2019年10月09日

"The Sound of Gaysic" (しつこくて申し訳ない)メイキング その2

しつこくも周年のメイキングの続きだが、
それぞれの楽曲についての細かな
パフォーマンスを誰に、
どう演じてもらうか、考えた。

圧倒的に大変なのは、子供たちの役が
7人確実に必要ということだ。

うちのスタッフは現在僕を除いて
11人いるが、シマは仕事が忙しく、
ケンもちょうど新しい職場に変わるということで
二人は出られないということになる。

あとの9人のうちの7人が子供たち。
そして年長組のタクヤとハチが
二人でトラップを、とする。

そんな間に、ネットなどから
「ドレミの歌」を撮影するロケ地を探すことにする。

当初は、自転車のシーンは
僕が住む近くの湾岸、
馬車のシーンをはとバスの2階で
歌舞伎座の前を通りながら歌おう、だとか、
両脇の銅像のシーンは早稲田の大隈講堂で、
植物園のアーチは小石川で、
噴水は日比谷公園、
銅像の頭を叩くのは哲学堂のたぬき、
大階段は絵画館前、というふうに決めていった。

しかし、どこもとても離れていて、
何日かかるか、わからない。

なおかつ、はとバスに初めて乗って、
ロケハンをしてみると、ずっとバスガイドが
付いているのと、客席がまとまって
取れるか、どうか。
とにかく、観光客次第なのだ。

そして、とにかくスタッフのスケジュールが
どうしても合わない。
その調整は当然ながら、僕が全部
しなければならないのだ。

結局、色々考え、改めてネットで色々な
ところを検索し、葛西にある
総合レクリエーション広場、というところで
ほぼ全部、撮れるのではないか、
ということになり、
そこからロケハンを3日間、自転車で回った。

Unknown-2.jpeg

これが本当に真夏の暑い日で、
もうクタクタだったが、
結局、ここで撮影が出来ると決定。

そんな中、スタッフのタクから、
急に仕事が忙しくなり、
出演が難しくなったと連絡が入る。

まだまだ、続く・・・

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 19:53| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。