2018年09月19日

Love, サイモン 17歳の告白

今年の春先、ハリウッド大作
「ブラック・パンサー」が
全米の批評家から、
かなり高い評価を受けていた。
それと同時期、小品ながらも、
同じくらい高評価を受けていた
ゲイ・ムービーがあった。

それがこの「Love, サイモン 17歳の告白」だ。

810CfXtnDZL._SY606_.jpg

それほど大スターが出る訳ではなく、
日本では劇場公開すらされなかった。

ところが、先週、ネット配信で
やっと公開されることになったので、
休みの昨日の深夜、早速観てみた。

映画は、ジョージア州の
アトランタの高校に通う
ごくごく普通の高校生サイモンの話だ。

妹と優しい両親に恵まれて
車で学校に通う何不自由ないサイモン。
しかし、彼には誰にも言えない秘密がある。
今さら、それが「ゲイ」ということで
この2018年のアメリカでも?と
驚かされる。

やっぱりアメリカと言えども、
大都会ではない片田舎では、
PCやスマホのネット社会の中でも
かなり閉鎖的なのだと改めて納得する。

結局、自分のことを誰にも言えずにいる彼だが、
ある時にネット上に同じ高校に
「ブルー」というハンドルネームを持つ
ゲイの青年がいることを知る。

サイモンは、このブルーにメールを
送り、唯一の心の拠り所としていく

そんな最中、このメールのやり取りを知った
クラスメイトから、サイモンの女友達を
自分に紹介しないと、バラすと脅迫される。

この辺りまでは、コメディ要素が強く、
高校生の馬鹿騒ぎが加わって、
なるほど、ゲイを題材にしながらも、
いわゆる青春映画によくある映画なんだな、
う〜む、と観ていた。

しかし、後半になり、
この映画はメキメキと存在感を表してくる。

これからも決してなくならないだろうとも
思われる同性愛者への偏見やいわれのない差別。

差別感はないとしても、父親や教師が
ふと言葉にしてしまう会話が
サイモンの心を閉ざしていく。

そして学友などであれば、
それは故意に激しいモノになっていく。

こういう最悪な状態から、彼がいかに
抜け出していくか、という事と共に、
一体「ブルー」とは誰なのか、という
サスペンスが気持ちを存分に
盛り上げてくれる。

チャーミングであり、
心躍る秀作ロマンチック・コメディだ。

***********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F




posted by みつあき at 18:28| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。