2017年11月22日

ラファエルのこと

深夜、ラファエルが手伝ってくれることになって
もう4ヶ月ほどが経つ。

今さらながら、ラファエルについて書くのも
なんだけど、彼が友人に連れられて
店に来てくれたのがもう3年も前。

大好きなポールダンスを練習しながら、
昼間は肉体労働をしている、という
今までのスタッフにはない不思議な雰囲気を持った
日系ブラジル人として紹介された。

最初は、自由奔放で、喜怒哀楽が激しい、
といういわゆるラテン系特有の性格か、
なんて、僕は結構偏見を持っていたような気がする。

もちろん、少し意地っ張りだったり、
一見、プライドが高く見えるところもあるけれど、
ふたを開けたら、とってもスタッフ思いだったり
優しい面が次々に見えてくる。

何よりも驚いたのは、彼は
物凄く家族の絆を大切にしている、
ということだった。

体調が悪い日系人のお父さんと
日本語をほとんど話せないお母さん、
そしてついこの間まで一緒に
働いていたお兄さんと、
まだ高校生の弟。

ふと気がつくと、お母さんとは
よくポルトガル語で電話で話をしているし、
自分が果たせなかった進学をさせるために
弟の面倒もよく見ている。

毎日、昼間の仕事をしながら、
少し休みを取って、深夜に現れる
ラファエルを見て、そんな優しさが
きちんと多くのお客さんに伝わり、
少しでも楽しい夜を過ごしてもらえればいいなあ、
そんなふうに思う今日この頃だ。

posted by みつあき at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。