2022年02月05日

憧れのワーケーション

今週は平日の4日ほど店を休んでいて、
5日ぶりに店に来ると、
あの数ヶ月休んでいた時と同じように
何だかお客さんと接するのが
久しぶり、という不思議な感覚になるものだ。

午後6時を過ぎて、まず来てくれた
ソウジロウは、つい最近、
会社を離れて、フリーランスとして
働くようになった40代。

オンライン上のテレワークがすっかり
多くなってしまったため、
のんびりと知らない街で
ワーケーションをしたい、と言う。

とは言え、この寒い時期だし、
場所に寄っては、違う地域から来た人は
嫌厭されたりする傾向もあるようだ。

確かに、昨日も来てくれたセイサクが
先月、仕事でとある地方都市に
行った時のことを話していた。

セイサクが、前に何度か行って
気にいっていたお店に
今回入ろうとしたら
「県外の人はお断りしているんです」
と言われて落ち込んだと言っていた。

せっかく楽しみにしていた
魚介類も食べられず、コンビニで
弁当を買って食べたとのこと。

なおかつ、寒くても良いので
せめて雪を見ながら温泉でも入って、
旅館やホテルで、
ゆっくりと仕事が出来るのが理想。
食事がついていれば、外にでかける
必要もない、とソウジロウは言う。

ワーケーションは、コロナ前から
ソウジロウのように自由気ままに
場所を移して仕事が出来る人たちが広めた。

そんな話を耳にしながら
生涯で一度くらいはそういう経験も
してみたいなあ。

そんな事を話すと、マスターはそんなこと
しなくても、色々気ままに旅行に
行っていたじゃないですか、と言われ、
確かに、とちょっとだけ申し訳ない気もした。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:01| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。