2020年01月10日

田舎での一人の生活

一作日のもうひとつのトピックス。

これまた古い友人のツツイが
自分がやっているスポーツ競技で
知り合った46歳のガチムチ坊主君、
キョウゾウ君を連れて来てくれた。

ちなみにそのスポーツ競技の名称を
ここに書くと、その中でツツイは
かなりの著名人になってしまったため、
(とキョウゾウ君が言っていた)
今回は書かないことにする。

さて、キョウゾウ君は、
もともとは関西で
農業関係の大学を出て、地元の
花関連の会社で働いており、
その転勤で、結構離れた中国地方の
とある小さな街へと移り住んだ。

そして、12年前。
彼は会社を辞め、一人で農業を
営むことにした。

今まで男女限らず、誰とも
恋愛関係を持ったこともなく、
ずっと一人。

役場の寄り合いなどでは
必ず、早く嫁さんもらえよ、とか
そういう話になるけれど、
それ以外は仕事と地元のプールで
泳ぐ、という地味と言えば地味な生活だ。

一応出会い系アプリケーションも
やってはいるが、何百キロも離れた
都会に暮らすゲイの顔や身体を見る
閲覧専用だ。

あとは、ネットでのビデオ観賞と
右手が友達だと。

寂しくないかと聞かれれば、
確かに孤独を感じなくもないけれど、
ずっとこういう生活をしていると
慣れてしまっているのだと。

せっかく東京に来たのだから、
誰か新しい人と会ったり、
せめてハッテン場のような
場所に行ったりしないのかと聞いても
「疲れてしまうから」と
ガツガツしない。

自分のような恋愛至上主義だとか
セックス依存症のような都会のゲイと違い、
腹をくくったようなキョウゾウ君の
生き方も、ちょっと良いなあ、
そう思った。

***********************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:28| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。