2023年10月07日

共に暮らす覚悟、暮らさない覚悟

毎週、週末になると来てくれるサトシ、カズキの
40代後半カップル。

彼らは付き合って17年だが、
ちょっとだけ年上のサトシにとって
カズキは初の相手だった。

逆にカズキはそれまでは
自由なゲイライフを送っていたらしい。

二人は17年前に関西のバーで知り合い、
ちょっとした遠距離恋愛も含めて、
共に東京に来ることになった。
それから一度も一緒に住んだことはないと言う。

昨日、彼らの隣に座った若い二人が
「何故、一緒に住まないんですか?」と聞く。

最初出会った頃は、ちょっとした違いに
喧嘩もよくして、これは別のほうが、と
思ったのと、今となっては
親友のようだったり、同僚のようだったり、
ある意味兄弟のようだったりして、
その関係性が楽しいのだそうだ。

そうそのちょっとした距離感が
彼らが長く続いている秘訣なのかも知れない。

とは言え、確かに必ず週末は共にいて、
天気さえ良ければ、色々な場所に
二人で行楽に行っているようだ。

その関係がもう何年も続いていると、
いざ、共に、という気持ちにはあまりならず、
互いに定年になった頃には、という話だ。

男女の結婚のように、子供を育てるワケでもなく、
共に暮らすことがどうか、という
選択が出来るのは、
同性同士の利点なのかも知れない。


******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 19:49| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする