2020年06月26日

37歳の初体験

昨日、初めて来てくれた
ヤスヒコ君37歳は、神奈川県に住む。

一人息子の彼は20代の時に
ご両親を次々と病気で失った。
残されたのは、両親が持っていた
アパートと、お父さんが残した
一億あまりの借金。

東京で仕事をしていた彼は
そのアパートへ戻り、
若くしてありとあらゆる事後処理をし、
とにかく仕事に精を出していたようだ。

そういう事柄があったせいか、
子供の頃からゲイだという自覚もありながらも、
この世界にはどうしても一歩踏み出すことが
出来なかったと言う。

もちろん、ネットの動画や、文章から
色々想像できることは多かった。
しかし、子供の頃にとある男性から
性的虐待を受けたことが
彼のトラウマにもなっていたとも言う。

4、5年前に、何らかの流れで
うちのブログに辿り着き、
僕のブログの世界が、いつの頃からか
彼のゲイ世界の大部分を占めていたようだ。

僕は、何だか気恥ずかしい上に、
もっとためになるネット情報や
本もあるのだけれど、とは思いながらも
有難いなあ、そう思った。

その後、ヤスヒコ君は、何度か2丁目に足
を向けたこともあるらしいが、
どうしてもドアを開けられずに帰ったようだ。


そして数日前、ネット情報から
初めてとある男性と性行為に及んだ。
彼にとって、初めての経験だった。
最初は、昔のトラウマが蘇っても来たけれど、
結果的に良い経験だった、そう言う。

行きずりのようなモノではあったけれど、
その人は優しく、ヤスヒコ君を
リスペクトしてくれたらしい。

その経験が功を奏したのか、
そういう流れで昨日は
うちの店を訪れてくれたワケだ。

今まで、うちの店がゲイバー1軒目、
という人を何度も耳にした。
ここからあらゆる店に巣立って行き、
エンジョイしている人も多いと思う。

そんな話を聞くたびに
有り難いと思うと同時に、
来て良かった、そう思える店作りを
しなければ、改めてそう思った。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F





posted by みつあき at 14:40| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。