2017年01月09日

本年度、映画ベストテン

年末、僕はその年に観た映画のベストテンを決めるのだけれど、
最近は映画好きなお客さんたちが
次々に出してくれたりするので、
その違いなどが楽しい。

ちなみに、僕のベストテンは以下。

1.この世界の片隅に
2.シチズンフォー スノーデンの暴露
3.トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
4.父を探して
5.キャロル
6.サウルの息子
7.スポットライト 世紀のスクープ
8.さざなみ
9.ズートピア
10.彷徨える河
11.ハドソン川の奇跡

暮れ近くに観て、このブログでも紹介した「この世界の片隅に」は
数多くの洋画と比べても、ダントツの1位となるほどの秀作だった。

あまり知られていない「父を探して」(これもアニメ)はミニシアターで
モーニングとレイトショーだけ、という残念な公開規模だったけれど、
セリフがまったくない、と言う「この世界に〜」とは全然違う手法で
見事な世界観を観させてくれた。
ビデオででも是非、堪能してもらいたい一作。

ちなみに、お客さんたちからのベストテン。

スケダイは、
@この世界の片隅にAさざなみBFAKEC葛城事件D永い言い訳E淵に立つFヴィクトリアGブルックリンHスポットライト 世紀のスクープI最愛の子

ちぐをは、
@この世界の片隅にAズートピアBサウルの息子CDOGLEGSD君の名は。EキャロルFクリーピーGドント・ブリーズHルームIロブスター

ヒロシは
1位:クリーピー偽りの隣人 2位:だれかの木琴 3位:湯を沸かすほどの熱い愛  4位:帰ってきたヒトラー 5位:グランドフィナーレ 6位:タゲレオタイプの女 7位:世紀の光 8位:FAKE  9位:ふたりの桃源郷  10位:サウルの息子

なのだそうだ。

ヒロシを除いた3人が推す「この世界の片隅で」は、やっぱり多くの人に観てほしい1本。
しかし、誰も「シン・ゴジラ」とか「デッド・プール」とかを入れていないのが、笑える。

今年も多くの映画に出会えますように。。。



posted by みつあき at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。