2017年05月02日

キョウシロウの帰還

先週、土曜日にキョウシロウが5ヶ月ぶりに
店に入ってくれた。

キョウシロウと言えば、去年暮れに
オーストラリアへ永住する、と言って
日本をあとにした。

ニューヨークから成田に着いた僕と
入れ違いにオーストラリアへ向かうキョウシロウと
成田のスターバックスで会ったのが12月の最初だった。

そして、ひと月も経たないうちに日本に。

それから僕は一度も彼と会うこともなく、
先週の土曜日、店に入る前に成田以来、
今度は新宿のスターバックスで再会をした。

キョウシロウが何故、今回、日本に戻ろうとしたのか、
それはまったく聞いていなかった。

住む場所も、これからのこともちゃんと
受け入れてくれる、という人がいる、
ということは誰しも羨ましいと思うだろう。

ただ、キョウシロウは
自分がやりたいことについて、
やらなければいけないことについて、
これで良いのだろうか、
オーストラリアの地に着いてから
ゆっくりと考えてみたのだと言う。

そして、それはあちらに着いて、
一週間から10日ほどで
結論が出たそうだ。

自分が本当にやろうと思うことについて、
きちんと勉強をするために日本に戻り、
改めて学校に入り、夢に向かって歩き出そう、と。

誰からも羨望されるような生活を捨て、
自分の力で、実現するべく将来に向かって
進むことこそ、キョウシロウのやるべきことなのだ、と。


キョウシロウとは彼が二十歳そこそこの頃からの
付き合いとなる。

前にも何度か、ここに書いたけれど、
可愛い、カッコいいなどと言われるルックスからは
想像できないほど、引っ込み思案で、
自分に自信がなく、下を向いたり、
時には涙を浮かべたりするような青年だった。

それがそのあと、少しずつ変化を見せて行き、
最初のオーストラリア滞在から帰国した時に
見違えるほどの成長を見せてくれた。

今回は、たったひと月だったかも知れないけれど、
彼にとって、そこでの時間も
決して無駄ではなかったようだ。


彼が今までのように多く店を手伝えるかどうかは
わからないけれど、
それでもスタッフの一人として残ってくれることは
嬉しいことだ。

これからの彼の人生にエールを送りつつ、
今後とも、よろしく頼みたい、そう思う。
posted by みつあき at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。