2023年10月11日

お客様たちの存在

周年のお知らせをLINEやメールで
わかっている範囲で送っている。

一応、それぞれちょっと挨拶文や
コメントを付けるため、メールでも
Bccとかに出来ないから、
結構大変な作業だったりする。

中には、コロナ禍全然
会っていない人もいれば、
それ以上会っていない人もいるし、
アドレスが変わっている人もいる。

基本的に、僕は周年と店内お花見の時くらいしか
営業メールをしないし、細かい名簿を
作ってチェックしているワケでもない。
だから、漏れも出てくるし、
名前が思い出せなくて(年寄りの証拠)、
そのままになってしまう人もいる。

そんな中で、丁寧に返信をしてくれる人も
それなりにいてくれて、
そこで驚くような事実を知ったりする。

とある人は、なんと海外に移住して、
同性婚した、という連絡があったり、
またある人は女性と結婚した、
と連絡があった。

仕事で地方に移った人もいれば、
逆に地方から東京に移った人もいる。

前に送ったモノが既読になっていない人など
どうしているのか心配だけれど、
僕はそれ以上、どうすることも出来ない。

とても親しい人や、パートナーや
友人を通して連絡取れる人は
周年のお知らせとかとは別に
なんとか確認取れたりもする。
それでも、ニックネームや
下の名前しか知らない人も多いのだ。

とは言え、飲み屋との関係なんて
そういうモノ(増してゲイバーだから)
と、仕方がないと思ったりもする。

逆に、店オープン時にかなり通ってくれた人や、
10年ほど顔を見ていない人が
ふらりとやって来てくれたりすると、
こういう仕事をやっていて、
本当に良かったとも思える。

そういう意味では、ゲイバーに
限らず、多くの水商売で通り過ぎていく人たちは
そうなんだろう。

ひょっとすると、最初に来ていただいた時に、
一期一会かもしれない、そう思っていることが、
一番正解なのかも知れない。

******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 18:59| Comment(0) | ゲイバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする