2022年03月03日

訃報

昨日、思わぬ訃報が飛び込んできた。

2丁目ならぬ、新宿5丁目で長く
ゲイバーを営んでいらっしゃった
「無らい」のマスター、ノリさんが
先月、お亡くなりになったとのことだ。

Unknown-1.jpeg

まだ、70代になられたばかりで、
このコロナ禍、体調を崩され、
何度か入退院を繰り返されていたようだった。

「無らい」は、六尺バーとして有名で
僕も若い頃、よく行かせてもらっていた。

六尺の締めかたなど、
まったくわからなかった僕が
友人に連れて行かれて、手ほどきを受け、
初の六尺を締めて、何だか妙に興奮したのが
若かったなあと懐かしく思い出される。

当初は毎日、六尺での営業だったような気もするけれど、
もう随分前から平服の営業や、六尺の営業日を
分けていた。

お店は靴を脱いで上がり、
店と言うよりは、友人宅に
お邪魔している感じで
とてもリラックスが出来た。

ノリさんは、淫靡なことだけではなく、
古い歌謡曲や、オペラやバレエ、そしてロックまで
多くの文化的なこともお好きで
店にはDVD、CDのみならずVHSテープまでもが
ところ狭しと置かれていた。

店を始めてからは、ほとんど
行けなくなってしまったけれど、
何度か周年の挨拶に行かせてもらったのと、
5、6年ほど前に「あんたの好きな
ロックのCDを友人から山ほどもらったから
取りにおいで」と声をかけてくれて
伺ったのが最期だった。

僕が店をオープンしてから、お客さんよりも
亡くなられるマスターのほうが
多いような気がする。
飲酒量も多く、生活時間帯の不規則さも
あるだろう。
そういう話を聞きながら、
自分も気をつけないと、と常々思うところだ。

いずれにしても、まだまだ元気で
いられるお歳だったのに、と思うと残念で
ならない。
ご冥福をお祈りします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 15:06| Comment(0) | 新宿2丁目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする