2017年06月29日

ガンという病

僕が帰国した日の翌日、
関西に住むお客さんのヨウジ君から久しぶりにメールが届いた。

僕が店を始める前から、他店で会っていて、
なおかつ、うちの店にも数年前まで
本当によく来てくれていたH君(49歳)が
ガンで亡くなった、という連絡だった。

ヨウジ君は、H君ととっても親しく、
東京に来るたびに彼の家や、病院に行っていたのだ。


H君は、かなり幅広く音楽活動をやっていた人で
コマーシャルや映画音楽など小まめに手掛け、
高い評価を受けていた。

ブロードウェイ・ミュージカルが好きな僕に
クルト・ヴァイルの「三文オペラ」についての考察を
新たな切り口で教えてくれたのも、このH君だった。


音楽とは別に、なかなか思ったように恋愛が運ばず、
自分に問題があるのか、理想が高すぎるのか、
などと相談されたこともあった。

仕事には厳しく、ストイックなのだろうけれど、
普段は優しく、穏やかで、いつも微笑みを絶やさなかった。
だから、僕はきっと素敵な彼氏がすぐに出来るよ、
といつも言っていた。


ただ、3年半ほど前からH君は体調を壊し、
調べた結果、ガンを患い、それが転移していることもわかり、
ずっと入退院を繰り返していた。

自宅までお見舞いに行ったこともあったけれど、
そんな時には、苦しい中でも笑顔で接してくれていた。

今年の春先、久しぶりにメールをし、
既読にはなっていながら、返信がなかったので、
それこそヨウジ君に、何かあった?と尋ねたけれど、
指先が痺れ、なかなか思うようにメールが打てないらしい、
そう耳にした。

今、思えば、その時に、様子を見に行けたら、
きちんと最後のお別れができたのかも知れなかった。

つい、昨日のブログにも書いたけれど、
古くから知っていた店のマスタ−も
末期ガンの宣告をされたと聞いた。
前にも書いたけれど、僕が二十歳前後に強く影響を受けた
長年の親友も同じくガンと闘っている。

ここにも書いたけれど、前回の冬の旅行中も
同い年の古くからの友人はガンで亡くなった。

自分自身もガンで闘病生活があるだけに、
何とも言えない、ものすごく
悔しい気持ちになってしまう。


今朝、ガンを早期に治す
治療方法の認可が取れそうである、
そんなニュースも目にした。
しかし、それよりも何よりも
少しでも早くガンを見つけることこそ、大切だ。

そのためには、タカをくくらず、検査をすることだと思う。
僕自身も、17年前、ガンが見つかった時は
本当に耳を疑った。
まさか、この僕が、と。

多かれ、少なかれ、人間はいつか死ぬ。
若くして死ぬということは、親にとっても、
まわりにとっても、さらにとても辛いことだ。

運命論者という訳じゃないけれど、
人の寿命というのは、
ひょっとしたら決められてしまっているのかも知れない。

ただ、少しでも具合が悪くなる前に、
そう努めるということ。
そういうことさえ、決められた寿命なのかも知れない。

いずれにしても、そういう意味で
天寿を全うした、そう思うH君の冥福を祈りたい。

posted by みつあき at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。