2024年06月17日

2024年 旅行日記 その3

このブログは、フィレンツェからミラノの列車の中から。

ローマ3日間は、ほぼおのぼりさん的に
観光地を中心に動いた。

何度も言っていたNYや
ロンドンなどは観劇という目的があったので
それ以外、それほど観光はしなかった。
しかし、さすがに今後行ける場所は
後悔することなく、観られるところは
どんどん観たいものだ。

昔行ったバチカンや、コロッセオも
前回書いたようにもう半世紀近く前だから
もう一度しっかりと見たかった。

毎週、水曜日にローマ教皇が市民の前に
現れる、というチケットは前日に
長く並ぶらしく、これは断念した。

それを目にしたお客さんに寄れば、
何とも言えないオーラに包まれ、
心から興奮させられたと言っていた。


ローマ、フィレンツェといくつもの
美術館を回ったけれど、
(バチカン、ボルゲーゼ、
ウィフィツェ、アカデミアなど)
入館してしまうと、やはりじっくりと
見たくなり、それぞれが3時間近く、
あっという間に時間が過ぎていく。

長蛇の列をスキップするチケットを
事前に買ったのは正解だった。
少し高くて、時間を無駄には出来ない。


バチカン、システィーナ礼拝堂の
ミケランジェロが描いた天井画の壮大さには
凍りつき、時間を忘れて、見入ってしまった。
これが、33歳の時の仕事とは本当に驚愕する。

また、カラヴァッジオ観たさに行った
ボルゲーゼではずっと観たかったベルニーニの彫刻の
あまりの細かい表現力にも鳥肌がたった。
もちろん、カラヴァッジオの数々の作品も
素晴らしかったのだけれど。

IMG_7233.jpg

それにしても、こういった名匠の残した形跡を
目にして、比べるのもなんだけれど、
自分の人生はなんだったんだろう、
つくづくそう思わされてしまう。

悠久とも思える時間の中で、
自分が生まれてきた意味は何なのか、
何を学び、どれほど自らに問いかけ、
どれほど達成感を持つことが出来たか。

人生の答えを見つけることなど
おそらく誰もが出来ないかも知れないけれど、
模索さえしていないのではないか。
旅先で、珍しく重苦しい気持ちになった。


まあ、それでもこうして長旅をさせてもらえていることに
多幸感を感じ、感謝することしか出来ないのだと。

ほぼ旅行記と言うよりも、
自分の感情記録になってしまっていて
申し訳ない。

また次は楽しい旅日記を書きます。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 16:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月15日

2024年 旅行日記 その2

これは、ローマからフィレンツェへの
電車の車内で書いてる。
さすがに旅行中、こういう時にしか、
なかなかゆっくり書くことが出来ない。


さてさて、イタリアに来たのは
僕が19歳の時の夏休みに来て以来だった。
あれから50年近く(ちょっと大袈裟、でも近い。笑)
経過しているなんて。

そりゃ半世紀だから、世界は大きく変化した。
まだアメリカとの冷戦が続く
ソビエト連邦時代のヨーロッパは、
あらゆる国がまだ社会主義国家だったし、
日本は高度成長が落ち着き、
これからバブルを迎えようとしていた。

ネットもない時代に、兄が住む
スウェーデン、ストックホルムから
デンマークを経て、ヨーロッパを一人旅した。

まだ、ドルが360円時代。
アルバイトで貯めた金何かとが吹っ飛んでいった。

ただ、昼は街を歩き、夜は電車で移動して
ホテル代を浮かしていたんだから、
本当に若くて元気だった。


当時、イタアリアはローマとヴェネチアに
行ったけれど、今回来て、少なくとも
ローマの街の雰囲気は
当時とほとんど変わっていない気がした。

もちろん、人の動きはインターネットや携帯の
普及に寄って、諸外国同様、変化している。
でも、高層ビルがあるワケでもなく、新しく出来た店舗も
崩れそうな古い建物の中に組み込まれていた。

少なくともスタイリッシュな建造物は
ほぼ見当たらなかった。

ビル群がないせいか、どこに行っても
日陰が日本よりも少ない。
これが真夏だったら地獄だろうけれど、
この季節は爽やかな風が吹き、
心地よく動くことができた。


到着した月曜日の夜は20時なのにまだ明るかった。
ローマに限らず、イタリアのホテルはバカ高いので
ゲイカップルがやっているb & bに4日間、
お世話になることにした。

ピニェート地区という中心街から4キロくらいだけど、
地下鉄で動くと30分ちょっと。

このピニェート地区は、テアトロ・ハムレットという
小さな劇場など文化的な人々が多いらしくて、
ゲイに親しまれているけれど、
ゲイバーなど関連施設は特になかった。

と言うか、ローマにゲイバーは10軒あるかどうからしく、
その多くは、「グラディエイター」でお馴染みの
コロッセオ近くにあるようで、
僕も最後の日に覗いたけれど、
ちょうどプライドパレードの打ち上げ的なモノを
やっていて、盛り上がっていた。

ほぼ、この3日間、何をやっていたか、を
書くこともできなかったけれど、
僕個人のインスタグラムに写真と共に掲載しているので
良ければ、そちらを。

mitsusaki_kis

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

2024年 旅行日誌 その1

今回の旅の始まりは、
我が自宅からおよそ30分ほどで
到着する羽田空港からだった。
(店のある新宿よりも近い。泣笑)

朝に羽田に到着し、今年から再開したという
東京→ローマ直行便の
ITAエアラインの列に並んでいると、
僕の真後ろにいたお年寄りの男性が
携帯で電話会社に電話をしている。

「私は86歳でこれからローマに
行くのですが、あちらでも日本にいるように
携帯が使えると聞いたのですが」と
どこかの会社の交換種と話をしている。

それで確認のIDなどを携帯に打ちながら、
さくっと鞄からノートを出して、
交換種に言われたことを
丁寧に書き込んでいる。

なおかつ、携帯を駆使して、
音声で話しながら
他のアプリを立ち上げたりする。

結局「よく、わかりました。
本当にありがとうございました」と
電話を切られた。

そうか。86歳でも、ここまで携帯を操る人も
いるのだ、と感心するよりも、惚れ惚れ。

世の中はどんどん便利にはなっているモノの、
年配者にはまったく付いていけないほど
進んでいる。

自分がその年齢になって、おそらく、
さらに大きく変化しているだろう。
自分ひとりで長旅が出来ているんだろうか。

でも、出来れば、こういう年配者でいたい、
強くそう思わされた旅の始まりだった。

ローマに到着して2日目の朝だけど、
このブログは、ローマ行きの機内で書いたもの。

次はいつ書けるのか、わからないけれど、
留守中をよろしくお願いします。

お店も無事に、営業できていますように。

追伸

あ、コメント欄の「ひこさん」
何故か海外からだからか、コメント返し
出来ませんが、新たな恋の魔法が
始まっていますように。笑

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月09日

留守中をよろしくお願いします

昨夜も多勢のお客さんんたちに来ていただき、
大変、賑わい、有り難かった。

書きたいことは色々あるけれど、
いよいよ明日から旅に出させてもらうため、
ここ一週間、店のことや準備でバタバタ、
まだ多くのチェックが残っている。

ともあれ、以前に書いたように、例年のごとく、
今月30日まで、店を空けさせてもらいます。

日々、スタッフが入れ替わり、立ち替わり
入ってくれますが、くれぐれもよろしくです。

毎日、誰が入るか、は、スケジュールに
アップされていますが、これ、iPhoneや
MacのSafariでは見られないことも多く、
その場合、Google Chromeや
他のブラウザから確認してもらうと
有難いです。

途中、あちらから、ブログを書くことも
あると思うけれど、数日に一度になりそうなので、
よろしくお願いします。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月08日

謝罪会見について

昨日、お客さんと今更ながら、大谷翔平から
ギャンブルのため、金を盗んだと言われる
水原一平の裁判の話になった。

まあ、その事件に付いては、
アメリカの司法の元で落ち着くんだろうけど、
お客さんが観たテレビのワイドショーでは
何故彼が謝罪記者会見をしないのか、
という話になっていたらしい。

僕はそもそも、政治家であれ、
会社であれ、芸能人であれ、
不祥事があった時に、わざわざ謝罪会見を
するのが不思議だと思っている。

いくらネットも含めたメディアが
取り上げようと、基本的に一般の
人間の前で、カメラに向かって
頭を下げている様子がなんとも
気持ち悪い。

一体、誰に何のために
謝罪しているのか。

今回に限って言えば、水原は大谷も含めて、
球団や、個人的に迷惑をかけた人たちに
謝ればそれで良いワケだ。

おそらく、こういった謝罪会見など
海外では見られない光景だと思う。

こんなことをしているから、
無関係な人間が
どんどんSNSで叩いたりして、
自殺する人が出たりするのだ。
ホント、どうかと思う。


******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月07日

恋の病

44歳タモツの10年前の大恋愛は、
半年でエンドを迎えたらしいけれど、
それが忘れられなくて、
次に進めない、そう言う。

48歳トモマサも40歳くらいに
4年ほど一緒に住んだ恋愛もあったけれど、
別れてから会うこともないし、
今後も別に会いたくない。
特に喧嘩したり、浮気で別れたのではなく、
憎んでいるワケでもないけれど、
終わった恋愛は、
とっとと忘れることにしているらしい。

こんなふうに、過去の恋愛に対する
現在の気持ちというのは、いくつかの
パターンに分かれる。

タモツのように、忘れられない人、
トモマサのように、まったく
どうでも良くなる人、
そして僕のように、友人になって
しまう人間もいる。
かと言って、僕の場合は、
それぞれ何年かに一度くらいしか
連絡は取らないけれど。

よく男性の恋愛はフォルダ保存、
女性は上書き保存と言うけれど、
ストレートだって、ゲイだって
色々な人がいるワケだし、
あまり男女だとか、関係ないような気もする。

もちろん、相性の合う合わないはあるけれど、
基本的に僕は、恋愛というのは
ある意味、魔法のようなモノだと思っている。
もしくは、恋という名前がついた
病だったりするんじゃないかと。

いわゆる、相手の気に入った部分を
どれだけ膨らませ、良く言えば
そこだけをポジティブに捉えていく。
言葉を変えれば、執着だったりする。

その魔法が解けて、それでも許し合えるか、
ただの恋の病だった、と思えるか。

少なくとも、タモツには
まだまだ時間が必要なのだそうだ。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 18:37| Comment(1) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月06日

睡眠問題

昨夜、お客さんたちと睡眠時間について
話をしていたら、やっぱり30代、40代中盤までの
人たちは、8時間から10時間、
短い人は5時間から6時間。

僕も寝つきの悪さは昔から、と
ここにも何度か書いたけれど、
昔はそれでも寝坊ギリギリまで
一度寝たらぐっすり8時間近く寝ていた。

ところが、最近は4、5時間で目が覚める。
トイレに行きたくて、というワケじゃないけれど、
それでも一応行っておく。

ただ、二度寝が出来なくなり、
そこから食事を摂って、再び寝られる時は寝る、
寝られない時はそのまま翌日に持ち越す。

持ち越すと言っても、翌日7時間や8時間
寝られるかと言うと、そうでもない。

完璧に年齢もあるけれど、おそらく、
平日は2時から3時に寝られても、
週末、6時とか7時に、という
この不規則な生活スタイルが
睡眠時間をぐちゃぐちゃにしている。

まあ、こういう仕事なんだから、
それは当然。

一昨年、90歳で亡くなったとある人は
ずっと寝るのが朝の5時くらいで、起きるのが
午後だった、と聞いた。
そういうリズムを作ったほうが良いのだろうか。

それにしても、日本人の平均睡眠時間は
7時間半に満たなくて、世界でもかなり低いらしい。

先進国のアメリカ、そして中国なんかも
平均9時間以上寝ているらしい。
これは何が要因なんだろう。

ふ〜む。良い睡眠を摂りたいものだ。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 17:52| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月05日

帽子について

いつも帽子をかぶって来てくれる
お客さんが数人いる。

帽子というモノは、お洒落や、冬の寒さ対策、
もしくは髪の薄さを気にする人、
という意味だけでなく、
髪の毛を整えたりするのが面倒、
という人も多い。

そういう人は帽子の中でも
キャップ(いわゆる野球帽なんて、
今は言わないか)を被る人がほとんど。

最近、店を夜手伝ってくれている
リョウタロウも、ほぼキャップを
被って営業をしてくれている。


僕は子供の頃から、帽子を
被ることはなかった。
被り慣れていない、というのが
最も大きい理由だけれど、
だからなのか、なんだか恥ずかしい。

頭が小さいワケではないので、
単に似合わないだろうという思い込みもある。

だから旅行の時にしか、ほぼ被らない。
冬の寒い時は、どちらかと言うと
耳当てのほうが多いけれど、
これはあくまでも外を歩いている時のみ。

これを書きながら、恥ずかしい、
という気持ちが昔から僕の中に
よく生まれていることに気が付く。

当初は店の中に立って、見知らぬ人と
話す、なんてもってのほかだった。
もちろん、周年などで何かをやる、
なんていうのも、本当は苦手。

ただ、恥ずかしがっているほうが
お客さんこそ恥ずかしい、ということも
わかり、そのあたりは
もうヤケだったりする(笑)

少なくとも、出たがりではないので、
YouTube配信なんてもってのほかだ。

この年齢になって、何が恥ずかしいのだ、
改めてそう思う。

お客さんと話すと、「恥ずかしいなんて
考えたことがない」という人もいたりするから
びっくりする。

ホント、人それぞれである。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

男性メイクについて

一昨日、エクアドルから来てくれた
お客さんと、日本の印象を聞いたところ、
多くの外国人がいうように、
日本人の丁寧さと清潔さ、
何から何まできちんとしていると話す。

加えて「日本に来る前まで、若い男の子は
みんなメイクをしている、そう思っていた」
と言っていて、驚いた。

どうやら、最近、あちらでも韓国ブームで
歌手やタレントの多くの韓国人は
わかりやすいくらいにメイクをしている。

これはおそらく日本も、
同じだと信じていたらしい。

調べてみると、韓国では全世代で
メイクを使ったことがある、という男性は
69%(20代では77%)!ようだ。
日本では3.6%だそうで、これは
さすがに大きな開きがある。

それでも、おそらく20代以下の男性の
3割くらいはしている、もしくは
したことはあるんだろう。

いつの頃からか(もう15年ほど経つのか)
眉毛を揃える、細くする、書く、
というのも若い人たちの間では普通になった。

ここに何度も書いたあらゆる部分の
ヘアの処理、そして汗も含めた肌質のこと
そのあたりを気にする人も多い。

もちろん、ゲイの中には毛深いことや、
臭いフェチも少なからずいる。

加えて男らしさを求めていたゲイの中で、
メイク=女性的、そういう
観念がある人は嫌がる。

ただ、ストレートに比べると
清潔好き、容姿を気にするタイプは
多いだろうから、そこのラインが微妙だ。


とは言え、好みの相手に
性的なモノを感じるかどうか、
感じさせるかどうか、ということも
かなり重きが置かれていく。

これはジェンダー問わずに、
人間の本質なのだと思う。

ただ、エクアドルでも含めて、
欧米の一般の若い人たちでは
メイクをする、という習慣はないので、
アジア人は不思議だ、彼はそう思ったらしい。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:56| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月02日

野郎フェス帰りで

昨夜、初めて来てくれたソウ君44歳は、
まるでサーファーのような雰囲気の
さわやかな雰囲気。
とは言っても、40を超えてるから
もうイケオジの部類に入るのか。

そんな彼は、昨日、いわゆるゲイのコミケ
と言われる「野朗フェス」に行ってきたと言う。

これはなんと、昨日のxにもトレンド入りを
していたくらいの大きなイベントらしく、
彼以外にも、関西からわざわざこれに
参加するために来ていたシュウサク君もいた。

会場では18禁のエロゲイマンガを中心に、
BLや、ケモナーが喜ぶようなコミックや
絵が販売されているらしい。

会場には多くの人が詰めかけ、
「駅から絶対この人たちは
そこに行くタイプだ、と付いて行ったら
まったく違う場所だった」という
笑えるxのポストまであった。

人気のコミックはすぐに売り切れ、
増販することもあれば、
まったくその時だけ、というモノもあるらいし、
BLファンの女性も結構いたとのこと。

さて、そんな中で、最初に書いたソウ君は
外見からは若いコ好きなのかなと思いきや、
50代以上のガッチリ、ムッチリのおじさまが
好きらしく、漫画と共に、会場で
目を凝らして見ていたらしい。

そこで一人で来ていた56歳の地方都市からの
おじさまを発見。
しっかりと帰りに食事をしてからの
我が店訪問だったようだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:43| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月01日

WIFIとタブレットとキャッシュレス決済

キャッシュレスが当たり前になった昨今、
うちの店も半分くらいの人が
Pay PayなどQR決済、
クレジットカード決済などを
使用するようになった。

うちの店のクレジットカード決済は、
手数料がQRよりも高いため、
今のところ、1万円以上使用された方と
外国人観光客の方、と
限らさせてもらっている。
その代わり、いくつかの店舗で
取られている手数料などは
まったく乗せていない。

思えば、去年行ったロンドンでは、
ほぼ9割以上の場所が
キャッシュレスで、持って行った
ポンド紙幣がまったく使えず、困った。
色々聞くと、あちらのクレジットの手数料が
日本に比べて、格段に安いと知った。
日本じゃ、3%から5%の手数料を
取られるのに、あちらは1%で済むらしい。


そんなわが店のキャッスレス決済、
たまにWIFIの状態や
決済タブレットの調子が悪く、
お客さんに迷惑をかけたりしてしまう。

どちらも、コロナ前から使用していたため、
これから僕が店を離れた時に、
スタッフが右往左往するのは
申し訳なく、両方とも
新しいモノを導入することに決める。

これが、年配者の僕が設定するのが
本当に大変。これから格闘します。
(今日の営業に間に合うだろうか。。。)

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 17:53| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする