2019年12月14日

人はすべて違う

昨日、来てくれたヨウヘイ君は、
都内のとある区の高校に呼ばれ、
高校生たちと共にLGBTについての
勉強会と何人かのスピーチに
付き添ったそうだ。

若くて、こういうことを
敏感に感じながらも、
日常的に耳にしているという都会の
高校生たち。
彼らに寄って、世の中が大きく
変化していくことを想像すると、
頼もしかったりもする。

ただ、最近、店をやっていて思うのは、
同じゲイ、と言っても、それぞれが
まったく違うこと。
ひとくくりには絶対に出来ないということだ。

世の中が多様である、と理解すればするほどに、
性的なことだけでなく、アイデンティティは
幅広く広がっていること、
そして自分はどういうタイプなのか
ということが明確されていく。

だからこそ、ストレート社会とLGBTを
分類していくのも、ひょっとすると
あまり意味がなくなってしまうのかも知れない。

人の話を聞けば聞くほどに十人十色、
そして分類すればするほど
同じようであり、
まったく違ったりするからなのだ。

そんなある意味、混沌とした中で、
結局、いかに区差別がなくなり、
平等である、という論理を
作り上げていくことが出来るか、
というのが、根本的な命題なのだ、と
心から思ったりするのだ。

他人さえ傷つけたりしなければ、
法を守っていく中で、
あとはどんな人間がいても、
許して受け入れていく、
ということを守るということこそが
大切なのだと。

だからと言って、LGBT問題を
特別視するな、というワケじゃないのだけれど。。。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:29| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。