知りだったらしい。

オカムラは、学内では成績優秀、
とにかく勉強ばかりしている、という
イメージだった、とキョウジは言うが、
実は、オカムラ、2丁目に来て朝まで飲んでいたり、
それなりに男遊びをしまくっていた、
とは本人の弁。

片や、キョウジはオカムラよりも、
チャラチャラしていて、まだ男を知らず、
色々な女のコを追いかけ回していたと言う。

それにしても、彼らが会うのは
20年ぶり。
お互いのまったく変わらない部分と
大きな変化に、共にびっくり。
懐かしい教授や同級生の話に花が咲き、
多いに盛り上がったようで、
こういうことがあるから、バーという場所って
面白いんだろう、そう思った。

125524D5-03EB-4267-BF4E-7B80B78D5689.JPG

今日はクリスマス・イヴ。
そして明日はクリスマス。
Bridgeでは、素敵な週末になるよう、
クリスマス気分も一層盛り上がる雰囲気で
皆さんのお越しをお待ちしております!!

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

犬との生活

ここに何度か書いたけれど、友人のタダシが
1年住んだ熱海を離れ、宮古島に移住する、
ということもあり、たまたま上京したので
誘われた友達たちが店に集った。

いつも見る顔や、僕にとっても
ものすごく久しぶりの顔が揃い、
何だか懐かしい気持ちになった。

それぞれが、宮古島での生活を
羨ましがったり、ちょっと心配をしたり、
色々な話が飛び交った。


タダシは15歳ほど違うカツ君と
二人で暮らしているのだが、
熱海に移ってすぐに
スタンダードプードルを飼った。

もう、その家族的生活は、いくら
語っても語り足りないほどらしい。

そんな中、ヤマウチちゃんが
「部屋の中で犬を飼っている人に
尋ねたいことがある」と彼らに聞いた。

散歩に連れて行って、うちに帰った時に
足の裏を適度に拭くことはよく知っている。
ただ、外出先で横たわったりしているお腹や身体全体が
汚れているのに、そのまま
ソファやベッドに連れて行くのは
衛生的にどうなのか、と。


タダシが口を開く前に、カツ君が
「犬は人間じゃなくて、動物。
彼らと一緒に暮らす、ということは
彼らの生活スタイルも受け入れなきゃならない。
つまり、そんなことを気にしていると
共に生活できないから、大丈夫なんです」
というような事を言っていた。

なるほど。

もちろん、かなり細かく衛生面を気遣っている
飼い主の人たちも多くいるだろうけれど、
人間の子供とも同様、
あらゆる違い(この場合、人と犬)を
甘受していくことが大切なのだろう。


多くのペットを飼っているお客さんたちから
学ぶことは多い。

上に書いた衛生面などを
僕はそれほど気にするタイプではないけれど、
自分のことで精一杯なだけに
まだまだペットと暮らす覚悟はできないなあ、
そう思った。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする