2018年12月29日

年末に思うこと

年末からお正月を迎えるこの時期。
せわしなさと、
少しのんびりした瞬間とが
入り混じっているこの数日、というのは
ひょっとすると、年間で
最も好きな時間なのかも知れない。

季節的にはいくら暑くても
夏のほうが好きではあるけれど、
(露出度も高いし。笑)
それでも、この暮れゆく時間と
新たな気持ちを迎え入れるキュッと
引き締まった時間が、
なんともたまらないのだ。

161115_115051_1.jpg

子供の時に、クリスマスを迎え、
その後、バタバタと大掃除の手伝いをし、
暖かい部屋でレコード大賞や紅白歌合戦を見て、
家族で近所の神社へ深夜に初詣に行く。

あまり長時間寝ることもなく、
元旦の朝は家族で早起きをし、
かしこまって
「あけまして、おめでとうございます」
そう挨拶をして、年賀状を見る喜び。

色々なことが時代と共に変化した。
そう。いつもとそれほど
変わらない日常となった今。

レコード大賞は日にちが変わり、
誰が取ろうとどうでもよくなってしまったし、
紅白も観たいと思える人がほとんど出ない。
正月だと言っても、コンビニを始め、
量販店や多くの店は開いている。

しかしながら、
急に冷え込んできた空気の中で
「良いお年を」という言葉と、
今年について思うこと、
そして来たる新しい年について
考えたり、決めたりすることは、
昔も今も変わらない。

ちょっと切ない気持ちの中で、
新しい明日への志を見ていく時間。

店を始めて11年。
毎年、みんなでカウントダウンをして
乾杯をするのも、
今年で12回目となるのだ。

今日も含めて残り3日しかない
2018年。
僕の中で平成最後のカウントダウンが始まった。


***********************

posted by みつあき at 16:14| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。