2011年07月03日

NY アレキサンダー・マックイーン展を観て

それにしても、マックイーンという人は、
ただのファッションデザイナーではなく、
とんでもないアーティストだった。

それが、今回、ニューヨーク、メトロポリタンで
2時間近くもかけてじっくり観た
アレキサンダー・マックイーン展の感想だった。

alexander-mcqueen-metropolitan-museum-of-art-06.jpg
 
TV  ドラマ「SEX & THE CITY」などで扱われたり、
多くの映画などでそのスタイルを
目にした事はあったものの、
実際、目にすると、ここまでとは驚きだ。 

鳥の羽のみ、もしくは貝殻のみ、
あらゆる種類のドライフラワーなどで造られたドレス、
(何と髪の毛だけで造られたドレスも!!!、)
そして山ほどの真紅の蝶で覆われた帽子などなど。 
また、黄色と黒にペインティングされた衣装の横にあるモニターには、
ファッションショウのお客の前、
舞台上に大きく動く(まるで怪物を思わせる) 二台のマシンが、
首を縦横無尽に動かしながら、
純白のドレスに色を吹き付けていく様が流れていたりする。 

時には王朝時代を、時にはSF 映画を思わせるデザインの数々。 
壁に書かれた説明に因ると、
マックイーンは、ヒチコックの「サイコ」や、
「鳥」、また「ひとりぼっちの青春」などの映画から、
インスピレーションを受けたらしい。

Unknown.jpeg

今回の展示に驚かされるのが、壁、床、天井まで緻密に計算された演出。 
ある場所では、ドレスに強風が当てられ、ある場所ではあらゆるライトや、

鏡や、回転板を使い、木の壁や床が、潰されたようになっていたりする。 
また衣装、スペースに因って、音楽の使い方も異なる。 
とにかく、すべてが刺激的な展示だった。 

昨年、40歳で自殺した、という事実までもが、

この表現の行きつくところであり、集大成だったのかも知れない。 
この夏、NYに来る予定がある人は、是非とも必見です。


【関連する記事】
posted by みつあき at 13:10| Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。