2020年06月16日

身体が大きいということ

昨夜来てくれたショウジロウは、
若い頃から肥満体質で、
非常にコンプレックスを持っていた。

20代の時に頑張ってダイエットして
痩せたけれど、今40近くになって
また体重がグンと増えた。

圧倒的に違うのは、太れば太るほど
ゲイからモテる。
彼の場合、ちょっと細身から筋肉質な人が
好きなのだが、大きい人からだけでなく、
細い人からも、今のほうが良いと言われる。

他の人からもこの手の話はよく聞くので、
ショウジロウに限ったことではない。

僕が若い頃、ゲイの世界は
ここまででもなかったけれど、
いつの頃からか、ガチムチと言われる
身体がゴツい人、そして
かなり大きな人たちもモテるようになった。

外国の人に聞くと、確かにこれは
世界的ではなく、日本だけの現象のようだ。
筋肉質な人はモテるけれど、
太っている人はそうでもない、と。

いずれにしても、ショウジロウは「基本的に
すごくトラウマになっていただけあって、
デブ、という言葉には非常に敏感になる」
のだそうだが、今やゲイの世界で
「デブ」は差別用語ではない。

「マッチョ」や「細身」と
同様、ただ、ただ体型を表す言葉、
もしくはむしろ、上にも書いたように
良い方に使われることも多い。

ストレート社会では、男性も女性も
いまだに少し太っている人を
揶揄する傾向にはある。

いずれにしても、差別意識はないけれど、
性的嗜好で良し悪しとされる世の中。
僕の中にも多分にあるけれど、
これはこれでどうなんだろうって
ちょっと考えてしまった。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。