2020年04月19日

コロナ時代のセックスの問題

新型コロナウィルスの問題が起き出して、
早、3ヶ月近くが経とうとしている。

そんな中で、それぞれの性処理、性生活って
どういうふうにしているのだろうか、と。

「コロナウィルス ハッテン場」とか
ウェブ検索してみると、
昨日あたりからクローズしたお風呂系の
ハッテン場は少しあるようだけれど、
多くのハッテン場はオープンしているようだ。

とあるブログには「この休みの人たちが多い!
今こそ、ハッテン場!」と書かれている
ところもあって、ちょっと驚いたりもする。

ハッテン場で不特定多数と、
と接触をもつというのはともかく、
こういう時期であれ、
出会いを求めている人たちは
多くいることは確かだし、
それは決して悪いことじゃない。

2丁目も多くの店はクローズしていて、
きっと出会い系アプリを使っている人が
多いとは思うけれど、
そこでもついつい濃厚接触に
なってしまいがちだろう。

ツイッターなども含めて、
それはそれ、と考えている人もやはりいる。
別に、ゲイ、ストレート問わず、
セックスというのは、確かに大切でもあり、
必要なことでもある。

数ヶ月前は、まさかこんな事態に
なるとは思わなかったワケで、
神経質な人でなくても、
かなりヘビーに考える人も多いだろう。

命と引き換えに、というのは大袈裟だけど、
それでも絶対感染の可能性があることは
したくない、そう思う人は
「この時期、エロビデオしかない」
そんな声も聞こえてくる。

中には、PCや携帯のチャットルームで、
それぞれのエッチなことを見せ合いながら
という人たちも多い。
なるほど。これはこれで今だからこそ、
というのもあるかもしれない。

images-1 2.jpeg

倫理観云々というよりも、
いかに想像力で、このコロナウィルスを
乗り切っていくか、そんな時代に
突入してしまったのかも知れない。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 18:14| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。