2018年03月16日

それぞれの11年

一昨日、ぶらりと来てくれたコウジ君、30歳。

彼は18歳まで海外留学をしていて、
帰国してから初めて来た2丁目で
ウリ専でアルバイトをした。

そこに来てくれていた女性の
お客さん(そう。2丁目のウリ専のお店には
女性も結構、来るのだそうだ)に
「自分のお店を手伝ってくれない?」
とスカウトされた。

それは何と、ストレート相手の
SMクラブだったそうだ。
あくまでも彼はウェイターとして働いていて、
そこでどんなプレイをするワケでもなかったらしいが、
二十歳前後の彼にとって、
驚く光景が繰り広げられていたと言う。

お客さんの80パーセントはMの男性。
あとはM女性、そしてS男性が若干。

そこの女王様として君臨していた彼女の
プレイもさることながら、そのオーラは
凄かったし、たくさん学ぶことも多かったと言う。

そのお店に来ていたという縄師と言われる
Sの男性は、なんと25メートルもの縄で
M男やM女たちを亀甲縛りにして、
その見事な手さばきにもため息が出たのだそうだ。

とは言え、元々、SMの気がなかった
コウジ君は長い修行後、
5年後に2丁目にゲイバーをオープンし、
今は2軒をやっている。

思えば、うちがオープンして11年。
ちょうどその同じその時間、
コウジ君にとって、上のような
大きな出来事があったのだ。

そう思えば、うちに来てくれている
20代の面々は、店のオープン時、
それぞれに中学校、
高校生だったのだと聞くと、
本当に時の流れを感じる。

************************************
新宿2丁目 Gay Bar Bridge(ブリッジ)
東京都新宿区新宿2丁目13の16
SENSHOビル 6 F
03-6423-7384
************************************
posted by みつあき at 19:56| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。