2021年07月10日

外国人就労者の問題

アジアのある国から20年近く前、
学生としてやってきたサムは、
それこそ僕が店をやる前からの友人だ。

サムは自国の片田舎の街で
それほど裕福ではない環境で生まれ育ち、
それでもしっかりと勉強し、
日本でも良い大学を出て、
30歳前で日本の有名企業に就職した。

細かくは聞いていないけれど、
おそらくサムの今の給料は
日本人平均収入の倍以上はあるのではないか。

彼に限らず、うちのお客さんでも
かなり多くの外国人が日本に住んでいる。

もちろん、誰しも、サムのように努力の上、
恵まれた環境に落ち着いているワケではない。

昨日、サムと話をしているお客さんが
「サムなんて、もう名誉外国人みたいなモノで
差別とかは、ほとんど感じないんじゃない?」
そう言うと「とんでもない」彼はそう言った。

サムが言うには、日々、そこ、ここで
差別を感じることは多いようだ。
最近でも引っ越しをしようとしても、
収入関係なく、外国人というだけで
非常に嫌な思いをするし、
決まるモノもなかなか決まらないのだそうだ。

それはアジア人だからではなく、白人でも同様。
丁重に断られることもあるけれど、
物凄く不愉快な顔をされることも多々あるらしい。

一流企業に勤める外国人でさえそうなのだから、
色々な問題を抱えながら日本に来日している
外国人たちはどんな扱いを受けているのか。

去年、今年と色々浮き彫りになってきている
外国人就労問題。
これからどんどん少子化が進み、多くの外国人に
色々なモノをお願いしなければならないのに、
労働環境の悪さに加えて、外国人ヘイトなど
言っている場合じゃない、つくづくそう思う。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 23:06| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。