2018年04月27日

日本版メリー・ポピンズ

半年ほど前、店に来てくれた26歳のヨシ君から
日本で上演するミュージカル「メリー・ポピンズ」に
出演する、ということを聞いた。

こういう仕事をしていると、
出演者のみならず、
芸能関係者の方などが
店に来てくれるけれど、
多くの人は、自分がゲイであることは
当然のように隠している。

中には目と目が合って、
「あ、貴方もそうだったのですか」
と挨拶される人もいるけれど、
すぐに帰られる人もいれば、
ずっと意識しながらも、

結局言葉を交わさないという人もいる。
友人、知人はともかく、
職場の人には伝えたくない人は多い。
増して、舞台に立ったりする人はなおさら。

そんな中で、ヨシ君はゲイであることを
オープンにしているようだ。
時代は変わった、と言うか、
人の目に触れることも多い
その仕事で、大したモノだなあ、そう思う。


さて、「メリー・ポピンズ」。
このミュージカルへの僕の思い入れに関しては、
また書くことにして、今回の日本版は
本当に素晴らしく、かつて国内で観た
ミュージカルの中で、
1、2を争う出来だと言っても良く、
本当に素晴らしい出来だった。

比較的簡素だと言われるツアー版と聞いていたけれど、
僕が観たブロードウェイ版と、
ほぼ変わらないとも思うほどの作り。
演出、美術セット、ライティング、振り付け、
もちろん出演者、ヨシ君も含めたアンサンブル、
それぞれ、文句を付ける部分が
まったくないほど完成されている。

特に日本での上演で、ここまでお金が
かかっていると思えるモノも少なくない。
東京公演は5月7日まで。来月は大阪公演もある。
興味がある人は、騙されたと思って、是非とも。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 19:42| Comment(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。