2019年01月15日

ツイッターのフォローについて

一昨日、1年ぶりくらいに
覗いてくれたユキオちゃん。
彼とはインスタグラムや
ツイッターで繋がっていて、
彼が色々とアップしているのを
見たり、読んだりしているせいか、
それほど久しぶりという気持ちがしない。

そんな話をしていたら、
「みつあきさんは、お客さん以外は
どういう人のツイートを
フォローしているの?」と聞かれた。

f-twitterceo-a-20180826-870x541.jpg


さすがに関心があることをつぶやく人であり、
考え方とか意見もそうだが
趣味的なことの情報を得るために、
フォローしているかなと答えた。

そうするおt、ユキオちゃんは、
「僕ももちろん、自分と考え方が近い人を
フォローしているのだけれど、
真逆の人もそれなりにフォローしている。」
そう言った。

自分の興味があることや、近い人は
当然のようになるほど、と思って読むけれど、
そうすると、どうしても偏ってしまう。
だから、そうではない人たちを
フォローすることによって
見えてくることもあるのだと。

Aという考え方もあれば、 Bという人もいる。
そこに決定的な違いもあるけれど、
どこか、自分の考え方とは違うけれど、
納得できたり、感心したりする意見も
あったりする。
また、さらに自分の考えていることが
きちんと整理出来たりするそうだ。

昔のように本を読まなくなった、
と言われる昨今。
本を選ぶ時には、自分が興味が
あるモノしか読まなかったけれど、
確かに、ネットによって(くだらない言葉も
山のように溢れているけれど)
様々な意見を聞くことも
出来る時代になった、それはそう思う。

ユキオちゃんの意見は、
僕にとっては、なかなか説得力があり、
うなづけることもあった。

しかし、数限りなく流れてくる
ツイートやインスタグラムを見るのは
かなり限度もある。
こことのところ、僕は1日一度
目にするか、どうかだったりする。

そう思うとなかなか選択肢が
広がらなかったりもするから、
SNSには出来る限り、
躍らされないようにしているのだけれど。


***********************



posted by みつあき at 14:57| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

トモちゃんとマサさん

新しい年になり、店をあがってから
朝(っていうか、昼)起きて、
すぐやったのが、年賀状のチェックでも、
お雑煮を食べるでもなく、
「トモちゃんとマサさん」という
ショート・ドラマを観た。

48387377_290889071782542_64447758097973248_o.jpg

これは、僕が世話になった
タックス・ノットのマスターの大塚隆史さんと
俳優の青山吉良さんが15年前に作った
「違う太鼓」という舞台の後日談を
大塚さんのパートナーでもある伸二さんが
脚本を書き、制作したショートドラマ
「トモちゃんとマサさん」だ。

「違う太鼓」は、50代になったゲイの友人同士の
微妙な関係を描いた舞台だった。

このドラマは、その後、
70近くになった二人が、
友人の葬儀からトモちゃんの
アパートに帰ってくる、
というところから始まる。

ドラマと言っても、大塚さんいわく
ボラギノール・ドラマ。
ボラギノール????

あの痔の薬の???何???
ネットで調べてみると、動画でCMが
出てきた。

ほとんどテレビを見ない僕は
このCMを知らなかったけれど、
なるほど。
写真画像を細かく重ねていって
音声を被せた「紙芝居的ドラマ」と
なっている。確かにこのCMの作り方と同じ。
とは言っても、さすがに伸二氏、
かなり凝って作られている。

この5話あるドラマを、少しずつ
ネット配信していくという形式だそうだ。

演出方法の面白さ、手の込んだ感じも
さることながら、ちょっと年を重ねた二人が
これからどう生きていくのか、
ライトコメディとして、とても楽しめる。

元旦に公開した第1話の前編(約10分)が以下。


また、この続き、後編は今日の深夜
(つまり1月4日の午前0時)に公開だそう。

ちなみに、上に書いた「違う太鼓」の
舞台映像は、以下で観ることが出来るようだ。


お正月、最後の夜をお楽しみあれ。

***********************


posted by みつあき at 15:39| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

まさかのカミングアウト

初めて来てくれたスグル君は35歳、
大企業に勤めるサラリーマン。

彼はFacebookをやっていて、
自分の仕事仲間とのことや、
仕事内容についてのこともアップしながらも、
そこそこ充実したプライベートも載せる。

カミングアウトはしていないので、
さすがにゲイ的なことは
伏せながららしいけれど。
彼が繋がっている人たちは500人ほどで
その9割はストレート。

学生時代の友人から会社の仲間、
仕事関連の他社の人たち。
10%のゲイの人たちも
裸画像など載せたりしない、
基本的に本名でやっている人たちだ。

そんなさなか、ある朝、会社に行ったら
上司に呼ばれて「お前、Facebookに
変なモノ、載せてるけど、
あれは消去したほうがいいだろ」と言われた。

え?と思い、社内で開いてみると
自分のページに、自分が好んで観ている
SM系のゲイビデオがアップされている。
それも昨日の夜、観たヤツだ。
マッチョな毛むくじゃらの坊主男が
縛られて、ゴツい兄貴に
よがらされているモノ。

365577_11_l.jpeg

何らかの間違いで、
それをポチッとしてしまったのか。
日頃、気を付けているはずなのに・・・。
なおかつ、そこにはゲイからのイイネ!も
たくさん付いていたり、
ストレートからも「大丈夫か?」と
コメントが付いたりしている。

咄嗟に社内を見渡しても、
見たのか、見ていないのか、
素知らぬ顔をしながらも、
みんなほくそ笑んでいるようにも見える。

やっちまった。
それをアップしてから、何時間経ったんだろう。
8時間?それとも10時間??
30分近くあるビデオがしっかりと
アップされている・・
もちろんすぐに消去。

ストレート男子からは何も言われないけれど、
女性の何人からは
「スグルさん(ここは苗字)、
そういう趣味あったんだ」とか
「彼女のいない理由がやっとわかった」とか
言われる。

そのたびに、「あれ、なんかの間違いで」とか
「そんなワケないじゃないっすか」とか
笑って誤魔化すばかり。
個人的な友人にもカミングアウトしたことなど
まったくなかっただけに、
あたふたする自分を
客観的にどうかとも思う。

まあ、仕事にはそれほど支障はないようだけれど、
知らず知らずにアウトしてしまったこと例だ。

間違って他の人に送るメールを
送信してしまうことなどある僕だけれど、
みなさん、気をつけましょう。

*************************

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 14:55| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

テザリングと深夜営業

いつも、このブログは、いつも
愛用のMacBook Airで書く。
自宅以外なら、地下鉄の中とか、
映画館やジムのロビーとか
試写室とかで書いたりしているけれど、
そういう時に便利なのがテザリング。

いわゆるインターネットを
iPhoneで共用する、というヤツだ。
Wi-Fi環境がない時には、
スイスイと繋がるし、
どんどんアップ出来る。

img_7a9dfc1f9a94c2abdce95a6514dc2fb8308425.jpg


先日、九州に行った時に
入ったレストランのWi-Fiがうまく繋がらず、
色々調べた結果、iPhoneのほうの
ネットワーク設定をリセットしてみた。
その時のWi-Fiは何とかなったんだけど、
それ以降、何故かiPhoneを使っての
テザリングが出来なくなった。

これは何とかせねば、と
ネット検索してみるけれど、わからない。
アップルストアはいつも混んでいるので、
この2日間、量販店のアップルコーナーに
行ったのだけれど、
店員の人も色々やってみるけれど
わからないと言う。

んで、結局いつもこういう時に
お世話になっているアップル・サポート。
いつも、iTunesやら、Final Cut Proやらで
わからない時に、物凄く丁寧に
対応してくれるので、重宝している。

PCや、携帯に関して、まだ同世代よりは
理解しているつもりでも、
ちょっと込み入ってくるとお手上げ。
半年に一度は、サポートのお兄さんや
お姉さんに助けられる。感謝。

ただ、今回だけは、何人ものどうしても検証出来ず、
4時間にも及ぶやり取りで、
とりあえずiPhoneを初期化してみる、
とか面倒なことに。。。
時代だなあって思いながらも、
ま、頑張って付いていくか(笑)


さて、お知らせのとおり、
ラファエルの深夜営業は
本日の深夜をもって終わります。
1年間、本当によく頑張ってくれましたが、
週末は続いて入ってくれる予定です。

また、明日から水、木の0時以降は
マサヤとなります。
マサヤが入れない場合は、
私、みつあきが2時まで営業します。
面倒ですが、ホームページのスタッフ表か
ツイッターなどをご覧ください。

オープンは明日、11月1日から
20時となります。
諸々、よろしくお願いします。


*************************

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:02| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

店のWi-Fi環境

思えば、うちの店のネット環境は
この11年の間にずいぶんと変わった。

仕事を辞めてから、
すっかりMac派となった僕は
会社で使っていた個人使用のWindowsを
店に持って来て、
お客さんに使ってもらっていた。

ちょうど、うちの店とオープンと同時に
iPhoneが発売されたが、
まだスマホ元年にはちょっと遠い頃だった。

それから3、4年経った頃から、
多くのお客さんは
ガラケーからスマホに乗り換え、
ほぼ、ほぼ店のPCも使われなくなった。

そして5年ほど前に、
WI-FIを導入。

しかし、マシンのせいか、
うちの建物のせいか、
何故か突然繋がらなかったりする。

一度、線を抜き差しすると
生き返るのだが、これがとっても面倒。

そして先週の11周年パーティでも
ネット経由のカラオケが、たびたび
止まってしまったりする、という
アクシデントに見舞われた。

結局、自宅でもう使わなくなった
Mac用のルータを持参。

01.jpg

オーディオ関係の繋ぎかたなど、
ちょっとした事なら、なんとか
出来るものの、少し面倒になると
すぐにお手上げ。

ここで、先日もパーティの際、
写真やビデオを担当してくれた
旧スタッフのジュンイチロウに
頼んでみる。

パスワード忘れやら、ありとあらゆる問題が
起こりながらも、なんと奇跡的に
ルータが繋がる。

今のところ、今までになくスイスイと
繋がっていく。

ホント、ジュンイチロウに感謝。

これから、映像のダウンロードやら、
外国人のお客さんたちは、
今までのようにヒヤヒヤすることなく、
WI-FIが繋がるはずである。

**********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 18:44| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

ゲイアプリの穴について

よく来てもらう同世代のシイナさんが
昨日の深夜、ぶらりと来てくれた。

いつものようにビールを頼まれ、
開口一番に「数日前のブログ、
読ませてもらったんだけど」
と話をされた。

会社の女子がゲイに成りすまし、
社内の誰がゲイか、というのを探っていて、
それで自分がゲイであることがわかった、という件。

「あの話は酷い。
あんな事がまかり通るなら、
ゲイの人権なんて、メチャクチャ。
カミングアウトしたくても出来なくて、
ゲイがどれだけ抑えて生きているか、
それを彼女たちはわかっていない。」
そう、シイナさんは言った。

確かにそうだ。
彼女たちは、ゲイがどれだけの思いで
ひっそりと生きているか、
バレてしまわないように、どれほど
気を使って生きているか、なんて
ほぼ想像していないと思う。

ただ、だからと言って、
彼女たちの好奇心や
もしくは、憧れの上司がゲイだったら、
自分からアタックしても無理、という
厄介が省かれる、という気持ちに
蓋をしろ、と言っても難しいと思う。

ひょっとしたら、ゲイだって、
トランスジェンダーだって
ストレート男性を落とそうと思って、
女性のふりをして、
お見合いアプリなどを
ダウンロードし、
見ている人もいるかも知れない。

理由はどうであれ、ネット時代のこの世の中、
法に触れなければ、覗いてしまうことは
残念ながら「アリ」なのだ。

どうしても、そういう事を気にして、
万が一の事を考えた時に、
絶対に自分がゲイであることを
バレたくない、
そう思うのであれば
顔はもちろん、
自分だとわかるような部分は
決して出さないことしかないのだろう。

ゲイのサイトをゲイしか
絶対見ないとは限らない、
それが証明されているワケだ。

増して、写真なんて、今やいくらでも
コピーして、世界中に
バラ撒かれてしまうのだ。

本当に厄介な世の中になってしまったと思うか、
それとも、自分にとって、便利な部分だけを
賢く使っていくか。

これからさらに増えていくであろう
面倒なことも含めて
考えさせられる話であることには間違いない。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************


続きを読む
posted by みつあき at 14:58| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

怖い女子社員の話

オオツキ君、35歳は大きい企業で働く
サラリーマン。
彼と同じ部署にいて、
それなりに話をする30歳の女性社員から
数ヶ月前に、「オオツキさん、
今度、デートに誘ってください」
そう言われたのだそうだ。

美人で仕事も出来るけれど、
何故かまだ独身。

え?積極的!なおかつ、めんどくせえなあ
なんて思いながら、適当にうだうだとしていたら
「いつにします?」とさらに押してくる。

う〜ん、いっそのこと、
一度だけ食事にでも行って、彼女がいる
ということにするか、と日程を決めて
ちょっとオシャレなレストランへと向かった。

ワイン飲みながら、乾杯。

「オオツキさん、何故、私、
オオツキさんをデートに誘ったか、わかります?」
といきなりの質問。

「寂しそうに見えたから??」

「いえ。
オオツキさん、ゲイですよね?」
と、突然来た。

「え!?な、何、それ?」としどろもどろ。

「会社の中の女子社員、結構知っていますよ。」

色々聞いてみると、どうやら出会い系アプリを
一部の女子が男に成りすまして立ち上げ、
会社の中にゲイがいるか、探していた、
と言うか、35歳以上でいい男なのに独身の
社員はホントにストレートなのか、
自分(たち)に、可能性があるか、
探るためだそうだ。

「だから、オオツキさん以外にも
何人か見つけちゃったことを、女子社員で
噂になってるんです。」

こういう話、噂には聞いていたけれど、
オオツキ君にとって、
かなりのショックだった。

また、自分自身、社内でそれほど
アプリを見ていないせいか、
まさか社内で、他にゲイがいるとは、
それも驚きだった。

ということが、ストレート社会では
結構広がっているらしい。
かなり下世話で、酷い話だけど、
そういう時代だから仕方がないのかも知れない。

さて、女子社員の話はまだ続いたが、
これは次のブログで。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 18:41| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

SNSという文化

結構、うちの店が静か(だろう)と思われる時を選んで
来てくれているショウゾウ君は
SNSでツイッターをやっても、
インスタグラムはやらない派らしい。

ツイッターでは、不平不満を
ぶちまけることもあるけれど、
それよりもどちらかと言うと
自分の考えをつぶやくことに専念する。


インスタグラムが苦手なのは、
リア充自慢大会、というようなところが
ダメなんだそうだ。

僕自身もやっているけれど、
僕はツイッターやFacebookと同様、
へえ、こういう事、場所、人たちが
いるのか、と情報を得ることに喜びを見出したりするほう。

確かに僕も旅行や舞台や映画などに
胸を打たれた時にあげたりしているのだが、
これも、もし出来れば行ってほしい、
観てほしい、という気持ち、
そして自分の記録しておく、
という意味では、とても良いツールだと思って
使っている。

確かに、SNSはフォローする人、
しない人、いいねをする人、しない人、
そしてその数というものが
如実に反映されている。

若い人の中には、それを
物凄く気にする人もいるのかも知れない。
そういう事に振り回されたくないから
絶対にしない、という人もいるかもしれない。

思えば、僕が最初にやっていたSNSはmixiだった。
mixiは、日記という形をとっていたり、
コミュニティというツールがあったり、
今のSNSよりも、もう少し人々を
繋がりが深くなるモノだったような気がする。

ただ、瞬時にアップされるツイッターは、
たとえば今回の災害などは
人を救う一歩になったりもする。

時代によって、SNSはどんどん変化していく。
それにどういう形で関わるか、
関わらないかは、個人それぞれが
決めていけばいい、そう思う。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************

posted by みつあき at 18:01| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ユーチューバーの凄さ

昨日来てくれていたリョウジが、
知り合いのサトルがYoutubeで
とっても有名になっている、
と聞いたらしく
「いやあ。俺も少し若くて
エネルギーがあったら、Youtuberになりたい!」
そう言っていた。

個人的に長年の友人でもあるサトルは、
僕が店を始めた頃から、
フードをYoutubeにアップして
稼ぐ方法を模索していた。

そこには驚くような
観たこともないような食事もあれば、
誰でも行ったことがあるファーストフードもある。
自分で料理したモノもあれば、
友人、知人に呼ばれて食べるディナーも並ぶ。

最初は単に食べ物を撮っていただけ、
というのが、徐々にカメラワークや
ライティングなどが凝り出し、
いつの頃からか、
どんどん視聴者数が増え出していった。

そして、あらゆる食材を
「ぜひ、宣伝してほしい」と
送ってくる食品系の会社があると思えば、
有名レストランやショップから
インビテーションがどんどん
送られてくるようになったのだそうだ。

最初にサトルがそう目論んでいたのかどうかは
わからないけれど、
彼のYoutubeはあっという間に
何万、何十万ヒットになり、
フード業界ではかなりの話題となっていった。

去年の年末、僕がNYに行った時も、
ちょうど同じ時にいたらしく、突然のメール。

「今、Youtubeが選んだ10人とかに招待されて
トム・ハンクスと一緒に食事しているよ」と。
これには驚きだった。

彼がどういうふうに、視聴者を増やし、
ここまでになったのか、
それはわからないけれど、
いずれにしても時代を
追いかけている、という意味で
凄いなあと思うばかりだ。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 00:13| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

PCとの対決の日々

僕はこのブログを仕事の行き帰りの地下鉄の中や
たとえば映画を観る前や、ジムに行った帰りに
ちらっとカフェに寄って書いたりしている。

外で書くことが多いので、愛用の
MacBook Airを持ち歩いている。

ものの15分から20分くらいなのだが、
ここのところ、書いて保存しようとすると
出来ていなかったり、何故か飛んでしまったり
という不具合が起こり、
最初に書いた文章をほぼ忠実に
書き直せなかったりする。

去年の周年用の映像編集がぶっ飛んでしまったことは
ここにも書いたけれど、
それ以外にも、家でのiMacで、
ファイルがうまく保存されていなかったり、
送ろうと思っていたエクセルが
起動しなかったり、と
パソコン環境に悩ませられることは多い。

自分がPCに結構疎いということもあるだろうけれど、
ここのところの不具合を
親切なアップルサポートに電話をして
尋ねても、何故か理由がわからなかったりする。

中には再起動をかけると、うまく行く、
という場合もあるけれど、
その再起動をかけること自体で、
開いているアプリケーションが
閉じなかったり、ということも多く、
そんなことで半日が過ぎてしまったりするのだ。

そう。こうやって書いていても、
ちゃんと保存できているのか、不安となり、
最近は文章の途中で、コピペして
ワードなどに保存しておく、
ということさえしたりする。

今の若い人たちは、こういうブログや
他の作業も、携帯でスイスイとやるようだが、
僕自身、文章を書くのに、携帯で、
という気にはとてもならない。

日々、あまりストレスを感じることがない僕も
このPCの問題だけは、とてもストレスになっている。

かと言って、先日手放した車のように、
PCや携帯とはおさらば、なんていう
生活は、さすがに想像できない。
僕と同世代で、鼻からそういうモノを
否定し、使っていない人はいるけれど、
そこには戻れないワケで。

とは言え、しょせんマシンなのだ。
それに振り回され、ストレスを感じること自体が
問題なのだと気が付いた。
そう気が付いてからは、何か支障があっても、
またMacちんが機嫌そこねたんだね、ハイハイ、
そう思って次に進むようにしている。

とは言っても、このブログの送信ボタンを
送る時に、ドキドキするのは変わらないけれど。。。(笑)

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 19:52| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

日本のイベント・チケット販売方法について

ラグビーファンのアキノリが
自分の大好きなチームの試合のチケットを
発売日にゲットしようとチケット取扱店に
出向いた時のこと。

発売日に他のチケット売り出しも多くあり、
朝10時にそれなりの列。
それでも10分過ぎには自分の番が来たのだが、
いざ、座席表を見せてもらうと
2階席の上のほうしかない。

「え?もうこんなに売り切れたんですか?」と聞くと
「売り切れたか、どうかはわかりかねますが、
今、うちで売れるのはここだけです。」との回答。

アキノリは、今までもこのチームのチケットを取ろうと
発売日にPCや電話でトライしたが、
その時には、チケットを選ぶことが出来ず、
勝手に割り振られて、前方の端の方だったり、
てっぺんに近かったりする。
これでは、と思い、自分で選べるのは
ショップに直接、ということで今回、来たのに。

僕もコンサートや芝居を観る時に
チケットを取ろうとして、抽選だったり
座席が選べなかったりすることはしょっちゅうだ。

外国でチケットを取る時には
必ず自分で座席を選ぶことが出来るし、
日にちを交換することが出来たり、
理由によっては、お金さえ払えば
キャンセルも可能だったりもする。

何故、日本はそれが出来ないのか。
チケットを扱う会社が
数社にまたがるということ。
そして劇場や競技場でも売る、ということ。
要するに、チケット販売が多方向に
分散されているのだ。

そのチケット自体も、
S席というのが7割くらい、
A席が2割、B席が1割、
それより安いチケットは、本当に
てっぺんのほうの、それも端だけ、だったりする。

おまけに、絶対に売ったモノは
変更、キャンセルが出来ないから
外国のように、当日、突然
良い席が手に入る、というのもほとんどない。

変更、キャンセルはともかく、
とにかく自分が行くイベントの座席が
どこになるかもわからずに、
同じお金を出すのに選べない
というのは、本当にどうかと思う。

チケットが売れない場合、という危惧も
あるのだろうけれど、
こういうシステムである限り、
日本の文化はますます悪い方向に
行くような気がしてならない。



posted by みつあき at 21:27| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

買い物依存について

先月だったか、インターネットのショッピングサイト
Amazonで、年に一度のすごいセールがあったようだ。

これはテレビでも取り上げられていたり、
うちのお客さんの多くが、
これを買った、あれを買ったと言っていたし、
僕自身もメールなどで知った。

テラちゃんなんか、全部で30万円ほど
使ったと言うけれど、セールでなければ50万に
近かったと言うから、
それは得と言えば得なんだろう。

大きいモノは、新しい掃除機やアイロン、
あとは下着や靴下、
ほしかったブルーレイや本なども
ごっそり買い込んだと言う。

そんな話を聞いたジュンジは
「僕なんて、週に一度か、二度は
絶対アマゾンで買っているよ」と言う。

ジュンジは特に欲しいものはなくとも、
何となく、Amazonサイトを
眺めているのが好きなのだそうだ。
なおかつ、あなたにはこれ、
という商品があると
おお!なるほど、と必ず1品や2品を
買ってしまうのだそうだ。

「完璧に買い物依存」と彼は言う。

ある意味、貧乏性なのか、僕は
よほどのことがないと注文はしない。

買うとすれば、
その多くは店で使うモノで、
個人的なモノはほとんど買わない。

その大きな理由は、年に二度の旅行で
どうしてもお金を使ってしまう、
ということなのだが、
思えば若い頃に比べると、
買いたい、という欲求が確実に減ってしまっている
そんな気がする。

いわゆる断捨離に向かっているのか、
と言うと、そんなことはないんだけど、
モノを持つ、ということに関しても
かなり興味を失ったみたいだ。

昔はCDとか、DVDとか、必ず自分で
持っていなければ気がすまなかったのに、
今は観られれば、
そして聴くことが出来ればいい、
というふうに変わった。

それは、他のモノに関してもほぼ同じ。

食器だとか、インテリア雑貨とかは
どちらかと言うと、海外で買うほうが多い。
もちろん、それも選びに選んだ上で。
衝動買いというのが極端に減った。

歳をとる、ということは
そういう事なのかなあ、と思うこの頃だ。
posted by みつあき at 17:49| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする