2019年05月18日

立ちション兄貴の知られざる姿

20代のシュウゾウが深夜に、ちょっと
何とも不思議な表情でやって来た。

「あれ?この時間、珍しいな。
それも、週末なのに」そう言うと
「そう、めっちゃくちゃ変な気分なんです」

色々聞いてみると、
とあるハッテン場帰りだと言う。

そこに行ったら、シュウゾウが好みの
キュートな顔に、ガチムチの身体の
エロ兄貴がトイレで用を足していた。

IMG_9119.jpeg

タオルを巻いたその立ち方や、
オシッコの仕方、
そのあと、洗面所でのうがいの仕方までが
シュウゾウの心を鷲掴みにした。

彼がトイレから出がけに、
シュウゾウは、彼に手を出そうとしたが、
その相手はわかってか、わからずか
そのまま出て行ってしまった。

シュウゾウは拒否されたのだろうかと
落ち込む前に、いや、そんなことないはずだと
彼を追おうとする。

追おうとしたが、暗いハッテン場ではすぐ
見当たらず、グルグルと回っているうちに
時間が経過してしまう。

それから10分か15分経過して、
姿を見つけた時に、もうちょっとスジ筋の
人と個室に入るところだった。

隣の部屋に入って、隙間からでも
覗こうかと思い、
フロントに行くと、両隣はもう使われている。

仕方がないので、その部屋の前に
立って、相手が諦めて出てこないか待つ。

しかし、待つ前にすごい声が聞こえる。
ガチムチ兄貴のオラオラという声。
そしてスジ筋野郎の犬のような鳴き声。

ずっと聞いているうちに、たまらなくなり、
小さくノックをしてみた。
当然のように反応がなく、
さらに二人の大声が聞こえてきたそうだ。
絶叫に近いアンアンという声、
怒涛のような攻めの声!

ちょっと気が狂いそうになるほど
見てみたい、そう思ったシュウゾウは
さらに大きくノックをした。

ドアがあき、「なんだ?」と
出てきたのは、ヤンキー面した
スジ筋のほうで、目隠しをされて
犬のように泣かされていたのが
シュウゾウが夢見ていたガチムチ兄貴だった。

「おら、ここに入って、三人でやるか?」
そう言われて、シュウゾウは
ゲンナリとしてしまったとのこと。

「ま、所詮、ハッテン場での出来事ですから」
と、笑いながら話せたことで
シュウゾウは
「ちょっと元気になりました」と
帰って行った。
良かった、良かった(笑)

***********************
各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 16:54| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。