2020年12月02日

松任谷由実のメディア露出から

松任谷由実こと、ユーミンが
新譜「深海の街」を昨日発売した。

images-4.jpeg

僕はまだ未聴なのだが、
このアルバム発売に向けて、
テレビ、ラジオ、ネットで
彼女の特集や出演番組が多くあり、
日頃、バラエティなどほとんど観ない僕も
いくつかの番組で彼女や、
旦那さんの松任谷正隆氏を目にした。

そういう番組の中で、
正隆氏とのコラボレーション
というのが、どれほど大切なのか、
ということが見えてくる。

もともと、自分の意思を曲げず、
突っ走るアーティストが強く、
それはユーミン自体もそうなのだろうけれど、
もちろん、総合プロデューサーでもある
正隆氏も負けてはいないようだ。

毎日のように音の伝わり方や
歌詞、その全体の雰囲気など
食卓での議論は絶えず、
時には喧嘩にもなると言っていた。

どこで折れ、妥協するのか、
もしくは心から納得するか。

「春よ、来い」の表現の仕方や、
「あなたに会う旅」では、かなり揉めたとも。

そのコラボゆえに生まれくる楽曲。
そして正隆氏の絶妙なアレンジとイントロ。

そして、非常にリアルな情景を見せていく歌詞。

去年の秋口に、ユーミンのカバーを
店でずいぶん流したが、
他のアーティストが歌っても
聞き惚れる。

aikoの「セシルの週末」
都はるみやエレファント・カシマシの「翳りゆく部屋」
沢田研二の「静かなまぼろし」コトリンゴの「ノーサイド」
など、是非とも聴いてもらいたい。

彼女の今回のメディアの露出から
色々思うことを書き連ねたが、最後に
昔、ブログに書いていた僕の中の
ユーミンについては以下に。


******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:38| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。