2019年08月29日

12周年パーティに向けて その2

これを書いている今現在でも、
まだまだ大変なことが
数時間ごとに起こっている
パーティのパフォーマンス準備。

カメラマンがやっと決まったはいいものの、
実は撮影時に、荷台付きの自転車が
必要だ、ということになった。

昨今、流行りで僕もよく使っている
レンタル・バイク、これには
荷台が付いていない。

いわゆるママチャリ型のモノだ。

結局、あらゆるモノを扱っている
大手のレンタル会社に問い合わせをすると、
千葉のほうに倉庫があり、
そこからの送料を入れると
軽く1万円もかかってしまうと言う。

だったら、安い自転車を買うのと、
さほど変わらない。

制作費はどんどん膨らみ、
出来る限り、予算を抑えたいところ。

撮影場所(僕の自宅付近)から近い
自転車屋に行き、相談をするけれど、
保証の問題もあって、さすがに貸し出しは
していないと言う。
そりゃそうだ。。。

結局、僕は最後の手段に躍り出ることにした。
自宅の駐輪場に行く。
そこで、荷台付きの自転車を持つ
見知らぬ住民の人に声かけする
という無謀な作戦。

この年齢でいかに恥ずかしいことか(笑)
だったら、絶対自転車を買う、という人が
大多数だろう。
うん、まあ、これでダメなら
安いモノを買って、自分でも使おうと。
でも、ママチャリはなあ、などと
頭をかすめる。

子供連れの女性が多い時間でもあり、
そういう人たちは、必ず怪訝に思うだろう、
そんなことを考えていた時に、
60代後半と思われるオジさんが
荷台付き自転車で通りかかる。

「すみません。」と声をかける。
事情を話して頭を下げると、
ひと声で「いいですよ」と言ってくれる。
え、まさか。

ほぼ駐輪場に行って、ものの5分。
何らかの形で謝礼をしたい、という
僕の声もさえぎって「大丈夫。
いつも鍵を付けていないから、
適当に使って戻してくれていいから」と
言ってくれた。

彼のひと言が、毎日のように巻き起こるトラブルや
人との交流の難しさを、それでも自分がやりたい事を
乗り切るためなのだ、と当然のように教えてくれた
優しさだと思って、元気が出た。

さあ、あとはまずは撮影、頑張らなきゃ、だ。

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:37| Comment(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい、男は度胸というよりは、光明さんの人徳のなせることですね。映画楽しみです。
Posted by M at 2019年09月02日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。