2018年09月12日

全米オープンから学ぶこと

僕はテニスはやらないけれど、
テレビで観るのは好きだ。

時間的に長いし、その間、ほぼ集中して
観なければならない、というのは
確かに辛かったりもする。

しかし、ゲームの白熱間と同時に
プレイヤーの動きは
他のスポーツに勝るほどの
美しさだと心から思う。

そんなワケで、すべては観られないにしても、
四大大会を観たいがために
(もちろん、アカデミー賞やトニー賞もあるけれど)
WOWOWに入っている、
と言っても過言ではない(笑)


さてさて、日本人選手として史上初の
優勝をもたらした大坂なおみ選手の試合も
週末の朝までの営業後、リアルタイムで
昼前まで観入ってしまった。

女王として君臨した
セリーナ・ウィリアムズ選手が、
審判の判断にブチ切れてから
会場が大きくブーイングをする中、
二十歳の大坂選手の落ち着きや
ハートの強さに加え、
その手堅い攻撃には胸を打たれた。

ハイチ系アメリカ人の父親と
日本人の母親を持っていながらにして、
二重国籍を持つ彼女は
日本への愛情も深いということから
日本人選手として出場。

彼女の肌の色の黒さや、
ほぼ日本語はうまく話せない、
ということから、優勝するまで、
日本人選手?というような
イメージや雰囲気を持つ人は確かに多かった。

しかし、逆に優勝したら、
どれだけ「日本選手の快挙」と
マスコミの大フィーバー。
これには、ちょっと引いてしまう。


カンボジア国籍をとった
猫ひろし氏が、たとえばオリンピックで優勝したとする。
もちろんカンボジアの人たちは喜ぶだろうけれど、
たぶん日本でも「日本人の猫ひろしが!」
というスポーツ新聞の見出しが
躍ることは間違いない。

50年前、いや30年前よりも
ずっと異国の人と結婚する人たちは多くなり、
ハーフやクォーターの人たちも
圧倒的に増えた。
または、色々な理由で
他の国の国籍を持つ人も多くなった。

そんな中で、国を代表する、とか
どこの国籍であるかというのは
どんな意味があるのだろう。


僕は「大阪なおみ」という個人が
今回全米オープンで優勝した、
と捉えてしかるべきなのではないか。
そう思う。

もちろん、僕自身は日本で生まれ育った
日本人であるし、オリンピックや多くの競技で
当然のように日本を応援し、
日本が勝てば嬉しい。

でも、この多種多様な人たちが混在する現代、
「属性」に縛られる、ということが
本当に良いことなんだろうか。
アイデンティティというのは、属している、
ということではなく、個人が
自分らしくあることなんじゃないか。
今回の試合で、そんなことを深く考えた。

しかしながら、
ウィリアムズ選手のプライドと共に、
大坂選手の根気強さに
心から胸を打たれた試合だったことは間違いはない。

***********************************
GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16  SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。