2020年03月28日

病院内での話

昨夜来てくれた看護師のマカベ君。
もう10年ほど働いているらしく、
いつも大変と言えば大変だが、
今回、このコロナウィルス騒動が
始まってからは、肉体的にも
精神的にもかなりヘビーだと言う。

内科の入院患者の人の見舞いに
風邪のような症状の人が見受けられると
ついつい、感染をしているのではないか、
入院している患者さんに移すのではないか、
と気になってしまったりする。

また、以前よりもマスクをしっかりと
することが多くなり、
お年寄りの患者さんが
そういう体制を不安がり、
院内に感染者がいる、という
デマも一気に流れたりするようだ。

マカベ君自身も、正直、
いくつかの病院での院内感染の
ニュースを耳にするたびに
いつか自分の病院でも、と
不安がよぎるのだと言う。

そう。そんな不安を持つのは
彼に限ったことではなく、
ここひと月で、同じ病院の看護師が
続々と辞めていったりした。

医療崩壊という言葉を毎日、耳にしながら、
こういう現実が、医療崩壊の第一歩なのだろう、
それを食い止めていくためにも
自分は頑張っていかなければ、
そう思うのだそうだ。


昨日のブログにも書いたように、
都の自粛要請を受け、
なおかつお客さん、スタッフのためにも
本日と明日は休ませていただくことにした。

まだまだ予断を許さない状態が続き、
なかなかブログも楽しいことが
書けなかったりするのが無念だ。
でも、マカベ君を応援しながら、
慌てず、冷静に、かつ目をそらすことなく
現状を見守っていくしかない。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 20:43| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。