2019年03月23日

足フェチの悩み

昨夜来てくれたユウゾウ君30歳は
中学、高校とサッカー部に所属していて
その頃から、先輩たちが着ていた
ユニフォームの臭いなど嗅ぎながら
夕方の部室で一人で愉しむことが多かったと言う。

中でもお気に入りのキャプテンが履いた
スニーカーがお気に入りで
どれだけお世話になったかとのこと。

結局、自分はゲイ、というだけでなく、
究極の足フェチだということに気が付いた。

images.jpeg

足と言っても様々で、
短パンから見える太腿だけでなく、
ふくらはぎの体毛、
そしてちょっと汚れた靴下、
もちろんスポーツシューズと
言い出したら、止まらなくなる。

もちろん足の好きな形もあるらしく
ちょっと大きめのゴッツい足だと
さらにアガるらしい。

大学の時に友人から譲り受けたモノや
かっこいいと思ったシューズの
コレクションは凄いらしく、
ありとあらゆるタイプのモノが
部屋のクローゼットにしまってあると言う。

そこにはスニーカーのみならず、
もちろんワークブーツや長靴、
バイトで昔履いた地下足袋とか、
安全靴、そしてお祭りで履いた足袋なども
ずらりと並ぶらしい。
その数、50足くらい。

ユウゾウ君には3年付き合った彼氏がいるが
この事はとても言えないらしく、
最近は一緒に住もうという話もあり、
そうすると、このコレクションをどうするか。
それが今一番の頭を悩ませる問題らしい。

***********************
各種公式SNSはこちらから

GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:08| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。