2017年02月10日

ちょっと怖い思い出

先日、ジェラシーが強い、というお客さんの件を
ちらっと書いたけれど、
ヨシヒロの元彼のストーカーぶりは
ちょっと凄かったようだ。

いつも一緒にいたのだけれど、ジムに行ったあと
履き替えたはずのパンツがない、と思っていたら
その彼氏の箪笥の引き出しに袋詰め
(臭いが消えないように)してあった。

また深夜に目が覚めて、うっすらと灯りが漏れている
彼の部屋を覗くと、ヨシヒロのそのパンツを
嗅ぎながら、マスターベーションをしていた。

仕事から遅くなって、部屋に戻ってくると、
必ずされるのは、ズボンを下げられて
ペニスをクンクンと嗅がれる。
浮気をしていないかどうか、の確認だったり。

色々あって、この関係にピリオドを打とうと
思い、別れを言い渡し、何週間が過ぎた時に
仕事場にいたら、管理人から連絡があり、
「あなたの部屋を覗いている人がいる」と問われ、
それがその彼氏だったことも唖然とした。

彼のそういう行為のあらゆることは
ちょっと気持ち悪かったり
行き過ぎだったことが耐えきれなかったことは確か。
ただ、じゅうぶん時間が過ぎた今となっては、
自分も彼の好きなところもたくさんあり、
今、思えば、そんな彼の自分に対する行為は
本当に自分のことがそれほど好きでいてくれたんだなあ、と
客観的には有難い、
そう思えるようになったそうだ。

僕もずいぶん昔に似たような経験はあるけれど、
でもヨシヒロと同じく、
今なら、なんとなく許せるようなことも
多くなった、そんな気がする。
posted by みつあき at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。