2018年01月03日

おめでとうございます! 映画ベストテン

あけまして、おめでとうございます。
2018年、今年もBridgeをよろしくお願いします。


さて、去年の映画ベストテン。

去年は例年のように200本を越えることが出来なくて、
なおかつ、邦画は本当に少なかった。

色々選ぶのには苦労したけれど、
とりあえず選んだものの、絶対的なモノではなく、
順不同。

1.ラ・ラ・ランド
20170322231243.jpg
2.ムーンライト
3.マンチェスター・バイ・ザ・シー
4.ブレードランナー 2049
5.笑う故郷
6.ダンケルク
7.ヨーヨー・マと旅するシルクロード
8.ギフト 僕がきみに残せるもの
9.沈黙 サイレンス
10.お嬢さん
次点 メッセージ

これ以外にも、デ・パルマ
セールスマン
エリザのために
わたしは、ダニエル・ブレイク
ハクソー・リッジ
ベイビー・ドライバー
キングコング 髑髏島の巨神
エンドレス・ポエトリー
グッド・タイム
ノクターナル・アニマルズ
僕と世界の方程式
美女と野獣
ドクター・ストレンジ
ゴッホ 最後の手紙
LOGAN ローガン
ルージュの手紙
などは、どれも良かった。

「ラ・ラ・ランド」はアカデミー賞授賞式でも話題となった
「ムーンライト」と、迷ったけれど、
二度観て、唸らされた一本、
ミュージカル映画としてだけではなく、
恋愛映画、そして人生とはこういうモノ、
というメッセージを強く描いた秀作だった、そう思う。

今年も素敵な映画とたくさん出会えますように。
posted by みつあき at 03:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。

ベストテンに「お嬢さん」が入っているのがステキです!

本年もどうぞよろしく!
Posted by アキ at 2018年01月03日 09:14
アキさん、おめでとうございます。

「お嬢さん」は、何度も観たくなるほど、素敵な作品でした。特に美術セットが素晴らしい。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Posted by みつあき at 2018年01月03日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。