2018年11月22日

恋の先は霧の中

去年の年末、うちの店に何十年ぶりかで
彼氏が出来た!と喜び勇んで来てくれたトシオ。

彼とは本当に古い付き合い。
僕が初めて2丁目に出てきた頃に
彼は10代(!?)で来ていたのだった。

昔、付き合った男がトラウマだったようだし、
50も過ぎて、人と付き合うことなんて、
もう無理、必要ない!
なんてずっと言っていた。

しかし、去年「これが彼氏」と連れてきたのは、
30歳も年が離れたマッチョな
イケメン君タカヒロ。
彼らの二人のラブラブぶりは、
このブログにも書いたし、
多くの中年ゲイのお客さんの
希望の光となった。

そして、この夏、
二人は共に暮らし始めることにした、
と報告に来てくれたのが9月。
部屋を見に行って、
あと数日で入居するのだ、と。

ただ、その数日後、彼のFacebookに
「青天の霹靂とはこのこと。
関係は終わってしまった」と書かれていた。

あまりに驚き、何度か大丈夫かと、
連絡をしたものの、
「ちょっと話せる状態じゃない」との答えで
とりあえず、そっとしておこうと思った。

そして、昨日、あれ以来、トシオが久々に
友人を伴って来てくれたのだった。

終わったことを知っている僕や、
店のお客さんが気を使いながら、
「大丈夫?」と聞いてみる。

大丈夫でもないけれど・・・と
彼の口から出たのは
結局、トシオが浮気をしているのではないか、
と勝手に憶測をしたタカヒロが
ジェラシーが元で
別れを切り出したそうだった。

トシオは強く否定したけれど、
トシオがまだ出会い系アプリを
使ったりしていることが、
タカヒロを不安にさせたようだった。

もちろん、二人で住むはずだった
アパートの契約は無くし、
届くはずの家具も全部、キャンセルをした。

しかし、話を聞くと、その数週後、
タカヒロから連絡があり、
「僕がこんなに苦しんでいるのに、
トシオは苦しくないの?」と。

それから何度か会っており、
タカヒロはもう一度やり直したいと思っているらしく、
トシオが、同じ繰り返しはどうか、と
考えあぐねているとのこと。

いずれにしても、この様子だと
また元に戻りそうだ。
ちょっと安心したけれど、
恋愛なんて、先はいつも霧の中だなあ、
そう思った次第。

81VgqZz1SrL._SY445_.jpg

写真は先日、亡くなった江波杏子と野口五郎主演、
斎藤耕一監督の「再会」(なんのこっちゃ。)

*************************
posted by みつあき at 12:53| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。