2019年01月03日

トモちゃんとマサさん

新しい年になり、店をあがってから
朝(っていうか、昼)起きて、
すぐやったのが、年賀状のチェックでも、
お雑煮を食べるでもなく、
「トモちゃんとマサさん」という
ショート・ドラマを観た。

48387377_290889071782542_64447758097973248_o.jpg

これは、僕が世話になった
タックス・ノットのマスターの大塚隆史さんと
俳優の青山吉良さんが15年前に作った
「違う太鼓」という舞台の後日談を
大塚さんのパートナーでもある伸二さんが
脚本を書き、制作したショートドラマ
「トモちゃんとマサさん」だ。

「違う太鼓」は、50代になったゲイの友人同士の
微妙な関係を描いた舞台だった。

このドラマは、その後、
70近くになった二人が、
友人の葬儀からトモちゃんの
アパートに帰ってくる、
というところから始まる。

ドラマと言っても、大塚さんいわく
ボラギノール・ドラマ。
ボラギノール????

あの痔の薬の???何???
ネットで調べてみると、動画でCMが
出てきた。

ほとんどテレビを見ない僕は
このCMを知らなかったけれど、
なるほど。
写真画像を細かく重ねていって
音声を被せた「紙芝居的ドラマ」と
なっている。確かにこのCMの作り方と同じ。
とは言っても、さすがに伸二氏、
かなり凝って作られている。

この5話あるドラマを、少しずつ
ネット配信していくという形式だそうだ。

演出方法の面白さ、手の込んだ感じも
さることながら、ちょっと年を重ねた二人が
これからどう生きていくのか、
ライトコメディとして、とても楽しめる。

元旦に公開した第1話の前編(約10分)が以下。


また、この続き、後編は今日の深夜
(つまり1月4日の午前0時)に公開だそう。

ちなみに、上に書いた「違う太鼓」の
舞台映像は、以下で観ることが出来るようだ。


お正月、最後の夜をお楽しみあれ。

***********************


posted by みつあき at 15:39| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。