2019年08月07日

サングラスの効用

照り返しが強い夏の日差しの中、
特に自宅から駅までちょっと長い橋を
渡らなければならないため、
僕はサングラスをかける。

最近でこそ、海などには海外でしか
行かなくなってしまったけれど、
そういう時に使うためにも
サングラスは10個ほど持っている。

サングラスも流行があり、
僕が子供の頃は圧倒的にタレサンと
言われるティアドロップ型のサングラス、
それも半分からグラディエーションに
なったモノや、縁がゴールドの
レイバンのものが流行っていた。

それが20歳前後になると
丸いモノが増え、そのあとは
比較的通常のメガネの形に近いモノ、
またはしっかりと顔面にフィットする
スポーツタイプが出てきた。

そのどういうモノも、ひと通り、
僕は持っているけれど、
海外などで落としたり、
壊したりするたびに買い換える。


外国映画などを見ると、
葬儀のシーンなどで、多くの人が
サングラスを着用しているのもよく見る。
涙を隠すためか、それとも喪服などと
共に、喪に服す、という表現なのか。

そう言えば、僕の友人は
セックスをする際に、相手に
サングラスをやってもらうように
頼むと言っていた。

サングラスに煙草を吹かせながら
攻められるとなんとも言えない興奮が
味わえるのだと。
いわゆる男らしさの演出。

外国人に比べると、目が強い
我々日本人は、それほどサングラスを
使う人は多くないと聞く。
別に眼鏡屋さんの営業ではないけれど、
これを機に、あなたもひとつか
ふたつサングラスのコレクションを
増やしてみては、いかがだろうか
(大きなお世話。笑)

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。