2018年04月01日

ゲイっぽっいて?

ヨーロッパに長く行っていたマサノブが
先月帰国して、もともとガタイが良かったのが
さらに大きくなっていた。

とは言え、いつもボタンダウンのワイシャツに
前髪が少し伸びて、スラックスという出で立ち。

「誰かいい人いないですか」と言うから
いやいや、まったく問題なく、モテるタイプだと思うよ、
僕がそう言うと
「ダメ。そういう人がいれば、
すぐに連れてきてほしい」などと言う。

少なくとも、ど短髪にして、
ヒゲを伸ばし、ラガーシャツにハーパンとかにすると
驚くほどモテるようになるんじゃないか?と僕。

そう言っていると横にいた
ショウゴが「そうだよ。
そうすれば、絶対モテモテ」と言うが
「いや。そういうゲイっぽいというのが
最もダメ!そんな格好するのなら
モテなくてもいいよ」と言う。

それを聞いて、ゲイっぽい、ノンケっぽいって
どういうことだろうかと思ったりもする。

ラガーシャツこそ少なくなったけれど、
ゲイに人気のブランドを着るストレートは
決して少なくないし、
髪を借り上げている人だって多い。
もちろん夏になるとハーパンだって履く。

もちろん、そういうノンケを指して
多くのゲイが「ゲイっぽいな」ということは
確かだけれど。

ただ、多くのゲイは、その手の「男らしさ」を
どこか強調する格好を好ましく思い、
良しとしている。
かたや、そう見えてしまうことを嫌う
マサノブみたいな人もいるのも確か。

それはそういう人に惹かれるから
自分もしたい、という場合もあれば、
単純に自分だけがそうしたい、という人もいる。
そして、その逆も然り。

ゲイっぽい、ということは
プラスかマイナスか、
その手の考え方、感じ方の違いが
とても面白いなあ、そんなふうに思った。
posted by みつあき at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。