2024年04月03日

花酔いの日

お知らせしたように、一昨日の月曜日から
店内に大きな桜が入った。

月曜日は、数ヶ月に一度、海外から
来てくれるトドロキさんが、
かなり酔っ払っての入店。

あちこちで昼間から飲んできたよ、と
とても上機嫌だ。

そこには、今、話題の「オッペンハイマー」帰りの
ヒサシ君が、3時間の長さと難解さに
ぐったりと疲れて飲んでいた。

海外旅行好きのヒサシ君なので、
トドロキさんが隣に座ると、
今までどこに行った、あそこに行った、
という話で盛り上がった。

それから、少しずつお客さんが来てくれて、
店はちょっと満席近く。

二人はそういうお客さんに盛り上げられてなのか、
桜にすっかり酔ってなのか、
お酒を飲みながら、熱い抱擁に
キスを連発し始めた。

まあ、お花見だし、エイプリル・フールだし
(あまり関係ないか)、
とみんなも笑って見ている。

そのうちにポルトガルとベルギーの
まだ付き合って3ヶ月というカップルが
来てくれて、その二人を見て、
「彼らも付き合ったばかり?」と。

いやいや、ここで会ったばかりだと
伝えると、「ホットだね。
僕らも見習わなければ」そう言いながら、
カウンターの上で手を握っていた。

まさに桜の中で、みんな酔っているのか
楽しそうな一夜だった。

一週間、持ってくれれば良いのだけれど。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

騒音問題

一週間ほど前、朝がた、
僕の自宅の上の階の部屋から
ドリルの音やモノを打つような凄い音がする。
それも一瞬ではなくて、ずっとするのだ。

管理会社の設備に聞くと、どうやら持ち主が
部屋を売却し、その後から入る人が
全体的な改築をしているらしく、
なんとそれが5月下旬まで続くと言う。

少なくとも、事前に聞いていなかったし、
夜勤の仕事なので、午前中、かなり
辛い、ということをやんわりと伝えた。

ただ、その部屋は我が家の真上ではなく、
斜め上の部屋らしく、その両隣の部屋と
真下の部屋の住民には伝えたそうなのだ。

斜め上!?
ベッドルームにいても、シャワーを浴びても
ほぼ真上から凄い音がする。
そこまでの大規模な工事をしているのだろうか。

まあ、くどくど色々とクレーム出すのも
嫌なので、出来るだけ音が出すのは
午後にしてもらえたら有難い、と伝えたが
どうなることやら。

それを考えると、近くの部屋の騒音で
ずっと悩まされている人の話や、
逆に音もたてていないのに、
裁判沙汰にまで持っていかれた、という
お客さんの話を思い出すと、
音の問題は、改めてデリケートだと思う。

人はどんなことでも自分の身に
ふりかかってみないと、わからなかったりするものだ。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月07日

名前と顔の一致

昨夜、来てくれたゴンタロウが
先週、仕事で50人程度の会合が
あったのだそうだ。
その中にはそれなりに知り合いがいて、
数回、食事ミーティングをした人も
何人かいたと言う。

立ちながら、数人で話をしていたら、
半年ほど前に6人くらいで食事をした時にいた
Aさんがいて、色々話に花が咲く。

いや、花が咲いていると思っていたのは
実はゴンタロウだけで、途中、Aさんの
部下らしい女性が首を傾げたり、
Aさんに耳打ちをしたりしていた。

Aさんはにこやかに
対応してくれていたのだそうだが、
会が終わるに近づいた頃、その女性が
ゴンタロウの近くに寄ってきて、
「あの…人、間違えていません?
うちの部長、Aという名前ではないですよ。」と。

はっと思った時には遅かった。
そう、ゴンタロウは、その前後に会食した
Bさんとすっかり間違っていたのだ。

意気揚々と話をしまくっていた内容は
当然ズレも生じ、ものすごく恥ずかしくなって
彼女に平謝り、帰ってその部長の名刺を
探してメールで謝罪しようにも
名刺が多過ぎて、誰が誰やら、
というパニックになったと言う。


名前と顔が繋がらないことは僕もよくある。
顔だけはわかるけれど、名前はおろか
何を話したか、思い出せない。

ただ、お客さんと話しているうちに
ああ!と思い出すこともあれば、
最後までわからないこともある。

特に複数で来てくれたお客さんは
お手上げで、そのシチュエーションすら
覚えていなかったり。

ゴンタロウの思い込みは、致し方なかったと
思うけれど、多くの人と接する人は
物覚えは、結構分かれるところも知れない。
posted by みつあき at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月02日

初めての自転車

昨日来てくれたショウジ36歳は
恥ずかしくて、ずっと誰にも
言えなかったことがあると言う。

そもそも、ショウジ君は、
子供の頃から体が弱く、
加えて運動音痴だった。
それは誰が見ても一目瞭然で
中学校くらいまでは
友人もほぼいなかった。

高校になり、音楽を始め、友人が
出来、なおかつ悶々と悩んでいた
ゲイ、ということも少しずつ
受け入れられるようになった。

二十歳を超えてから、ジムに通い、
今のゲイの友人たちに運動ダメだった、
と話すと、みんなが驚くほどだと言う。

確かに首も腕も太く、胸板も厚い。

ただ、ショウジ君は、いまだに自転車に
乗れないのが、今まで人に
話せなかったのだと言う。

水泳やジョギングも含めて、多くの
運動はスクールなどに通って
克服出来たけれど、
改めて自転車に乗る練習は
なかなか出来なかった。

つい先週、友人と飲んでいた時に、
もう25年近く前の美川憲一氏が出た
コマーシャルで、自転車に足を付きながら
乗る彼が「あーた、隅っこ歩きなさいよ」
というCMをYouTubeで見て、
大人になっても自転車に乗れない人が
結構いることを知ったそうだ。

あの話題になったちあきなおみ嬢との
タンスにゴンのコマーシャルだ!
懐かしい。

そんなこんなで、来週から、ショウジ君は、
シェアサイクルでのトレーニングを始めるらしい。

いくつになっても、新しいことを始めるのは
少し勇気はいっても、やり甲斐がある。
楽しんで、颯爽と初夏の東京を
かっこよく走ることが出来ますように。


posted by みつあき at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月18日

自分の中の人見知り

アキオ君は40を過ぎて、うちの店も含めて
ゲイバーという場所に初めて来た人だ。

去年の夏過ぎに、マッチングアプリで
知り合ったうちの常連客と出会い、
連れて覗いてくれて、それから
週に一度くらいは必ず来てくれている。

彼はずっと40前まで仕事に追われ、
そのせいかどうかはともかく、
自分の性癖を封じ込めていた。

もともと、非常に人見知りで
引っ込み思案だと言うけれど、
何が、何が、大体、近くの
カウンターにいる人に
必ず、声をかけてくれる。

お客さんの中には、自分の好きなタイプでないと
絶対声をかけない、かけられても
ほぼ適度にしか、答えない人もいる。

逆に、この人、自分に興味があるの?と
思わせるような雰囲気で語りかける人もいたりする。

それが、アキオ君は、そういう感じではなく
少し気の利いたジョークを交え、
ごくごく普通の会話に持ち込んでいく。

彼がとても人見知りで、
人と付き合ったこともない、というのは
信じられない。
それも心から求めているのに。


僕自身も昔(ある意味では今もか)極度の
人見知りで、他店のカウンターなどに座ると、
何か理由がないと(それはタイプ、
タイプじゃない、ということではなく
共通の趣味があったり、相手から
話しかけられたりしない限り)
ほぼ話が出来なかったりする。

そういう意味では、店を持って
お客さんと会話をしなければならない仕事、
という大きな理由があって、
これはこれで良かった、そう思える。

ともあれ、そんなアキオ君だけれど、
心底望めばすぐにでも良い人が
現れる、そんな気がするんだけれど。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月17日

思わぬ場所から失くしものが

スグル君は、本当によく忘れ物、
落とし物をするらしい。

去年の暮れ、とある書類を作るため、
身分証が必要で、運転免許証を探したが、
どこに置いたかわからず、焦った。

スグル君はほとんど季節に一度くらいしか
運転をしていなくて、前に運転したあと
どうしたか、まったく思い出せない。

免許証は、革細工の名刺入れに
自分の名刺と一緒に入っていて、
名刺を渡す時には持ち歩いているはずだ。

しかし、名刺は財布の中にも
数枚入っていて、最近はそちらを使っていた。

だから、日常、自分の鞄に入れているけれど、
最近とんと見ていないような気がした。

職場の机の引き出し、家の中、
あらゆる洋服のポケット、
くまなく探すが見当たらない。

仕方がなく、交番に遺失物の届けを出し、
近いうちに再交付を受けに行かなければ
そう思っていた。

そんな時に、学生時代の友人から
新年会の知らせが届き、
きちんとした格好をしなきゃ、と
お気に入りのスーツを着ようとしたら、
11月頃にクリーニングに出して
取りに行くことも忘れていた。

クリーニングにスーツを取りに行くと
「ポケットの中に、これ、入っていましたよ」と
店のおばさんに、免許証入りの名刺入れを渡された。

おおお!と思うと同時に、何故、
見つけたと同時に連絡くれなかったんだろう、と
一瞬、クリーニング屋のおばちゃんを
責めるような気持ちになった。

しかし、そのおばさんが「あとね。
内ポケットにもうひとつ、くしゃくしゃになった
このお金が入っていました」と
5000円札と千円札2枚と
タクシーの領収証を出された。

あ。前回、友人の結婚式の時に
帰りにタクシーに乗った。
その時のおつりを内ポケットに入れたのだった。

何度もお礼を言いながら、心の中で
おばさんを責めた自分を恥じた。

スーツをクリーニング屋に出したことも、
ポケットにお金や、名刺入れを
突っ込んだこともすべて忘れていた。

恥じながら、その7000円は
そのお店にあった地震の義援金の箱に
入れたのだそうだ。

クリーニング屋の女性は
「みんな、助け合って生きていかなきゃ
いけないですね」とにっこりと笑ったらしい。

何度もこのブログにも書いているけれど、
僕も再三、落とし物を繰り返していたから
きちんと反省をしないと(最近はちょっとないけれど 笑)

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月01日

本年もよろしくお願いします

年が明けました。
本年も何卒、よろしくお願いします。

昨年は本当にお世話になりました。

政権が不安定な年末を過ぎ、
元旦の今日、まったく想像していなかった
地震と津波の状態で、まったく
おめでとうとは言えない状態です。

お客さんや友人で、石川県、富山県
ほかに住まれている方、帰宅されている方が
いらっしゃいます。
テレビやSNSでは、動けない人々が
あらゆる場所で声を上げられています。

被害が大きくならないことをお祈りして、
2024年の挨拶に返させていただきます。

ちなみに、明日、Bridgeは六尺デーでオープン、
3日から通常営業となります。

本年もよろしくお願いします。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月31日

2023年 最後の日

Bridgeも17年目に突入し、
僕自身もまさかの前期高齢者となって
2023年も暮れゆく。

総括と言っても、今さら年末だから、
ということではないけれど、
今年も、とても良いことと、
ちょっと残念なこともあった。

そのそれぞれが、未来が光輝くための、
おそらく必然であろう、と思うようにしている。

良いことは、例年にも言えるけれど、
新しいお客さんが何人も来ていただけたこと。

もちろん、決して離れることなく、
飽きずに顔を見せて支えてくださっている
昔からのお客さんたちへも
当然のように、有り難く思っている。

残念なことは、先日も書いたように
体調を壊したりすることは、
お客さんや友人が何人かいらっしゃったこと、
そして中にはお亡くなりになった方も
いることだ。

とは言え、人間、一度の人生。
いつかは誰にも訪れることである。

わかっていながらも、それをついつい忘れ、
まだ先がある、と、今のことしか考えず、
その1日を無為に過ごしてしまうこともある。

僕など、もう先が見えている年齢にも
関わらず、だ。

色々な人たちとの関わりの中で、
死んだ母が言い続けたように、
感謝と反省を忘れずに、
健康でポジティブに、地に足をつけて
2024年を迎えたい、そう思う大晦日だ。

今年も本当にありがとうございました。

あ。昨日のブログでてこずった
プロジェクター、完璧で
本日の大晦日営業、
いつものように、紅白、お蕎麦、
カウントダウン、スパークリングで乾杯まで
お付き合いくださいね。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月29日

携帯は月に1ギガ!

クリスマスが過ぎると、お客さんたちが
「さあ、仕事、終わった〜!
これから休みだ〜」と
ある意味、晴れやかな顔で
来てもらったりして、
そこでああ、年末だなあ、そう思う。

昨夜はそういうお客さんたちが
次々と店を訪れてくれた。

もうすでに酔っ払ってる人、
地方から来た人、
これからとことん飲むぞ!っていう人。

30代頭から来てくれている
好青年のジュンジが、もう40代も
中盤になっていることを知り、愕然。
自分も歳もとるわなあ、と。

さてさて、そんなジュンジは
店でまず携帯を見ることはない。

「自分は基本的に、
携帯で連絡することもなく、
仕事やプライベートも何かあると
自宅、もしくは会社のPCで調べたり、
メールを送ったりします」と言う。

店に来たら、お店の人や、
お客さんと話す、それが自分のやり方、
そう言う。

そもそも、来てくれはじめた頃は、
ちょっと人見知りのような、
自分のことを語らないという雰囲気だったが
(今、思うと、それは僕の偏見かも知れない)
今では笑顔で隣の人などと
よく話している。

電車でも、携帯は開かず、
モノを考えたり、本を読んだり。
だから、彼が使うのは、携帯の月の
使用料は1ギガ未満。

暮れにそんな話を聞いて、
ああ、こういう人がいてくれると
ホッとするなあ、そう思いながら
自分のことを考えてみる。

彼よりもふた回り近い僕も、
携帯やPC(僕の場合は、電車の中でも
PCを開けてしまう!)がないと
落ち着かなかったりする。

もっとゆとりをもった
おっさんにならなきゃ。
そう思う日々だ。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月25日

嬉しかったクリスマス・プレゼントは

昨日のクリスマス・イヴ。

それぞれのクリスマスの話などしていて、
マサヒコちゃんが隣に座っていた
ショウヘイ君に「過去、もらった
プレゼントで何が一番
嬉しかった?」と聞いていた。

ショウヘイ君は、最初に付き合った人と
出会ったのが15年ほど前の9月くらいで、
そのクリスマス・イヴに、彼の部屋の鍵を
渡されたことが最も嬉しかった、と。

ちょうどふた月半で、部屋の鍵。
この微妙なタイミングが
ショウヘイ君には心が震えたのだ、と。

おお!それは素敵、とみんなが納得。


言い出しっぺのマサヒコちゃんは、
「そんなことで盛り上がってしまって、
俺は言い出しにくくなっちゃったけれど」
と前置きをし出した。

何?何???とみんなで尋ねると
大好きな人に「何が一番欲しい?」と聞かれて、
「亀甲縛りをされたい」と応えたらしい。

マサヒコちゃんは、特にSM好きでは
ないらしいけれど、
写真などでその手のモノを観ながら、
いつもこういうふうに縛られたい、
そう思い続けていたそうだ。

んで、どうした?と尋ねると、
その大好きな人は、色々探し当てて、
とある「縛り師」に連絡をし、
しっかりと縛り方を教えてもらってから、
マサヒコちゃんを縛ってくれたのだと言う。

それも、その彼とプレゼントの件を話して、
ほぼ2週間という短い間に。。。

まさかこれほどまでに完璧に縛ってもらえて
加えて、プロが言うように、それほど痛みを
感じることもなかったことに、
マサヒコちゃんは痛く感動したとのこと。

衣類や小物やコスメ、中には時計、というような
人が多い中、(もちろん、それらも素晴らしいけれど)
このふたつは確かにワンダフル!と
思えるようなプレゼントだった。

僕の過去の中で、何が一番かって考えたけれど、
いただいたどのプレゼントも
まったく上下なく、すべてが愛おしく感じていた、
とでも言っておこうか(笑)

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月23日

同じ高校の先輩、後輩

昨夜は海外出張帰りのヒロキが
帰国早々、飲みに来てくれた。

以前、ヒロキはそこそこ有名な高校に
通っていたことを耳にしていた。

そう言えば、ヒロキが行っていただろう
同じ高校の先輩が最近、店に
来てくれるようになったんだよ、
という話をしていた。

そんな話をしていた瞬間に、
その当人、アツオ君が
店にやってきてくれた。

おおお!このタイミング、と
3歳違う二人は、先輩や後輩の話、
校内の話、という話題で盛り上がる。

アツオ君よりも3歳年下だけれど、
高校時代はストレートだったヒロキ。

本人いわく、当時、
ゲイ的な嗅覚がないようだったが、
アツオ君はおそらく、あの先生はゲイだと思う、
などというような話題にはびっくりしていた。

こういうことは、店では
たまに見かける。

思えば、僕はこの仕事をして、ほぼ
世の中にはカミングアウトしているようなモノだけど、
小学校から大学、専門学校にかけても
一人も同級生や同じ学校で
ゲイ、ということを耳にしたことはない。

だから、ある意味、ゲイ同士で
そんな話で盛り上がれるのは良いなあ、
そう思った。




posted by みつあき at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月22日

東京で見かける芸能人

僕が東京に出てきた大昔、
新宿駅の地下道で、当時
ものすごく売れていたアイドル歌手の
野口五郎氏とすれ違ったことがあった。

また住んでいた高円寺で
森本レオ氏が彼女(奥さん?)と
歩いていたり、と
まだまだ若かった僕は芸能人を
身近で目にして、大興奮したものだ。

僕は大阪で生まれ育ったものの、
高校は島根県のど田舎だったから
それは仕方がない。

その際に思ったのは、
東京に住む人たちは、芸能人を
見ても、特に騒いだりしないのだなあと
関心したものだ。

しかし、それから何十年も経ち、
映画業界にいたこともあり、
それで騒ぐことはむしろ
恥ずかしい、と思うようになる。

店にも何人かの著名な人も含む
芸能関係の人がいらっしゃることもある。
そういう時こそ、いかに
他のお客さんとまったく同じように
関わることこそ、大切なのだと思う。

ただ、僕のライフスタイルの中で
最も著名人を見かけるのは
トレーニング・ジムだ。
僕が行く時間帯が、比較的
人が少ないということもあるかも知れない。

それこそ、今、売れている
マッチョで有名な俳優やお笑いの人たちが
Tシャツやタンクトップでいると、
当然ながら騒ぎはしないものの、
自分の中の押さえ込まれた
ミーハー心に少し火が付く。

まあ、単純に芸能人でなくとも、
カッコいい人たちは、本当に
目の保養になるんだけれど(笑)

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月30日

小学生のパソコン教育

小学校の教員をしているノリヒデ君は、
1年生の担任だそうだ。

驚くのは、今の小学校では
パソコンのタブレットを一人1台
持たせるとのこと。

もちろん、学校はWi-Fi環境も整っていて、
1年生は、まだどうやってキーボードを
打つか、という練習。

ただ、6歳、7歳という年齢は
そこの凄く差が出てきて、
ブラインドタッチでヒョイヒョイと
打てる子がいれば、アルファベットや
ひらがながまだ読めず、指で
ひとつひとつ打つのがやっと、
という子もいる。

PCはみんな持って帰るので、
教科書やノートと共に
僕らの時代とは想像できないほどの
物凄い荷物になると言う。

確かに、僕が住むマンションの子供たちも
どれだけ荷物があるのか、と
思うような大荷物を下げて
帰ってきているのを目にする。

PCでは、いわゆるペアレンタル・コントロールで
成人向けも含む少年には向かない
ページが表示されないように
なっているらしい。

それでも数年前までは
夜の11時、12時までPCを
観てしまう、という子も多く、
ここ何年かは、午後8時には
使えないような仕様になっているようだ。

いずれにしても、どんどん進化していき、
これからの子供たちが大人になった時には
どんな世の中になっているのか、
想像も付かない。

まあ、そんなことを考えるというのは
自分が歳とった、ということなんだろう(笑)

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月25日

それぞれの装い

今年は暑い夏が長く、。
11月になっても20度を超える日があったりして、
比較的薄着が多いゲイは、
Tシャツ、中にはまだハーパン
という人もいた。

一昨日、昨日の昼間もまだ暑かったけれど、
昨日店をオープンした頃から
急激に気温が下がって、
来る人、来る人が寒い、寒いと。

こんな週末、外出するゲイはどんな格好で
街に向かうか、考える人も多いようだ。

面白かったのは、やっぱりTシャツで
エロさ満点の二人組が来てくれたと思うと、
おしゃれなネクタイに、スッキリとした
スーツ、肩からブランドの羽織モノをした紳士も。

そんな中、関西から初めて来てくれたツグオ君40歳は、
六尺乗用らしく、これは20代の頃から
ずっと続いているらしい。

今でこそ、ラフな格好で出来る仕事だから
さほど問題ないけれど、
スーツ時代の30代は腰のあたりが膨らんだり、
シャツとズボンの間から腰紐が出てくるかと
心配だっだったと言う。

でも、何故にそこまで六尺に?と聞くと、
とにかく男を感じるから、だとか。
ツグオ君いわく、多くのゲイの人は
半幅とかの細い六尺が多く、
彼にとってそれは女性的に見えるらしい。
(これ、実は僕もそう思う)

それで彼はストレートの人たちと
同じく全幅で、かと言ってユルユルにならないように
しっかり締め込むのだそうだ。

見えるところも、見えないとこらも、
ゲイそれぞれのこだわりがある。
posted by みつあき at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月23日

それぞれの祝前日

昨夜は祝日前だったけれど、意外に
お客さんが少なくて、それぞれと
色々な話をゆっくりすることが出来た。

常連のツトモちゃんは、ここ1年ほど
イタリア人の若者と関係を持っているらしい。

彼はエッチの際、お尻の穴を舐めることは
OKでも、ペニスを口にふくむことは
絶対出来ないと言う。
性病に対して、ということではなく
(それはないだろう。穴は舐めるのだから。笑)
宗教的な問題かも、と
ツトムちゃんは言う。なるほど。


地方都市で既婚生活を続けてきた
ジュンジさんは、東京に単身赴任してから
それまで溜めていたモノが爆発し、
あらゆるハッテン場に行っていたらしい。

何度かゲイバーに行っても、
ほぼ話しかけてもらえない、そういうことが
続いたと言うけれど、
昨日は色々と話が出来て良かった、
そう言ってもらえてホッとした。


そして何といっても昨夜のトピックスは
40代2人と、30代二人が最初は離れて
座っていたのだけれど、人が少なくなり、
横に座ってもらうと、そこから会話が弾んだ。

そして、40代のリョウジ君が
30代のタクロウ君のことがタイプだと伝え、
彼らは、長い時間、ずっと手を握り合って
見つめて話していた。
店内で、そこまでのことは滅多にないけれど、
比較的人が少ない週末の深夜くらい
こういうことも良いなあ、そう思った。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月30日

ブログ数日、お休みのお知らせ

この周年前になると、なかなかあれもしなきゃ、
これもしなきゃとバタバタしていて、
なかなかブログを書く時間を
捻出することが出来ない。

ちょっと他のことに集中していると、
何かが抜けてしまい、前日、そして
当日になって、あっ!あれが、
ということも少なくない。

ブログを休んだところで、それは
まだ出て来そうなんだけど。

とりあえず、そういうエクスキューズを、
しながら、今週いっぱいブログは
お休みさせてください。
posted by みつあき at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月28日

座高から、学校での号令のこと

先週だったか、40歳になったユウジが
「そう言えば、最近の若いコたちは
もう座高の高さを測らなくなったらしいけれど、
あれって、なんのためだったんでしょう」
と言っていた。

そう言えば、学校には座高計というモノが
あったことを今さら思い出す。
身長、体重は人間ドックやら
病院の検査でも測るけれど、
座高ってなんでだろうと。

色々調べてみると、
座高の測定は明治時代からあり
、足が短い人はいい兵士になるという考えから、
徴兵目的で始まったものである。
戦後も上半身と下半身のバランスから
健康状態を見るためであったり、
机や椅子を配備する時の参考にすることを
目的として続けられたが、
座高の測定結果が生かされることが
なかったため廃止された。」
なのだそうで、これには驚き。

結局、良い兵士にならせるため、なのかと。
さらに驚くのは、これは2014年まで
続いていたようだ。
と言うことは、これ、日本だけの
計測だったっていうことなのだろうか。
まだ廃止されて10年も経っていない。

その間、これなんのため?意味があるか?と
誰も言わなかったのだろうか。

僕には子供がいないので、「起立、礼、着席」
という号令や、朝礼の時に
「前え習え、気をつけ」などは
まだ健在しているんだろうか。

座高を測るのとはまた違うけれど、
こういう規則に寄って、
本人のオリジナリティが失われている、
なんて思うのは、僕だけだろうか。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月18日

ガザ問題から

ここ数週間、テレビを付けても、ネットを見ても、
イスラエルとガザのニュースが飛び交う。

ちょっと耐えきれなくなり、
珍しく時事問題を。。。

もう何百年も前からの宗教、
人種が違うことでの抗争。
そしてそこから生まれた領土問題。

そもそもアラブ人が住むパレスチナという土地
(独立国家ではなかった)に
ユダヤ人国家イスラエルが建国されたことから
大きな対立が生まれた。

それではイスラエルが徹底的に悪いのか。
長く迫害されてきたユダヤ人が
悲願の国を創り上げた。

ただ、その地で暮らしていたパレスチナ人が
故郷を追われたという事実。

イスラエル占領下で、難民として
パレスチナ人が暮らしているのがガザ地区。

そのガザ地区で生まれたイスラム原理主義国家を
起こそうとしたのが、世界がテロと言っている
ハマス、というワケだ。

それを許さないとするイスラエル国家が
ガザ地区を武力で押さえ込もうとしている。

ガザ地区で爆撃で亡くなった人の亡骸、
行き場を失った人たちのあまりに
悲しい表情を見ているだけで、心が重くなる。

ある意味、それはハマスから攻撃を受ける
イスラエルも同じだと思う。


もう11年前になるけれど、僕はテルアビブと
エルサレムを一人、旅した。

現在は右派政権となり、かなり極端な政策が
打ち出されているようだけど、当時は
LGBTの活動が派手だったし、
それこそ、それぞれの宗教が
お互いをリスペクトした地として
マドンナがツアーの幕開けに選んだ土地だった。


うちの店で話が出るちょっとした好き、嫌いの問題
(食べ物や文化的なちっぽけなことだけど)で
よく、何が正しくて、何が間違っているか、
という会話などになる。
しかし、世の中にどれほど正しいことと、間違っている、
と断言できることがあるのだろうか。

ただ、戦争などの発端はともかく、一番の誤りは
まったく罪もない民間人を傷つけることなのだ。

ウクライナも含めて、こういうことが続くたびに
鬱々となってしまう。

中立国と言われている(ほんまかいな)日本が
なんとか出来ることはないんだろうか。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月27日

リュックの選択

ここ5年ほど使っているリュックが
かなりボロボロになってきた。

ってなワケで、新しいリュックを
探しにいくつかの店舗を見に行ったけれど、
これがなかなかしっくりいくモノがない。

ジムに行く際に持っていくモノが
比較的多かったりする。
シューズやグローブ、ベルトなどは
ジムの専用ロッカーに置いてあるけれど、
着替え、プロテイン、ウォーターボトルなどなど。

それ以外にも、このブログを書くための
ノートPC、そして筆記用具や老眼鏡、
昔は傘は持ち歩かなかったけれど、
リュックの脇に入れる場所があったので
必要な時は折りたたみ傘。

どうしてもジムの帰りにそのまま、
店に行くことになるので、
それ以外に店の必要なモノ
(タオル類やら諸々)を入れたり、
仕事の帰りにスーパーに寄ったりすると、
物凄い量になってしまう。


それが今まで使っていたTHULEという
ブランドは、非常に良く出来ていた。

今回、店を回って良いモノが見当たらず、
Amazonで使ってみて気に入らなかったら
返すことが出来るサービスで
いくつか試してみた。

PCを入れる場所がリュックベルトの
内側にあって、いちいち
取り出すのが大変だったり、
傘やペットボトル入れる部分がなかったり
あっても小さ過ぎたり、
また財布や免許証を入れる
ポケットがなかなか良い部分に
付いていない、とか。

他ブランドがダメだから、
持っているTHULEもいくつか
試してみたけれど、これまた
リニューアルのほうが使いにくい。

僕の求める部分が多過ぎるのか、
はたまたずっと使っているモノが
フィットし過ぎたのか。

結局、もう少し気にいるモノが
出てくるまで、あと少し使い続けようと決めた。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 18:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月16日

ちょっとコワい話

昨夜、たまに来てくれる3人のお客さんが
たまたま他店で横に座った29歳の
アキオ君に声をかけ、連れてきてくれた。

アキオ君は地方都市の山に囲まれた
小さな町に住んでいるらしい。

彼が住む場所では、なかなか
付き合う相手や友人でさえ
出会うことも出来ず、
過去、付き合った人も一人だけだそうだ。

今回は、久しぶりに連休で
東京にやってきたとのこと。

ただ、生まれた場所や家族は
かなり離れた県に住んでいて、
彼は一人暮らしなのだそうだ。

多くの一人暮らしのゲイは、
とかく都会に出がちだけど、何故、
そういう場所に?と尋ねると、
アキオ君いわく「田舎暮らしに
憧れていたのと、
実は古民家を買ったのです」と言う。

そんなに若くして買った古民家は、
競売物件だったらしく、
かなり広めの土地に畑もついている
2階建てでしかも安いけれど、
まず、内覧が出来なかったようだ。

そもそも入る前に、住んでいた人が
なかなか出ていかず、少し揉めたようだ。
やっと出て行ったと思うと、住人の
祖父母や祖先の写真や、仏壇ほか
多くのモノがそのままになっている。

連絡をとって何とかしてくれと伝えたけれど、
すべて捨ててくれ、と言われたのだと言う。

仕方がないから、アキオ君は一人、
片付けたり、捨てたりしながら
そこに住むことにした。


しかし、その母屋の一階で、
夜、寝ていると
2階で人が歩く音がしたり、
階段の上がり降りまで聞こえると言う。
それも走り降りるような音なのだと。

ものすごく気持ち悪い中、
会社の上司に相談すると、
笑い飛ばした彼が
泊まりに行ってやる、と言う。

しかし、その上司が来てくれた瞬間、
体調が悪くなって、泊まらずに
帰って行ったのだそうだ。

田舎から来る両親も、当日になって
体調悪く来られなくなったと。

アキオ君は、さすがに悩んだ結果、
近くにアパートを借り、
畑で育てたモノの様子を見るためだけに
通っている状態らしい。

今後、たぶん売ることも出来ずに、
お祓いでもしてもらおうかと画策中。

アキオ君と一緒に来た3人は
その土地にはぜひ行きたいけれど、
さすがにそこに泊まれないなあと
申し訳なさそうにつぶやいた。

あまりそういう経験もなく、
目に見えないモノも信じないタイプの僕だけど、
さすがに、これは怖い話だと思った。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする