2018年12月22日

パイパンの秘密

昨夜、23時過ぎに、なんとセーターに
キラキラとクリスマス・イルミネーションを
光らせてケンジロウが来た。

お客さんは口々に「凄い」を連発。
エロ好きなサヤマは
「さすがにセーター着たまま
ハッテン場には行けないしなあ」と言い、
だったら、このイルミネーションを
付けたコックリングは?
というような話から、

「コックリング」
(いわゆる勃起を持続させるために
キンタマにはめるゴム性や金属性のリング)
をはめた時に、陰毛がはさまらないか、
という話になった。

常連のカズマと、たまに来てくれるユウイチが
「僕はパイパンで、すべて剃っているので
そういう心配はない。と言う。

o0500030712990957500.jpg

そこで、そこにいた多くの客さんたちは
「え〜!!」という声をあげる。

そこに来ていたタケヨシや、あと数人は
揃えてはいるけれど、パイパンはない、と。

ユウイチは、子供の頃から
あそこに毛が生えてくることに
ものすごく抵抗があって、
ずっと剃り続けていて、
自分の長い陰毛は見たことがないらしい。

それも長い修正で、鏡など見なくても
お尻からタマからその周辺に
生える毛は見事なくらい、
綺麗に剃るのだそうだ。
これはすごい。

カズマも、性的にどうこうと言うよりは、
清潔だから、そうしているらしい。

そこに来ていたタクオは、
一度毛じらみを移されて、
その時、剃ったことが一度だけあるとか。

なるほど。

パイパンの人は、あそこを大きく見せる
そのためや、エロさを発揮するため、
そう思っていたのだけれど、
それだけではないようだ。

***********************


posted by みつあき at 18:02| Comment(0) | エロティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。