2017年03月21日

旧友にまつわるゲイ談義

ついつい、ブログがヌケヌケになってしまって
今日のような雨の僕の休みの日には
出来るだけ、まとめてアップしようと、
珍しく本日3本目。

先日、映画の専門学校時代の友人たちが
店に来てくれた、という話を書いたけれど、
その際に、ふと思い出したことがあった。

僕が通っていた当時の学校は、
横浜にある駅前のビルの中にあったのだけれど、
卒業して、ずいぶん経った時に、
ゲイの知り合いからあのビルのトイレは
ハッテン場だった、と聞いた。

てなワケで、先日の同窓会の時に、
僕が冗談交じりに「それとわかっていたら、
学生時代、行けば良かったなあ」なんて言ったら、
僕よりも少し若いピュン丸が
「俺、そのトイレに入ったら、
壁の下から鏡が出て来たんだ!!」という発言。

ものすごく驚いて、捕まえてやろうとしたら
隣のトイレから一目散に飛び出て行ったらしい。
それを聞いて、彼らの前で
冗談でもそんな話をするんじゃないなあと
思った次第。


さてさて、そんなピュン丸と言えば、
この前話していたら
もうひとつゲイ絡みの話があった。

彼は年上の女性好き。
当時も何歳も年上の彼女と付き合ったりしていた。
卒業し、その彼女とも別れ、
新宿あたりに住んで、お金がなかった頃、
スポーツ新聞の求人欄で、
ホスト募集の広告。

面接に行ったら、
「年上の人が多いけれど、緊張しないように」との言葉。
ここまで読んだら、もうわかるだろうけれど、
ピュン丸が女性客だと思っていたら、
店にどんどん来るのは中年男性。

なんとウリ専のお店だったそうだ。
もちろん、恐れをなして、「無理です」と
当日に逃げ帰ったとか。

「俺はゲイやみつあきの事はまったく偏見も
差別もしていないけれど、さすがに自分は無理だった」
と優しい言葉をかけてくれた。

それはしごく当然なんだけど(笑)
posted by みつあき at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。