2018年12月04日

僕は何故ブログを書くのか

毎日アップするブログだが、
店に出た翌日は、基本的には
店内でお客さんと話した内容や
店の中で起こったことから
僕が感じたりしたことを書く。

以前は、店が休みの日は
書かなかったのだけれど、
最近は休みの日のブログには
自分のこと、または店の事を離れた
話題を書くようにしている。


で、休みの今日は、僕が何故
店のブログを続けているか、書こう。

87554e13f11d94ed8a307a3a3b72c20a.jpg

僕自身、映画を紹介する仕事を
していながらも、さほど文章がうまいとは
思っていない。
過去のブログをたまに読み返すと
誤字脱字はおろか、「てにをは」の間違いや
文章表現の稚拙さを見つけることは多い。

店のホームページが出来て1年ほど
経った頃までは、店のぺージの更新は
月に数回の映画ポスターや、
スタッフの変更の時くらいだった。

ずっと更新が止まったバーのHPも多く、
バーの店主のブログなどが
まだなかったから、
書くことによって更新を続けよう
そう思ったことからまず始めた。

多くのお客さんと話し、
そのことを翌日、
改めて頭の中で整理することは
自分のためにも良かった。

加えて、人はそれぞれに違うのだ
違って良いのだ、ということを
書き記しておきたかったということが
一番書きたい理由だったのかも知れない。

「ゲイ」というだけで、ストレートの
一般人と違う、そう思われがちだけれど、
ゲイだから違うのではなく、
人それぞれが一人、一人
まったく違う、ということを
書きたい、そう思ったのだ。

もちろん、お客さんのほとんどは
僕だけ、もしくはそこにいる他のお客さん、
スタッフにだけ、話をしている。
そこには個人情報、というモノも
当然ながら存在し、
バーとは言え、守秘義務も存在する。

本人が「書く時は本名で」と言わない限り
(一部の人はそう言ってくれたりする)、
実名は書かず、なおかつ出来る限り
特定できないように、
少しアレンジすることもある。

あと、気を付けるようにしているのは
ネガティブな事は出来る限り
書かないようにしていることだ。

基本的に不平不満や、
他人の行動の良し悪しを
あげつらう人は少ないけれど、
そういう個人的な事も書かない。

敢えて書くとすると、
ネガティブな気持ちから生まれるだろう
ポジティブな未来について、
書くことを心がけたい、そう思っている。

いずれにしても、本当に世の中には
色々なことがあり、色々な人生がある、
そのすべてに強い意味があるのだ、と
僕と共に、このブログを読んでいる人にも
感じてもらいたい。

今後とも、よろしくお願いします。

*************************
各種公式SNSはこちらから


posted by みつあき at 15:23| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。