2018年01月05日

正月の過ごし方

昨日、来てもらったお客さんたち
それぞれに、どんな三が日を過ごしたのか
尋ねてみた。


元旦から出会い系アプリで初デートした
という20代のケンゴ君もいれば、
うちから歩いてすぐの場所にある
とある神社に行くと、
年末にあった事件のせいで
(と書くと、どこかわかってしまうが)
かなりガラガラだったと言うエイジロウちゃん。

そして年末、年始はずっと外で
仕事で明日から2日間だけ休み、
とかなりゲッソリとした表情で
「ビールがうまい!」と飲んでいた
サブロウちゃんもいたりした。

思えば、僕も十代の頃に
ホテルでアルバイトをしたいた時期があり、
前夜は紅白歌合戦を観ることもなく、
四畳半の部屋で早々に一人休み、
元旦の初詣に行く酔っ払った若い人たちを
横目に、早朝、仕事場に向かったことを思いだした。

あの頃の正月は、コンビニもほとんどなく
(どれだけ昔やねん)
デパートも、どのお店もまったく
開いていなかった。
大晦日までに食事の準備などしていれば
良かったけれど、忙し過ぎて
そういう事も出来ず、
押入れの奥に眠っている
親から送ってもらったインスタントラーメンを
すすった正月だった。

今、思うと、とても惨めな感じはするけれど、
当時はぐったりと疲れて帰って来ても、
そのあとジョゲングをしたりしながら、
貧しくても元気でいられる、
その若さがなんとなく誇らしく思える時代だった。


今や正月と言うと、
一部のお店は休んではいるものの、
多くの店舗は普通にオープン、
帰省している人がいながらも、
それなりに人通りも多い東京。

正月など一年に一度だけ。
あの頃の静けさは素敵だったなあと
思うのは僕だけだろうか。

年に3日間くらい、すべての店が
クローズしたところで、それほど
困らないんじゃないか、
そんなことを考えた1月4日の夜だった。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************

posted by みつあき at 15:05| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

良いお年をお迎えください

2017年もあと少し。

今年は10年目という店にとっては
大きな節目の年となった。

Bridgeカフェは3年が過ぎ、
ラファエルの平日の深夜営業や
マサヤによるSaku Saku Mondayなど
新しい試みも始まった。

今年は本日、大晦日、カウントダウンを入れて
朝までの営業。
そして新春は、2日の日、タクヤの初めての
六尺デイからオープン。

2018年もよろしくお願いします。

posted by みつあき at 20:57| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

女装をする、ということ

周年ネタが続くので、このあたりで
通常ブログに戻らなければ、
という気持ちもあるので、
とりあえず10周年ネタは今日これまで、ということに。

さてさて、前から言われ続けていたことが
「周年だから女装しないんですか?」という
お客さんからの要望や質問。

基本的に、ゲイバーやっている=女装、
という図式というのが、どうなんだろう?
そう思っている。
それはゲイバーだから、主人を「ママ」と言い、
スタッフを「店子」ということも同様。


もちろん、ゲイバーの多くのお店が
周年パーティの時だけはマスター、またはママが
女装をする、という習慣があることは否定しないし、
それはそれで楽しい風習かなとも思っている。

でも、僕自身は、自分が女装することに
まったく興味がなかったし、

それをすることに伴うエンターテイナーとしての
資質もない、そう思っているからだ。

僕が尊敬する多くの女装家、ドラッグクイーンの人たちは
本当に素晴らしいエンターテイナーが多くいる、というだけに。

もちろん、僕の気持ちの奥底に
僕はゲイだけれど、男の身なりとして男が好きなだけあって、
自分の中の女性的なモノを否定する延長線上に
女装やいやだ、という気持ちがなかったかと言えば
ウソになるのかも知れない。


ただ、今回の10周年で映画を作ることにあたって、
出演もしてくれている長年の友人でもあり、
女装のエスムラルダと色々相談した上で、
ドラマの中であれば、
お客さんに笑ってもらえる、楽しんでもらえる、
ということで挑戦してみようか、というのが僕の試みだった。

まあ、それが成功だったのか、楽しんでもらえたのかはともかく、
僕自身は、生まれて初めての女装を楽しんだし、
メイクをしてもらい、ウィグを付けた瞬間、
正直、女装マニアの人がその身なりで
街を闊歩したくなる、
という気持ちがわからないでもなかった。


まあ、これから僕がこういう形であれ、
改めて女装をすることがあるのかどうかは
わからないし、まず、ないだろうとは思うけれど、
経験として良かったとも思っているし、
とても短い時間だったけれど、
それなりに楽しんでもらえたとすれば、
それは救いだ(笑)
posted by みつあき at 17:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

10周年ロス

だいたい、周年パーティが終わると、
なんとも言えない空虚感に襲われるのだが、
今回は例年よりも大きかった。


10周年を祝っていただく、と言うよりも、
10年の間、それはたった一回でも
お店に来ていただいたお客さんに感謝の意を表す、
ということが本来の周年の目的だ。

もちろん、例年のパフォーマンスを見て、
お客さんに喜んでいただく、ということは
とっても大きな目標ではあるけれど、
そんな事よりも、もっとスタッフや僕と
語らいたい、ワイワイとしたい、
そういうお客さんも多くいらっしゃるだろう。

うちのパフォーマンスは、とかく大掛かりになってしまい、
少しばかり、そこのところ
(お客さんをきちんともてなすということ)
が抜け落ちる嫌いはある。

それは十分に注意しなければならないところだが、
どうしても、パフォーマンスのほうに気持ちがいってしまい、
お客さんを完全に満足できなかったりすると
本当にそれは本末転倒だったりする。

これもいつものことだけれど、
パフォーマンスのバタバタで
なかなかきちんとお見送りし、
感謝の意を伝えることが
出来なかったりすることだ。
特に1日目は、共に写真さえ撮ることが出来なかった
多くのお客さんたちには、心から失礼をお詫びしたい。


今回、10周年という節目に立ち向かうために、
長々と準備を進めてきたこと、
あらゆる部分に目を凝らさなければならなかったこと。
書き出すときりがないほどのバタバタだった。


スタッフと、今回は何をするか打ち合わせをし、
映画とライブの組み合わせという方向性を決めたのが4月。

5月にストーリーを考え、何度か書き直し、
配役を決め、6月の旅行中に脚本を書くことにした。

とは言え、時間的にも、力量的にも、
そして経済的にも、
そんなに大それたモノは出来ない。

シンプル、かつ少しひねりがあるモノ。
なおかつ、パフォーマンスと組み合わせて、
きちんとテーマが伝わるモノ。

ゲイという中で、色々な形の恋愛、
友情、そういった結びつき。
過去の傷や痛みは、どうやって未来に
繋げることが出来るのか。
それを超えることが出来るのか。
それが今回のテーマだった。

そしてこのテーマに沿って、
7月、8月で映像を撮影、
8月、9月でそれぞれのパフォーマンス練習を
試行することになった。


前回のブログにも書いたように、
直前で編集していたすべてのデータが飛んでしまったり、
パフォーマンスがギリギリまでうまくいかなかったり、と
さまざまなことがありながらも、
何とか当日まで漕ぎ着けることが出来た。


とは言うものの、当日も音響やライトの誤作動、
映像が止まってしまう、というアクシデントがあった。

周年前日までに2度もリハーサルをやったにも
関わらずだった。

リハーサルの最中にわかった音や映像の問題、
それに周年当日の朝、手を加えて、
編集ソフトからPCに書き出しをしたことや、
僕のMacと、装置担当のとくさんとのWindowsの相性など
いくつか問題があったようだった。


特に、初日、29日の最終回は、
すったもんだで、1時間近く遅れた末、
映像が途切れ、
音楽のみさえ、途中から出なくなり、
それぞれのiPhoneをアンプにつないで
楽曲を流す始末。

助かったと言えば、この最終回の第3部は
映像が前半で終わってしまい、
後半はすべてパフォーマンスで作っていたことだった。


途中で帰らず、最終的に
全パフォーマンスが終わったのが4時前。

それにもかかわらず残ってくれた
多くのお客さんを目の前に、
この何ヶ月もこの日のために
頑張って色々練習を重ねてくれたスタッフ、
そしてゲストや手伝ってくれた人たちに対しても
申し訳なさと悔しさに、
僕は初めて店の中で泣いた。

その部に関わらず、ご迷惑をかけたお客さん、
不快に思われたすべてのお客さんに
この場を借りて、改めてお詫びをしたい。

このパフォーマンスが、
決して僕ら、いや僕だけの自己満足に
なっていないことを祈るばかりだ。

もちろん、ネガティブなことばかりではなく、
この長い月日、大変な時間を費やしてくれた
愛すべきスタッフたちには心からお礼を言いたい。

まだこの不可思議な喪失感は、少し続きそうな気がする。
この次のブログには、
「結局、話がよくわからなかった〜」という人のために、
改めて、内容を書こう、そう思っている。




続きを読む
posted by みつあき at 13:27| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

お詫びとお願い

昨日、還暦になって、頑張るぞ的なブログを
書いたばかりだったのだが、
なんとそういう中で大トラブルが発生。

10周年のパーティを目前に控えて、
一昨日からPCの調子が悪く、
結局、昨日1日をかけて、初期化、
そしてバックアップしたモノを戻した。

しかしながら、愛用、そして酷使していた
Final Cut Pro Xという編集ソフトの中で
編集していた膨大な映像の編集がすべて消えてしまっていることに。

サポートを電話で受けながらも、
外付けのバックアップ・ハードディスクのどこを探しても
見当たらず。

愕然としながら、ここに来て、一からまた始めることに。

という訳で、今日、25日、月曜日と
27日の水曜日の僕の営業は休ませていただき、
ここ3日間は、スタッフのラファエルが対応してくれる、
ということに。

28日木曜日は、前日のリハーサルのため、
お店はお休みとなります。

29日、30日は万全の形でお会いできることを
約束させていただきます!!!

それにしても、神はこの年配者に
膨大な試練を与えてくれる(笑)
んにゃ、年寄りでは、まだない!!!(断言)
posted by みつあき at 17:30| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

9月20日、今日が10年目!!!

来週末、行われる10周年パーティだが、
実は今日、9月20日こそ、Bridgeの10年目なのだ。

ドキドキワクワクしながら迎えた初日。

多くの友人や知り合い、そして新たなお客さんに
緊張しながらの1日だった。

あれから10年。
多くの長くやっているゲイバーの人たちに聞くと、
みんな、どれだけ長くてもあっという間だと言う。

確かにそうだ。

この10年を支えてくれた多くのお客さんたち、
そして30人にものぼるスタッフたちに
今日だけは、心から感謝をする1日にしたい、そう思う。

来週の周年パーティ、
そして明日からの11年目、
いや20周年へ向かうBridgeを
今後ともよろしくお願いします。
posted by みつあき at 10:38| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

10周年 予告編

ここで何度も触れさせてもらっている
今年の10周年パーティでの
映画&ライブの予告編映像が出来上がった。


Youtubeで限定公開のため、
一部のスマホからは、繋がらないl
ということもあるようだけれど、
PCなどから繋がるようなのでトライしていただきたい。

また、どうしても観ることが出来ない、
という方は、このHP経由、
または、garp@mvc.biglobe.ne.jp
までご連絡いただければ、
dropboxなどのURLを送らせていただきます。

よろしくお願いします。
posted by みつあき at 12:28| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

お知らせ

10周年パーティについては
何度かこちらで書かせていただいていますが、
お願いしたいことをいくつか。

例年、ショウは一度だけで帰られる人も多いのですが、
今回は、ドラマ仕立てにしているため、
3回とも観る方が多くなるだろうこと、
そして10年目ということもあり、
一回ずつが、かなり混み合う可能性が高くなりそうです。

パフォーマンスは22時、0時、2時なのですが、
出来れば30分前くらいに
到着してもらうのがベストだと思います。

ギリギリになればなるほど、
入れなくなってしまう可能性もあるので
くれぐれもよろしくお願いします。

また、当日4000円が3500円となる前売り券は
店内のみで発売していますが、
今年に限って、両日来ていただける方には
2日通し券 6500円で扱っております。

前売りでの優先入場はございませんので
よろしくお願いします。

また、一両日中には、予告編がYoutubeなどで
限定公開されますので、そちらのほうは
改めてURLを載せます。






続きを読む
posted by みつあき at 16:23| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする