2020年02月23日

コスメに夢中

短髪ガッチリ、明るくて饒舌、
見た目のゲイっぽさと
中身のノンケっぽさが光るシンイチ 36歳が
昨日、店で初めて暴露してくれたのが
「大のコスメ好き」ということだった。

子供の頃、母親がマニュキュアや口紅を
塗るのを横から見ていて、
少しずつ完成に向かうのを見て
妙にドキドキしていた。

だから、まったく出来ないけれど、
本来なら、伊勢丹や東急本店などの
化粧品コーナーに行って、
綺麗に並んでいる商品や
美容部員の一挙一投足を
朝から晩まで眺めていたい、と言う。

女友だちにカミングアウトなど
今までしたことないから、
そんな場所に一緒に行ける女性もいない。

それって女装も含めて、
自分はメイクをしたいか、
そう聞くと、自分自身はまったくないらしい。

理系の大学を出て、まったく違う方面の仕事に
就いたけれど、本当ならそっち方面の仕事
(商品開発やデザイナーなど)を
やりたかったのだと言う。

そこからは、何故それを諦めたか、
という話になった。

シンイチは、小学校から高校まで
美術の成績はオール5。
絵を描くのにはすごく自信があった。
写生をさせると、かなり忠実に描けるし、
周りから、凄いね、と言われたりした。
しかし、静物画を、自分なりの形で描いて、と
言われると、どう描けば良いか悩む。

同級生が凄い色使いを使いながら、
果物や野菜を描くのを見ながら、
自分はまったく描けない。
欠けているのはオリジナリティだと
気が付く。

それが彼がコスメ・デザイナーに
進まなかった理由だそうだ。

本当に色んな人生がある。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:17| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。