2020年09月08日

未来への伝達

スタッフのハルキが、うちのお客さんの
教師のシュウタロウからの口利きで
昨日、とある高校の教壇に立つことになった。

ハルキは、この3月まで海外で
水球を教えるために2年間、
日本を離れていた。

その時の大変さ、そこまでで得たこと、喜び
などを2時間に渡って、
まだ10代の学生たちに、語ったらしい。

その講演が終わって、ハルキと共に
店に来てくれたシュウタロウいわく、
その講演が本当に素晴らしかった、と。

海外に出るまで、いかに自分が
井の中の蛙だったのか。
海外の高校生たちと、目の前にいる
彼らとどれほど違うのか。
プールも含めて、その施設が
いかに衛生状態も悪く、その中に
飛び込み、気持ちを共有することが
いかに大切だったか。

そんな話をとめどなくして、
生徒からは、非常に好評だったらしい。

ハルキが店を手伝ってくれて2ヶ月あまり。
まだ若い彼が、それなりに経験したこと、
そしてこれからさらに経験するだろうことを
よく耳にする。

彼に限らず、店にいるスタッフや、
若いお客さんたちを見聞きしていると、
それぞれのエネルギーは、
懐かしくも、微笑ましい。

僕が若い頃のように、将来が夢のようなことばかり
(今思えば、結構非現実的だったけれど)
ではないにしても、
一歩ずつ確実に2020年代が
ちょっとでも明るい将来に繋がるべく、
やりたいことを決して我慢したり
無理したりせず、突き進んでほしい。
そう思った。

*******************

各種公式SNSはこちらから
Facebook→https://m.facebook.com/bridgetokyo/
Instagram→https://www.instagram.com/bridge.tokyo/
Twitter→https://mobile.twitter.com/gaybarbridge


GAY BAR BRIDGE
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル 6F
posted by みつあき at 15:10| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする