2019年01月17日

Queen フィーバー

もう随分前からのお客さんであり、
トロントのプライド・パレードで
バッタリ会ったりもしたサクマちゃんが
昨夜、来てくれた。

サクマちゃん自身のことを語り出すと
このブログが10本くらい書けてしまう
(ところどころで書いている部分もある)
けれど、今回はクイーンについて。

サクマちゃんは、
トランスジェンダーのM to F
(男性から女性になった人)であり、
ロック・グループ、クイーンの楽曲を歌う
Queerというグループのボーカリストでもある。

トランス女性なのに、
何故フレディ・マーキュリー?
と思う人もいるのかも知れないけれど、
サクマちゃんが目指すのは、
宝塚の男装のようなトランスらしい。

ま、そのあたりもともかく、
ここでも紹介した映画
「ボヘミアン・ラプソディ」の
超大ヒットによって、
彼女のところにもオファーが続々
来ているらしいし、
NHKのラジオ特番や、
クローズアップ現代にも
出演していたので、僕もビックリした。

彼女を含めたグループは、他県での
ホールライブ(それも2時間のフル)とか、
あらゆるところから招聘のオファーが
来ているとのこと。凄い。

当初、7億円目標だった映画「ボヘミアン〜」も
来週には100億を超える勢いで
リピーターも続出しているという。
思えば、僕はこの映画で
「一般的にはともかく」なんて
書いたけれど、まさに一般受け
してしまった。

店に来るお客さんも、泣いた、興奮した
との声も多数。

おまけに、まさかのゴールデン・グローブの
作品賞をとったし、日本で先駆けていた
応援上映(みんなで歌いながら観るらしい)
がアメリカにも飛び火。
先週から"Sing Along”バージョンが
上映されていて、あちらでも劇場で
観客の歌声が行われているとのこと。

320.jpg22316bf21acf2b8b7f74b67a137a9ffe_500x735.jpg

ここまでのフィーバーぶりは
"アナ雪”こと「アナと雪の女王」を
思い出すが、あの映画は日本で
250億を超えたと言うから凄すぎる。

この両作品に言えるのは、
「アナ雪」は、2D、3D上映、
そして「みんなで歌おう」SING ALONG版、
「ボヘミアン〜」も、通常、IMAX、
DolbyAtmos版、応援上映版と
リピーターが続出していること。
ただし、「アナ雪」は子供を巻き込んでだから
さらに強いのかも知れない。

クイーン、フレディ・ファンのサクマちゃんとしては
自分のライブにお客さんが来てくれるのは
嬉しいけれど、色々なことが
描ききれていないあの映画を
手放しで大絶賛は出来ないと言う。

フレディの人生、という部分で
ゲイやHIVを描ききれていないということも
ありながらも、僕は今回の映画は
「歌の力」のパワーであり、
だからこそのヒットだと思う。

ちなみに、LIVE AID後の部分を
描くパート2の噂も出ているらしい。

***********************

posted by みつあき at 12:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。