2022年03月05日

たっぷり映画や音楽の話

まん延防止の間の週末は、時短もあって
本当にコロナ前とは比べられないほど
お客さんが少ない。

でも少ない分、色々な話が出来る。
昨日は映画好きなショウヤや、ケイジが来て
そのあと、音楽が好きリョウスケ、
そして古くからの知り合いのアメリカ人、
スティーブとその友人ロンが
それぞれと短い時間ながら
何だかたっぷりと話が出来た。
そういう意味では、週末、こんなに
ゆったりとお客さんたちと話せる機会は
なかなかない。


それこそ、僕が二度観た
「ウエスト・サイド・ストーリー」は
3人が観ていて、改めて今回、リタ・モレノの
存在感を語り合う。
そういう中で、ショウジが
何故今回、ポスターになっている
ジョージ・チャキリスの
足をあげる振付けがないのか、と
僕に尋ねてきた。

思えば、1961年の公開版のポスターも、その後の
リバイバル版もチャキリス扮するベルナルドが
中心で、まさに彼が主人公のようだ。

Unknown-1.jpegUnknown.jpegUnknown-2.jpeg

アメリカのポスターはこれ。

Unknown.jpegUnknown-1.jpegUnknown-2.jpeg

色々探しても、あの足をあげたチャキリスの
ポスターは日本モノしかなくて、
あくまでもトニーとマリア中心。
確かにマリアの兄でシャーク団のリーダー格の
ベルナルドは脇役扱いなのだ。
当時のクレジットでも彼の扱いは5番目。

そういう意味じゃ、日本の宣伝部の
戦略だったんだろう。

確かに僕が中学生の時に初めて
観た時には、チャキリスが主人公だと思っていて
え?違うんだ、と思った記憶がある。

思えば、あの足を上げる振付けも、
本編ではほんの一瞬で、ポスターほど
目立った華麗さはなかった(笑)
ただ、全体の振付は改めて観ても、本当に素晴らしい。


そんな話から、たまたまかけていた
リンダ・ロンシュタットの曲に乗ってくるスティーブン。
彼女のネルソン・リドル・オーケストラとの
ジャズ3部作の美しさ。
その彼女がパーキンソンになってしまって随分経つが
評判になった彼女のドキュメンタリーも
来月やっと日本で公開されることになった。
これも、観たら、また是非ここで。

Unknown-1.jpeg

そんなこんなで、静かな金曜日の夜が
あっという間に過ぎていったのだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 15:17| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月04日

まん延防止措置またもや延長

またまたまたまた、まん延防止措置が延長され、
今月の21日まで、ということが決まった。

うちの店は週末の金曜日から日曜日の3日間だけ
3時間営業しているけれど、
まったく休業しているお店も多い。

怖いのは、休むことに慣れてしまうことだ。
今の仕事をして、今日は行きたくない、とか
明日の仕事が辛い、と思ったことはない。
それでも、一昨年の2ヶ月や、昨年の何ヶ月か
休んでいる時には、いざ再開すると
リズムが掴めなくて困った。


それにしても、感染しやすいというオミクロン。
知人、友人やお客さんとLINEやメールの
やり取りをしていて、感染した人の話を聞くと、
ほぼ無症状だった人と、かなり辛かった
という人の差が激しい。

メディアの情報も含めて、色々見聞きしてみると、
それは特に年齢や、基礎疾患あるなしに
関係あったり、なかったりと
真っ二つに分かれたりする。

今年の初めに感染した、
というオオモリ君 38歳は
高熱が4日ほど続き、咳も止まらず、
味覚症状に至っては、
ひと月くらい続いたのだそうだ。
感染がわかったあと、
ひとり暮らしなので入院出来ないかと
保健所に聞いたけれど、無理だったとのこと。

こういう話を聞くと、まだまだ高止まり状態が
続いている中、まん延防止が続くのは
いたしかたないのか、とは思う。
それと同時に週末だけ開けても、
まばらなお客さんの状態が
今後、どうなっていくのか、
まだ、まだ不安は募るばかりだ。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F


posted by みつあき at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月03日

訃報

昨日、思わぬ訃報が飛び込んできた。

2丁目ならぬ、新宿5丁目で長く
ゲイバーを営んでいらっしゃった
「無らい」のマスター、ノリさんが
先月、お亡くなりになったとのことだ。

Unknown-1.jpeg

まだ、70代になられたばかりで、
このコロナ禍、体調を崩され、
何度か入退院を繰り返されていたようだった。

「無らい」は、六尺バーとして有名で
僕も若い頃、よく行かせてもらっていた。

六尺の締めかたなど、
まったくわからなかった僕が
友人に連れて行かれて、手ほどきを受け、
初の六尺を締めて、何だか妙に興奮したのが
若かったなあと懐かしく思い出される。

当初は毎日、六尺での営業だったような気もするけれど、
もう随分前から平服の営業や、六尺の営業日を
分けていた。

お店は靴を脱いで上がり、
店と言うよりは、友人宅に
お邪魔している感じで
とてもリラックスが出来た。

ノリさんは、淫靡なことだけではなく、
古い歌謡曲や、オペラやバレエ、そしてロックまで
多くの文化的なこともお好きで
店にはDVD、CDのみならずVHSテープまでもが
ところ狭しと置かれていた。

店を始めてからは、ほとんど
行けなくなってしまったけれど、
何度か周年の挨拶に行かせてもらったのと、
5、6年ほど前に「あんたの好きな
ロックのCDを友人から山ほどもらったから
取りにおいで」と声をかけてくれて
伺ったのが最期だった。

僕が店をオープンしてから、お客さんよりも
亡くなられるマスターのほうが
多いような気がする。
飲酒量も多く、生活時間帯の不規則さも
あるだろう。
そういう話を聞きながら、
自分も気をつけないと、と常々思うところだ。

いずれにしても、まだまだ元気で
いられるお歳だったのに、と思うと残念で
ならない。
ご冥福をお祈りします。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F



posted by みつあき at 15:06| Comment(0) | 新宿2丁目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月02日

「チェチェンへようこそ ゲイの粛清」

日本のメディアでも大きく取り上げられている
ロシアのウクライナ侵攻だけれど、そんな中、
「チェチェンへようこそ ゲイの粛清」という
凄まじい映画が封切られている。

Unknown.jpeg

ロシアでLGBTが差別され、
検挙されたりするようになったと
耳にしたのは、ソチ・オリンピックの頃からか。

そのロシア連邦下にある、チェチェン共和国で
行われているのは差別どころか、
警察での拘束、そして虐待。

それも、ゲイであるとわかった時点で
捕えられ、ゲイの知り合い10人挙げろと告げられ、
それに従わなければひどい拷問に遭う。

そのような国家だからなのか、
親族からも理解されず、一族の恥だと
抹殺されるということもあると言う。

そんな彼らを何とか救おうと、
この映画では、ロシアのLGBTネットワークや
コミュニティが隔離して暮らせる場所を
準備している様が描かれる。

また、この酷い状態をありとあらゆる方法で 
隠し撮りし、世界に暴き出そうとする。
最新の技術で、彼らの顔をまったく別人のように
デジタル加工する技術には驚かされる。


チェチェンの大統領になったカディロフという男は
「チェチェンにはゲイはいない。
自分がそうだと思う奴は、どんどん海外に
出て行ってくれ」とほざく。

つい先日、イスラーム映画祭で上映された
「ジハード・フォー・ラブ」は15年ほど前の作品だが、
ここでもイスラム世界での激しいLGBT嫌悪、差別が
描かれていた。
それは今もさほど変化していないと聞く。


もちろん、日本でもまだまだLGBTQの人権は
最良の状態だとは言えない。
しかしながら、こういう映画を通して思うのは
少なくとも、過激な差別や、増して
国を挙げての拘束などない我々は、
本当に幸福だと感じざるを得ない。

だからこそ、ウクライナも含め、このあり得ない
酷い状況に"NO"を突きつけなければいけないのだ。
この映画を観て、強くそう思った。

*****************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F

posted by みつあき at 15:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする