2019年11月26日

老いた親との対峙について

昨夜、一番最初に来てくれた
ゴウは40代半ば。

彼は父親を若い時に亡くした。
ゴウを含めて3人の子供を
育ててくれたお母さん。
彼女が近年、70代後半になって、
突然身体が弱ってきたと言う。

都内に住むゴウは
週末お母さんの顔を見るために
2時間半かかる自宅に戻るのが
もう1年近く続いている。

会う時だけでなく、日々話す電話でも、
母親はあらゆることで泣くのだそうだ。
勝気で若い頃は涙ひとつ見せなかったのに。

近くに住む他の兄弟への不満、
身体の痛み、老いることの不安、
前は出来たのに、
最近出来なくなってしまうことの辛さ、
そういうことから、どんどんうつ状態に
なっていく母親。

比較的近くにいる他の兄弟の家族と
一緒に住むことも、施設に入るのも
嫌だと言う。

子供の頃に接していたあの母親は
どこに行ったんだろう。
ゴウはそう思いながらも、
ほぼ多くの人が体験する
年老いた親との対峙の仕方に悩んでいる。

毎日、一緒にいてやれない悔しさと
少しずつ変化する母親の姿。
それは、僕もまったく同じだったことを、
つい昨日のことのように思い出す。

いつかその日が来た時に、
後悔もたくさんするだろうけれど、
それでもゴウは、自分が無理ない範囲で
出来ることをやるしかないのだろう、
ゴウの話を聞きながら、強くそう思った。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge






posted by みつあき at 17:45| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。